« 何のための平等アクセス | Main | 日経ビジネスオンラインの新コラム »

October 24, 2008

アクティビスト運用の変化

日本ではJ-Powerの経営陣に対して敵対的な
アクティビスト運用の行動で知られているTCI

創業者のChris Hohnは、某雑誌のインタビュー
によると、その運用スタイルを考え直しているよう

米国鉄道会社のCSXの経営陣との対抗で、
莫大なおカネと時間を使ったわりには、あまり
成果がなく、「アクティビイスト」投資は止めて、本来、
自分の運用スタイルであった「ディープ・バリュー型」
投資に戻ろうと。

やっぱり、常に喧嘩をしていなければならないと
疲れますからね。

そういう意味で、他のアクティビスト・ファンドも
これからの日本の案件は、「友好的」なものを
探したいようです。

単に、バランスシートを分析のスクリーニングで
「超割安」な投資先を発掘し、経営者に「モノ申して
企業価値を創造する」スタイルがワークする短期的な
タイミングはあるのでしょうが、長期的な持続性は
ないでしょうね。

会社は機械じゃなくて、生き物ですからね。全てが
合理的に進むわけじゃなくて、色々な矛盾を抱えて
いるのが現状であり、また、投資の魅了でしょう。

« 何のための平等アクセス | Main | 日経ビジネスオンラインの新コラム »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アクティビスト運用の変化:

« 何のための平等アクセス | Main | 日経ビジネスオンラインの新コラム »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2