« ビンテージ | Main | 商品設計ミス? »

October 13, 2008

米バイオベンチャーの関心の理由

米系トップクラスのバイオ・ベンチャーキャピタルファンドの
幹部たちと夕食会。何回かお会いした方々ですが、彼らが
関心持っているのは日本初の「アセット」を獲得すること。

彼らのセグメントは、臨床検査に入る前の化合物です。
通常、臨床検査のフェーズIIIぐらいに入って商品化への
道筋が書けた頃に売却する、いわば、アーリーステージの
ベンチャーキャピタルです。

基本的に創薬開発を内部的に抱える日本の製薬会社
としては、ちょっとなじみがないモデルかもしれませんが、
昨今の金融市場の混乱では内部資金調達が困難になる
可能性が高いので、このように商品化開発に外部資金を
活用する手法は合理的になるかもしれません。

一方、なぜ米系バイオベンチャーキャピタルが日本に関心を
持っているかというと、特にアジアの中で日本は、研究の質
の面、知財の面からもアジアの中で最も有望として見られて
いるからです。欧州に比べても詳細な研究の質は優れている
ようです。

ただ、日本の創薬開発の課題は、質が高い割には、なかなか
それが経済的リターンにつながらないということのように残念
ながら見えます。

« ビンテージ | Main | 商品設計ミス? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米バイオベンチャーの関心の理由:

« ビンテージ | Main | 商品設計ミス? »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2