« どうもありがとうございます! | Main | 健康管理の「リターン」 »

October 30, 2008

機関バブル

某新聞の某氏と電話でファンドのことについて
話をしているときにふと思いついたのですが、
今回のグローバル市場型資本主義の「バブル」
を作ったのは「機関」であって、個人ではないと。

ファンドだけではなく、インベストメントバンクや
その他金融機関も、ROEを高めるためにレバレッジ
をパンパンに張りました。

米国の低所得層が広い家をサブプライム・ローン
で買えたのは、証券化して商品を作る機関と、
その商品を購入する機関がいたからです。

あらかじめ決めた日に、あらかじめ決めた条件で
金銭のやりとりをしましょうという「約束」を守ると
いう前提が壊れ、他も「約束」を守ってくれない
のではと動揺が広がり、政府が肩入れする結果
になって、壊れた世界の金融システムという土台。

土台が壊れてしまったら、その上にあるファンドなど
の足元がぐらつくのは当然のことです。

でも、金融システムが壊れても、「おカネ」がこの世
からなくなった訳ではありません。特に日本の場合は、
家計や企業も「おカネ持ち」です。金銭的なレバレッジ
がかからない地味な世界かもしれませんが、新しい
土台作りは、こんなところから始まるのでしょう。

« どうもありがとうございます! | Main | 健康管理の「リターン」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 機関バブル:

« どうもありがとうございます! | Main | 健康管理の「リターン」 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2