« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

徳ある投資

先週、竹田和平さんとの対談のときに、「徳ある投資とは」
という話になりました。 一般的に、日頃考える切り口では
ないので面白いと思いました。

小人の私が「徳ある投資」について述べることは
できないですが、「徳がない投資」は、わかります。
それは、「取る投資」です。

例えば、最近の例で言うと、このようなやりとりが
あったようです。

経営者:「ソースに何が入っているかわかりますか?」

ファンド:「興味ないね。   ・・・・水?」

「教育したい」と言いながら「与える」という気持ちは、
まったく感じられないです。「礼」は、五徳のひとつ。
礼が無い者に、門が閉まることは当然のことです。

得(トク)するために、取ることしか考えていない投資より、
「徳ある投資」とはについて今後考えを深めたいと思います。

あるファンドの投資先の企業の経営者たちから、このような
声が聞こえてくるようです。

Continue reading "徳ある投資" »

July 30, 2007

さて、これからどうなるのか

自民党の勝敗ではなく、どれくらい負けるか、
が今回の参議院選挙のポイントであった
のでしょうが、ここまでの予想はさすがに
少なかったでしょう。

しかし、この3年間選挙に行っていない人が
涙を流して当選
したり、大物政治家政策通
政治家
が落選したり、やっぱり民主主義は
難しいですね。

ただ、無所属なのに立派に当選できたこの方には
日本に、まだ市民社会を形成できる望みがあると
勇気付けられました。

自分が投票を入れた方も当選。正直にいうと、
ご活動を知らない方なのですが、結構前から
通勤路の駅前のポスターでお顔を拝見して
いたので、このような地味な行動も実るという
ことが実感できて良かったです。

さて、これからどうなるのでしょうね。

July 29, 2007

ちょっとブームになっています

5年前の自分を振り返ったときに、当時、自分の5年後を
描いたときに、まさか自分が日本論語研究会のような
会合で講師をするとは夢にも思わなかったです。
会社の元役員から学生まで、幅広い方々が参加
されました。(政治色は感じなかったです。)

人生は、わからないもの。
だからこそ、指針が必要なんでしょうね。
最近は、論語の勉強会など複数に参加・企画して
いますが、来週は、若手経営者らと少数の新たな
「論語と算盤」の勉強会の第一会合です。

いま、このような思想が求められているようです。
また、日本人は勉強会が好きですね。単なるネットワーキング
とはちょっと違い、精神的教養が目的になっていて、
すばらしい文化です。


July 28, 2007

プロジェクト13%セミナー

9月9日(日)にセミナーを開催します。
スケジュールとラインアップは、こちら

小さな政府、規制緩和、構造改革という大義の下で、
日本社会の発展のためにグランド・デザインが
描けているはずでした。

現実は様々な社会経済的な問題や誤解もあって、
かえって日本社会の活気がかえって停滞している
ことが実態です。東京市場の国際化という掛け声に
もかかわらず、この数ヶ月の「ファンド資本主義」への
反動で、日本は10年ぐらい逆戻りしたのではないかと
心配する声も聞こえてくるようになりました。

資本主義とは、そもそも「それだけでは力が弱い
散らばった水溜りのような小資本が、集まることによって、
大河のような大資本として企業や国の原動力になる」
ものであり、人々の生活を豊かに発展させる手段です。

その真の資本主義の根底を歴史から学び、また、
いま、私たちは将来のためにどのようなイノベーションにより、
資本主義を形成するべきかという方向性を識者および来場者と
共に考える機会をフォーラムを通じて設けたいと思います。

プロジェクト13%とは

Continue reading "プロジェクト13%セミナー" »

July 27, 2007

ニコニコ ワクワク

暑いですね~  いま、名古屋です。
これから竹田和平さんと対談の
ための取材撮影に向かいます。

月間eマガジン 貯徳時代

というインターネット月刊誌に記載されます。

竹田さんは、いつもニコニコ、いつもワクワク。
とても楽しみです。

July 26, 2007

そして、Thank You

私が会社を立ち上げて間もなく知り会いになった
ヘッジファンドマネジャーがいます。当時、彼も
ファンドを立ち上げたばかりで、20~30億円の
小規模なものでした。内外の機関投資家をご紹介
するお手伝いをすることにしました。

彼は、大手ファンドからスピンアウトした、日本に投資する
ヘッジファンドの「第二世代」の代表的な存在になり
ますが、私が仕事を通じて取って最も印象に残ったことは、
彼の人格でした。本当に正直者なのです。普通の感覚
では「流してしまう」ことを、約束した以上、きちんと誠実に
果たしてくれました。私は、この瞬間から彼の大ファンに
なり、いつも「誰か良い日本ヘッジファンドマネジャーが
いないか」、という問いかけに彼を例として出します。

ただ、2006年に、彼はかなり苦労しました。パフォーマンスが
ズタズタで、多くの投資家は、彼のファンドを解約しました。
「ボラティリティが高いからねぇ」と。

先月、彼は8%以上のパフォーマンスを出しました。
2007年を通して、30%以上の高成績です。
日本のヘッジファンドマネジャーはダメ、というラベルが
張られているときに、彼は、「どこかに、誰かが、絶対
お金を儲けているのであるから、収益チャンスは必ずある」
という信念を持って。

あっぱれ。すごいですね。
そして、Thank You

July 25, 2007

刺激を受けた講義

ある「外交研究会」に定期的に参加していますが、
外務省やその他中央官庁の長老OBの方々が多く、
私はいつも末席で静かにお勉強させていただいて
いますが、昨日はヘッジファンドについて講義する
ために中央席に座りました。 

お元気な方々が多く、定例では講義1時間の後に
質疑応答1時間が続きますので、ちょっとドキドキ。

Continue reading "刺激を受けた講義" »

July 23, 2007

社会起業家への資金支援

7月20日付けの日経新聞夕刊のコラムで、
私が企画して、ビジネスパートナーである
Voyager Managementの強力によって
2003年の運用から実施できたSeedCap Japan
が紹介されました。

営利活動(ファンド等)と市民社会活動を、
ささやかながら、つなぐことができるという
気づきを提供できることに喜びを感じます。

July 22, 2007

世界をトリコに

僕は、マンガ好きです。
と、いうか、幼いころから海外で生活していた
私が、社会人になって日本社会に復帰したときに
少し日本語が使えたのは、マンガのお陰です。
(私の伯父が定期的に船便でマンガを郵送して
くれました。)

そのような自分に、昔、このようなサービスがあったら
たまらなかったでしょうね。 漫画全巻ドットコム
まさに、名称どおり、漫画全巻の専門書店です。

実は、この専門書店を運用する会社に
エンジェル投資をしています。設立のきっかけは
実は、デザイナー・スニーカーの製造&販売。
その事業はまだ継続していますが、売り高では、
漫画全巻書店の方が一気に拡大したようです。

世界とトリコにしたい。そんな想いで、会社を立ち上げた
ようです。マンガであろうが、スニーカーであろうが、
素晴らしい志ですね。 今後、企画されている、
色々な事業の飛躍が楽しみです。

July 21, 2007

サーカス

ボルショイ・サーカスを家族と観にいきました。
最後にサーカスを観たのは、自分が小学生の
ときかなぁ。 人生で二回目かもしれない。

やはり、空中ブランコは、すごいスリルですね。
最初の芸で、「すっご~い」と大声で感動して
いた子供も、緊張が高ぶり、声も出ませんでした。

でも、虎の芸は、大きなネコがのようで、迫力がある、
とは言えなかったな。

お父様は足がスラッとしたダンサーの金髪お姉さま
たちが印象的。声は出しませんでしたけど。

July 20, 2007

Back to the Past

今朝は、某バイアウトファンドの日本人幹部と朝食会。

本日の日経新聞の3面にあるように、
インサイダー定義の「重要事実」の範囲を、昨日の
村上判決のように広げてしまうと、バイアウトの投資
戦略を否定することになるのではないかと懸念されて
いました。

バイアウトところか、企業や経営者と接点を持って
運用パフォーマンスを高めようとする「アクティブ運用」
そのものを否定しまうような流れになりかねません。
運用業界の思想は、明らかに萎縮されるでしょう。

同じく、日経新聞3面の
モノ言う株主とファンドマネジャーの分離もおかしいです。
「コンプライアンス」という大儀で、ファンドマネジャーが
投資家のためにベストを尽くすという受託者責任を
無視しているように見えます。

この数ヶ月で、日本は10年ぐらい逆戻りしてしまった
ような感じがします。世界がスピードアップしている中で。
極めて、極めて、極めて、残念な流れです。

July 19, 2007

国際「問題」が問題

今年度も経済同友会の国際問題委員会
(委員長:三菱商事の小島順彦社長)の副委員長に
任命されましたが、今日は、第一回目の全体会議。

そこで、私の長年の友人である外国人弁護士
と先日に笑い話をしたエピソードを紹介しました。

「同友会の「国際問題委員会」の副委員長になったんだ。。
え~と英語で言うとね、、 International Problem・・・
ん? じゃないや。。。。え~と・・・

Continue reading "国際「問題」が問題" »

July 18, 2007

ガッツある若手を求める

私のビジネス・パートナーがこのような人を探しています。

・和製ヘッジファンドを外人投資家に営業したい。
・英語コミュニケーションが堪能。
・社会経験がある二十代後半。
・経験分野は、問わず。
・素直で、ガッツががある。

ご関心がある方は、
info@shibusawa-co.jp
までご連絡ください。

July 17, 2007

外貨準備金の運用

先ほど、フッと会社にいらっしゃった旧知の方と
お話をしたのですが、日本の外貨準備金の
運用は、75%財務省、25%日本銀行なんですね。

同じ外貨準備金ですが、75%は、特別会計なので、
中身が良くわからない一方、25%は、バランス・シートに
月次ベースでアップデートされるという透明度が違います。

最近、アジア諸国の外貨準備金の積極運用
話が色々と出ていますが、日本では強烈な
抵抗勢力もあり、なかなか議論が進まないのが
現状です。そういう意味で、面白いお話をお伺い
することができました。(と、言っても、さっぱり意味が
わからないでしょうが・・・すみません。)

July 16, 2007

35年ぶり?

20070716_baseball
最後に野球の試合に出たときは、ひょっとするとアメリカの
リトル・リーガーのとき。35年ぐらい前の話かもしれません。
土曜日の台風で流れた「親子試合」が今日できました。

子供たちの前で三振だけは、かっこわるいな~と心配
しましたが、なんとか。 明日は、筋肉痛になりそうです。

July 15, 2007

資本開国論

私が昨今、嘆いている日本が(特に金融業界の)
鎖国化しているのではないかという懸念を
野口悠紀雄先生が本にまとめてくださいました。
20070715_noguchi
資本開国論
お会いしたことはない方ですが、
自分の考えと同じような傾向が
あります。このように、いまの
日本社会ではつながっていない
ところに思想のシンクロが観測
できるようになれば、いずれ、
それがつながり、ムーブメントになると期待したいです。

自分が以前から考えていたところで、本書で「ヒット」した
箇所をいくつか紹介しますと、、、


Continue reading "資本開国論" »

July 14, 2007

ほとんどオールB

先日、新しく立ち上げた会社のメンバーたちとテーブルを
囲んだ6名の内、5名がB型であるということが発覚。
(一人がO型)。取り合えず、突っ走るという傾向が
あるらしく、仕事のペースが気持ちが良いというコメントが
ありました。

別のプロジェクトで、この数ヶ月間、沼にはまったように
Muddle Throughしていたところ、これは、ひょっとすると、
運命的な出会いがありましたが、この方の血液型もB型。
気持ち良いですね。ご縁を感じます。

はい、自分はB型です。(両親と供に妹たち二人も。)
妻は、O型ですが、私の周辺にはどうやら日本で平均的に
一番多いはずのA型人間たちが何故か、かなり少ないのです。

July 13, 2007

初体験

今週は、生まれて初めて「芸者遊び」の体験をいたしました。
創業百三十年ぐらいの老舗料亭で、「新橋のトップ芸者」に
囲まれて。。。。

なぜ、トップかというと、50年強、このお仕事に就いている
という実績を持っているから。 つまり「お姉さま」は72歳の
お婆さん。「最近、お酒を飲むと目まいがするの・・・」 とか。

ただ、踊りになると、その動きが美しく、なめらかに。。。

Continue reading "初体験" »

July 12, 2007

微妙なこと、はっきりしていること

「会社は誰のモノ?」ということに関しては、私の見方は
微妙です。株主のモノか?ステークホルーダーのモノか?

まあ、解釈を広げれば、会社は社会のモノか?宗教的な
考えであれば、会社は神のモノになってしまうので、
この「誰のモノ」という議論をやたらにいじっても結論は
出ないと思っています。

でも、今回のブルドック対スティール・パートナーズの
騒ぎで、私の中ではっきりと線を引けるポイントが
いくつかあります。

Continue reading "微妙なこと、はっきりしていること" »

July 11, 2007

英語のレッスン

「株式」のことを英語で『EQUITY』と言います。

では、『EQUITY』を英和辞典で引いてみると
1.公平、公正、正当、公明正大
2.公正な行為
3.衡平法 (一国内の全市民に共通して適用される法。
        一部の地域あるいは身分にのみ適用される法
        と対比される概念。)
4.普通株

つまり、特定された者(長期であろうが、中期であろうが、
短期であろうが、濫用買収者であろうが、安定株主であろうが)
その身分のみに適用されることは、『INEQUITY』になります。

では、『INEQUITY』を英和辞典で引いてみましょう。

1.不公平
   『格差の問題』と言ったらピンとされるでしょうか。

一部の日本国内の方々は、世界の通じる辞典と違うものを
持ち歩いて乱用されているようですが、それでは世界との
コミュニケーションが取れる訳がありません。
極めて危険なことです。

わかりますか? エニィー・クエスチョンズ?

July 10, 2007

読めなかった漢字

誠に恥ずかしい話ですが、帰国子女の私にとって読めない
漢字が今日の日経新聞の紙面にありました。

「濫用」買収者。

はてな?と思って読み進んでいると、、、、、
「東京高裁は短中期的に株式転売などでひたすら
自うの利益を追求する濫用的買収者」と断定した」と。

「濫用的」買収者に意味どころか、この「利益を追求する
ことが」が判決の材料になるところに理解に苦しみました。


だって、投資家の目的は利益追求でしょ。

Continue reading "読めなかった漢字" »

July 09, 2007

気球のよう

医学解析技術の開発や臨床試験前の創薬
バイオ・ベンチャーは、(特に日本では)理想と
現実のかけ離れが目立つ分野だと思います。

気球のように立派に見えますが、実態は、
Hot Airだけの場合が少なくない。気を
つけないとお金だけを乗せて、大空に
消えて行ってしまう可能性が大。

でも、大空に向かって、夢を見ることに
魅力を感じることも確かです。医学の
イノベーションを促す研究者は、我々一般
庶民の健康で安心な生活を送るためには
大切な存在。だから、この分野のお手伝いを
する仕事を引き受けてしまうのでしょう。

July 08, 2007

ヘッジファンド:6月も好調

6月のヘッジファンドのパフォーマンスは、株式ロングショート
戦略を中心に概ね好調でした。月中に米国インベストメントバンク、
ベア・スターンズの内部ヘッジファンドが「サブ・プライム」の
ポジションで大損したということで
、心配をしていた投資家さんも
少なくありませんでしたが、ヘッジファンド業界全体にとって、
それほど大きなインパクトはなさそうでした。

5月のパフォーマンスがかなり良かったので、6月は少し
巻き戻しがあると思っていましたが、これで2007年の
半年前半は、例年以上のかなり良い調子です。

このまま、今年前半のパフォーマンスを年率化して、後半を
終えることができれば、かなり素晴らしい一年になりますが、
上記サブ・プライムの問題が、全体的のクレジット市場へ
悪影響が更に広がることも有り得るでしょうから、油断は許せません。

July 07, 2007

虹を超えて

20070707_oyugi

子供たちが歌う「Over The Rainbow」は、本当にうつくしいです。

July 06, 2007

緑に囲まれたセミナー

CSRデザイン&ランドスケープ設計事務所が主催する
環境ビジネスセミナーを聴講しています。場所は、目黒の
東京都庭園美術館の新館大ホール。
20070706csr_seminar
このような非日常的な
空間のセミナーも
良いですね。

テーマにふさわしく、
きれいな庭園です。

July 05, 2007

納得と解決

中小建設業界のプロジェクトの早朝ミーティングの間に、
理事として務めている日本医療政策機構の朝食会セミナー
に出席して、また建設業界プロジェクトの席に戻るという
慌しい朝に。もう、頭の中がグルグルです。

でも、このように業界を超えても、共通する軸も見えてきます。
例えば、今日のセミナーのスピーカーの女医さんは、
「Evidence Based Medicine」はもちろん大切であるが、
「Narravtive Based Medicine」もとても重要であると
主張されました。

つまり、データや結果だけを見ても患者の満足度が高まる
訳ではなく、むしろ、話をしっかりとする、そして話をしっかり
と聞く医療ケアが大事であるということです。

「納得と解決は違う。」曰く、機構代表理事の黒川清先生。

資金繰りなど深刻な問題を抱えている中小建設業の方々にも
応用すべき切り口ではないかと思いました。運用の世界も同じ
ですね。ファイナンスや投資の機能だけを高めても、納得感、
満足感がなければ意味ありませんから。

July 04, 2007

大阪のIR会議

今日は、日本インベスター・リレーション協議会
日本経済新聞が主催する大阪IR大会にスピーカー
として参加しました。
20070704
会場は、大阪取引所。

テーマは、「M&A時代に
求められるIR」です。

株式会社堀場製作所の代表取締役社長である堀場厚さんや、
GCA株式会社の代表取締役である 佐山展生さんなど、幅広い
経歴をお持ちの方々とご一緒できたので、私も色々と勉強
することができましたが、話の共通点は、「企業価値」。
特に「見える価値」と「見えない価値」についての議論でした。 

私からの提案議題は、IRは、単なる「企業広報」という役目では
なく、投資家(市場)から情報を集積する「インテリジェンス」機能も
意識するべきであると。

パネルディスカッションのしめくくりには、企業経営者は、個人向けの
IRも重視するべきであると提案しました。数年前と比べると企業側の
意識は高まっているものの、その空間をどのように埋めるかということ
には苦悩されているようです。

July 03, 2007

オオカミの毛皮をかぶる羊

近年のヘッジファンド動向に、自分が気になって
いたことを、英フィナンシャル・タイムズのコラムが
指摘してくれました。 
Ft2jul07_1_1_1
要するに、パフォーマンスが
おとなしくなっている割には
フィーが高まっている・・・

July 02, 2007

バフェットの株主総会

20070702bh_1
これは、
伝説的投資家のウォーレン・バフェット
バークシャー・ハサウェイ社の株主総会の
入場券です。

かなり有名な株主総会ですが、実際に
参加した人の話を聞く機会がいままで
なかったですが、私の知人が今年の
総会に参加することができて、色々と土産話を聞かせてくれました。

Continue reading "バフェットの株主総会" »

July 01, 2007

今日は六本木ヒルズで

100名を越える女性たちの注目を浴びました。・・・ 
いや~良い経験させてもらいました。。。。

Continue reading "今日は六本木ヒルズで" »

« June 2007 | Main | August 2007 »

Most Recent Photos

  • 20170425_deadly_2
  • 20170419_kyodo
  • 20170419_kyodo3
  • 20170419_kyodo2
  • 20170419_kyodo1
  • 20170411_ronsoro_8
  • 20170402_veritas
  • 20170330_toronto_univerity2_3
  • 20170330_eiichi
  • 20170330_toronto_university_3_2
  • 20170330_hbs_2
  • 20170330_harvard_coop_2