May 14, 2017

コモンズ30ファンドは共創型の対話するファンドです

コモンズ投信を設立した理由は、コモンズ30ファンドという長期投資に挑む
投資信託を日本全国の一般個人を届けたかったからです。完成版のファンド
ではないかもしれません。けれども、共に創る、「共創型」ファンドです。

そして、その「共創」に不可欠な要素は「対話」だと思っています。

20170514_veritas


May 10, 2017

「共創」社会に必要な教育@J~WAVE~♪

20170510_jwave

J-WAVEで、今までの「競争社会」だけではなく、これからの「共創社会」を担う
次世代への教育についてコメントさせていただく機会をいただきました! 


今後の日本の教育は、“探究”する力を養うことが重要だ


20170510_jwave2


May 08, 2017

希望を持つために必要なマネーの循環

日経電子版の「マネー」のコラムで、このような内容を珍しいかもしれませんが、
大事なことだと思っています。 マネーの循環が必要なのは、目先の景気の
話だけではありません。 「不安だらけ」だけではなく、希望を持つためにも。

不安だらけの未来 マネーの循環で変えたい

20170508_malaria


May 05, 2017

渋沢栄一のアドバイス

旧知の梶原誠編集委員が、日本経済新聞のコラムで渋沢栄一をご紹介いただきました。

渋沢からサムスンへの助言

20170505_eiichi

サムスンの「Jay」Leeさんは5年ぐらい前に数回お会いしとことがありますが、
やや控えめな好青年というイメージだったので、今回の事件は本当に
残念な気持ちです。

韓国内への社会的インパクトの想いについて話をしたことありませんが、たぶん、
梶原さんがご提唱されてくださったように、渋沢栄一の「アドバイス」に聞く耳を
持ってくれたのではないかと思います。

論語と算盤』【算盤と権利】 合理的の経営

「その経営者一人がいかに大富豪になっても、そのために社会の多数が
貧困に陥るようなことでは、その幸福は継続されない。

ここで、「継続」というキーワードがありますが、私にとって、「論語と算盤」とは、
現代のコンテキストでいえば、サステナビリティ(持続性)ではないかと解釈
しています。そのために必要なのはインクルージョンという概念だと思います。

「論語と算盤」は、"OR"という合理性だけではなく、"AND"の合理性を持つ
経営力です。


April 25, 2017

人間に最も脅威な動物

年間、人間を最も殺している動物っておわかりですか? 

それは、サメではない。ライオンでもない。

カバって、結構、あぶないです。

いえいえ、人間でもありません・・・・

20170425_deadly_2
<出所:https://www.gatesnotes.com/


蚊なんです。

今日は、「世界マラリアデーです」。
2030年に世界からマラリアを根絶する意識と意気を高める日です。

マラリアは予防できますし、治療もできます。2001年から約680万人が
マラリア感染からの死亡を回避できているという推測もあります。

でも、世界の5歳以下の子供たちの命を奪う最も多い原因がマラリア。
2分に一人の子供の命が失われるようです。

マラリアは予防できますし、治療もできます。根絶もできます。
その意識と意気を世界中で高めれば。

April 19, 2017

今、求められる「論語と算盤」

共同通信社の会員週刊誌の「Kyodo Weekly」に先日、投稿させていただきました。

日頃、講演活動などで話をしている、自分が解釈している渋沢栄一の思想について
まとめてみました。

20170419_kyodo1


20170419_kyodo2


20170419_kyodo3


20170419_kyodo


April 12, 2017

ブレイク中の「論語と算盤」!

昨夜は、「論語と算盤」経営塾の第8期の最終回でした。1年ぐらい、毎月
渋沢栄一の思想を勉強しながら色々と語り合った仲間ですから、懇親会では
楽しい会話が耐えないです。

20170411_ronsoro_8

地方参加の塾生も多かったですが、「三ヶ月に一回ぐらいのペースで
同窓会を開始したい」という声も上がり、塾生同士の関係は終わりではなく、
始まったばかりという感じもします。

「塾長」として、これが一番最高な瞬間です。

これからも、末永くお付き合いください!

さっそく、来月から第9期が始まり、新しい塾生を受け入れます。
当初、想定した定員をかなりオーバーし、会場のキャパのギリギリ
です。地方参加は、もちろんのこと、外国から通う方もいらっしゃいます。
そして、女性の比率は約半数と史上更新しました。

ブレイク中の「論語と算盤」です!

【フェイスブックを通じて、「論語と算盤」経営塾オンラインも実施中です!】

April 02, 2017

心を膨らます

日本の問題は、物価のデフレより「心のデフレ」ではないかと思っています。

心を膨らます意識や工夫が必要ですね。そんな試みを本日販売の
日経ヴェリタスで紹介しました。

20170402_veritas


March 30, 2017

ボストンとトロント

出張で、久しぶりのボストンに訪れました。

これは、Boston Common。街の中心地にある公園ですが、アメリカ最古の
ようです。人が集まるための、共有地ですね。

20170330_boston_common_2

これは、MIT
20170330_mit_2

こちらは、ハーバード
20170330_harvard_2

この素敵な書店は、ハーバードのCo-opです。
20170330_harvard_coop_2

これら名門校だけでなく、ボストンは本当に大学が多い街だなと実感しました。

そして、今回は初めて、Boston Museum of Fine Artsにも足を運びました。
素晴らしい、壮大なコレクションです。

20170330_mfa_2

また、大らかというか、写真禁止の場所もありましたが、モネなど名作品の
写真を撮っても、文句言われない。。。

20170330_mfa2_2


20170330_mfa3_2


20170330_mfa4_2

今回は、渋沢栄一記念財団の共催により、ハーバード・ビジネス・スクールで
渋沢栄一の思想を参考に短期的なShareholder Capitalismの様々な問題に
応えようとする長期的な Stakeholder Capitalismについて現地の識者らと
意見交換しました。

20170330_hbs_2

ボストンから、初めてのトロントに入りました。

20170330_toronto_city_2

以外に、ちょっとマンハッタンの雰囲気が感じられる街並みでした。道がもっと広く、
人々がもっと少なかったですが。。

また、新旧の建築を上手に融合している街だと思いました。

これは、極端ですが。。。 自然博物館のようです。

20170330_toronto_mueseum_2

トロント大学のキャンパスは広大で、本当に見事でした。ここも新旧の融合の
魅力を感じさせられる空間がたくさんあります。


20170330_toronto_university_2

そして、このすてきな校舎でシンポジウムを共催したところ、

20170330_toronto_univerity2_3

100名を超える方々が集まってくださいまして。現地の識者の参加も多々で
意見交換も色々と盛り上がりました。 すっかり、トロントを気に入りました。
次回は、もっとゆっくりと訪れてみたいです!

20170330_toronto_university_3_2

今回のシンポジウムの共催は、この本の出版の記念です。
外国人学者らを含む5~6年ぐらい続けている研究プロジェクトの
産物です。 ちょっと、高いですが、、よろしければ、ぜひ!

20170330_eiichi


March 29, 2017

コモンズ8周年ダイアログの写真集です!

こちら → http://ht.ly/Zd5V30an8VN

8th_dialog_pict


基調講演をいただいたユニ・チャームの高原さんの講演抄録は
こちら → http://park.commons30.jp/2017/03/blog-post_29.html

8th_dialog_takahara

«夢を膨らまして、つなげよう! ビデオです

Most Recent Photos

  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave
  • 20170508_malaria
  • 20170505_eiichi
  • 20170425_deadly_2
  • 20170419_kyodo
  • 20170419_kyodo3
  • 20170419_kyodo2
  • 20170419_kyodo1
  • 20170411_ronsoro_8
  • 20170402_veritas