« ヘッジファンド・マネジャーたちの拠点 | Main | 投資教育パート2 »

April 13, 2005

投資教育

日本は、「投資教育」が後れていると
よく言われますね。

アメリカを見よ、と。
子供のころから投資のことを教えているのではないか、と。

でも、私は日本がそれほど後れているとは思っていません。

少なくとも私が子供のころ、アメリカで育ちましたが
「投資について」なんて教育を受けたことは一回もありません。

小学二年から高校卒業するまでの長い間ですが、
記憶にまったくありません。
(まあ、私が単に物覚えができないという可能性もありますが。。)

米国の大学へ進学しても(エンジニアリングの専攻だったせいか)、
投資の勉強はしたことはありませんでした。

夏休みのときに友人と別の大学に行ったときに、
そこで知り合った学生が、「株で儲けている」という話を
聞いて「ヘエ~・・・・!」とびっくりしたことを覚えています。
こいつは「カタギ」の学生じゃないな、と。

だから、アメリカで「投資教育」が盛んになったのは、
概ね過去10年間ぐらいではないかと私は思っています。

ITバブルのときには日本は安くて早いブロードバンドの設置に
致命的に後れてしまったと言われていましたが、
あっと言う間に追いついて、追い越してしまいましたね。

「投資教育」もきっかけさえあれば、直ぐに追いつくことは
十分に可能だと思います。
けれども、その内容(コンテンツ)は、重要ですね。

【追記】    と書いたら・・・・
        「アタシの高校は盛んにやっていましたよ、投資教育。」
         とアシスタントのまみチャンに指摘されました。
         まみチャンは、97年にムーアキャピタルの東京事務所を
         設立した当時から一緒に仕事をしている、
         元某航空会社のグランドホステス&「帰国子女」です。
         (想像は、どうぞ膨らましてください。)
        
        世代の違いなのか?
        私が通っていた高校(テキサス)は
        まみチャンが通っていた高校(南カリフォルニア)と比べて
        後れていたのか。。。?

« ヘッジファンド・マネジャーたちの拠点 | Main | 投資教育パート2 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 投資教育:

» [投資]投資教育 [sukemaroの「面白きこともなき世を面白く」]
いつもチェックしているこのblogに投資教育について書かれていた。 ”アメリカでは投資や金融に関する教育いわゆるフィナンシャル・インテリジェンスを 養う教育は盛んだけど、日本ではそれはほとんどされていないので必要だ”という記事を 最近良く見る。僕は小〜大まで生粋の日本の教育機関で教育を受けたので、確かに投資 教育は受けなかったけど、父親からは今思うとそれはそれは貴重な投資教育を受けたよう に思う。僕が小学校高学年の頃、父は株式投資をしていたが、毎日株式欄をチェックする のが面倒になったのか、ある日子... [Read More]

« ヘッジファンド・マネジャーたちの拠点 | Main | 投資教育パート2 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2