« スタートラインに立つ | Main | 切り除く »

October 17, 2008

政策というサービス商品

今日の経済同友会の会合で、いつも考えさせれる
発言をされる論客の方から、

・政策は、いわゆるサービス商品
・そうであれば、そのコストについて考えるべき

という趣旨のコメントがありました。

確かに、政治・行政は、国民へ政策という
「社会サービス」を提供する義務があります。
しかし、そのサービスを受ける私たちは、その
「商品」が最終的にコストがきうらかかるのか
わかりません。

また、一部の人の行為にために、全体の善意の
人たちまで政策(規制)に縛られて、「サービス」
を提供した側の想定以上な「社会コスト」が私たちに
圧し掛かってしまうこともあります。

我が国では、耐震強度構造計算書偽造や消費者
金融のグレーゾーンの問題によって規制が施行され、
出され、多くの「善意」の人たちが打撃を受けました。
また、これから食品関係の規制も打ち出されるかも
しれません。

そして、世界的なスケールでは、現在の金融危機に
対して米当局の「政策」。今の出血止めは当然のこと、
最終的に世界は、どれほどの「コスト」を、今後、
私たちは支払うことになるのでしょうか。

« スタートラインに立つ | Main | 切り除く »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政策というサービス商品:

« スタートラインに立つ | Main | 切り除く »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2