« 商品設計ミス? | Main | スタートラインに立つ »

October 15, 2008

ストーリーメイクへ

「グローバル市場型資本主義」が、この世の常識のとき。
それほど昔の話ではありません。

今となっては、その矢先に何が待っていたかというと、
なんと米国でも「国家資本主義」。

すごい展開ですね。

1年前に、仮にこのようなシナリオを描いたとしても、
米国人は一声に「有り得ねェ~!」と叫んだでしょうね。

実は、何でも有りなんですね。この世の中は。

「国家資本主義」が、この次の時代の常識にならない
ためには、やはり「滴」のような個人の小資本が集まって
きて資本市場の主役になることが急務です。

そういう意味では、その中間にいる機関の役目は、
単なる「マーケット・メイク」ではなく、明確なビジョンを
表現できる「ストーリー・メイク」も大切になるのでしょう。

「ストーリー」なんて、そんなの「訳わかんねェ~!」?
今での金融の常識であれば、そうなのかもしれないですね。
これからの常識では、訳わかってくるかも。。。。

« 商品設計ミス? | Main | スタートラインに立つ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ストーリーメイクへ:

« 商品設計ミス? | Main | スタートラインに立つ »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2