« 歴史の先生 | Main | 米バイオベンチャーの関心の理由 »

October 12, 2008

ビンテージ

たまたま、米国滞在の妹と両親が同じ時期に
来日していたので、96年にNYで某ヘッジファンド
に勤めていた時代に、良いビンテージになりそう
だからと友人から勧められ、先物で買ったワインを
空けました。

Château Ducru Beaucaillou Saint Julien 1995

数年前の真夏のときに、ワインセラーが故障
しているのを気づき、ダメになってしまったと覚悟
していたのですが、大丈夫でした。 おいしかった。

このワインを買った当時では、今の金融業界が
このような状態になってしまうとは夢にも思って
いませんでした。

ただ、ビンテージといえば、これから数年間の
バイアウト・ファンドのディストレスト・ファンドの
ビンテージは、良いところで仕込めそうなので、
かなりおいしいかもしれないですね。

あ、そうそう。 コ コ もお忘れなく。
Yoshiさん,暖かいご応援のコメント
くださり、どうもありがとうございました!

« 歴史の先生 | Main | 米バイオベンチャーの関心の理由 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビンテージ:

« 歴史の先生 | Main | 米バイオベンチャーの関心の理由 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2