« バリュー型投資家であれば | Main | @LA&時差ボケ »

May 18, 2006

たのしか

書道家のエッセイ集ですが、まるでアートのよう。

060518tanoshika

たのしか

ほっとさせられるかと
思ったら、パワフルな筆の
運びで動かされるときもあります。

著者の竹田双雲は、書道家の母
の指導の元で3歳から筆を
とっている本格派。

一見、タレントのようですが、しっかりとした中身の持主のようです。

日本語だけではなく、英語と中国語の翻訳も付いています。
まさに、自分が次に書きたいと思っている本のコンセプト。
このようなシンプルなもので、理屈ではなく、心をつかむ
ような言葉。それも、日本の良さを日本人向けだけではなくて、
外国人にも触れてもらえるように。

まあ、もちろん、芸がなければできないことでしょうが。

« バリュー型投資家であれば | Main | @LA&時差ボケ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たのしか:

« バリュー型投資家であれば | Main | @LA&時差ボケ »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2