« 詭道(きどう) | Main | 規制は大切です。 が、 »

February 19, 2008

Reactionary Investment

安いところで買って、高いところで売る。
これが、投資の基本です。

アセット・アロケーションでは、値下がりして、
ポートフォリオ全体の中で配分のウェイトが
低くなったものを買って、相対的に値上がりして
配分のウェイトが高くなったら売る。

このような「逆バリ」ポートフォリオ運用が、
長期的には良い結果につながります・・・ 
当たり前のことですね。

ただ、「プロ」の投資家でも、行動パターンは、
このような「当たり前」のことではなく、
「Reactionary」、つまり、目先の状況に
受身スタンスで反応することがほとんどです。

値下がりしている資産の配分を、もっと下がる
かもしれないから、低くくしたままにしておく。
値上がりした資産配分を、もっと上がるかも
しれないから、高くしたままにしておく。

確かに、間違えるかもしれない難しい判断を
下すより、Reactionary Investmentのほうが
リスクが低いかもしれません。が、その代わりに
リターンも低いでしょうね。

« 詭道(きどう) | Main | 規制は大切です。 が、 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Reactionary Investment:

« 詭道(きどう) | Main | 規制は大切です。 が、 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2