« April 2009 | Main | June 2009 »

May 31, 2009

ワルシャワでの散策

先月のポーランド出張の際に撮った写真を
スライドショーにしてみました。

May 30, 2009

陰から陽へ

日本が「陰」の時代から、「陽」の時代に展開する
のが10年の「教育期」。今年が3年目に当ります。
心強いメッセージですが、その前に「鬼門」を通過
しなければなりません。。。according to 算命学。

その「鬼門」とは、何になるのか。

信じる、信じないとは別にして、このような心構えを
ちょっと覚えておくことは、マイナスにはならないでしょうね。
20090530_sanmeigaku
終末にもかかわらず、
会場に出向き、多様な
考え方に触れ、勉強する
姿勢が豊かな参加者に
恵まれたコモンズ30塾でした。

事前登録より、出席者が
大幅に増えた、好評な
会合になりました。

特に講師のSさん、どうもありがとうございます!

次回の6月30日は、コモンズ30の投資先企業を
お招きする予定です。


May 29, 2009

「漬ける」ことが長期投資

某経済誌の企画の「独立系投信」の対談に参加
してきました。長期投資、直販という分野で先導
してくださった「王様」に奨励されながら立ち上がった
「三剣士」です。でも、もちろん、王様のクローン
ではなく、それぞれ独自のカラーを持っています。

なかなか、熱く、色々と語ることができて、とても
楽しかったです。

長期投資目的で投信を購入しているが全て
塩漬けになってしまっている
」という不安が多い
という質問がありました。

私が思うに、長期投資とは、そもそも「漬けて」、
酵母と時間の働きによって、おいしい味わいを
楽しみにすることではないかと思っています。
(運用会社の役目は「酵母」ともいえます。)

だから、「塩漬け」するのは、当たり前。下がった
ときには、更に、美味しく「漬ける」ことができる
という喜びも、逆にあっても良いでしょう。

しかし、「浅漬け」としか思っていないかった人が
「塩漬け」になってしまったら、そもそも長期投資
のベクトルが合っていなかったのです。

ボジュレ・ヌーボーの味しか期待していなければ、
それでも、良し。でも、長年、熟して最高な味わい
に成長できるワインは、若いうちには飲めるでしょうが、
もったいない、と思うのが普通でしょう。

その「長期投資」の前提に、なるべく、同じ目線で
お付き合いするために、コモンズでは「30年」という
具体的な長期投資期間を 目・線 として提案して
いるのです。

で、「三剣士」の正体は?

6月21日の販売日まで、ベールを被せておきましょう。

May 28, 2009

ザ・チャレンジ

新書の企画が編集会議で決議されたという
連絡が入りました。単行本は4冊刊行して
いますが、新書は初めてのチャレンジです。

この話しがあったときはゴールデンウイーク
前だったので、時間の余裕があるなと思って
いましたが、入稿が7月というスケジュールに
なったようで、やや焦っています。これから、
1ヵ月半ぐらい予定を入れることを出来るだけ
避けなければ・・・これも、チャレンジですね。

ここは、B型の特徴を活かして、気分を盛り
上げて、突っ込むしかないでしょうね、、、
三日坊主にならないと良いのですが。

May 27, 2009

長期投資の笑顔

P1020226この人に、貴方の長期株式投資を
任してみませんか??コモンズ投信
チーフ・インベストメント・オフィサーの
吉野永之介です。40年+のファンド
マネジャー暦の大ベテランなんです。
コモンズ30ファンドの基準価格も
おかげさまで、設定来の高値更新
することができました!

昨日は、オープンオフィスを開催しましたが、
投信アルファ・ブロガーのrennyさん
いらっしゃってくださいました。さっそく、
ブログに書き込んで頂き、大感謝です!!
いつでも、お立ち寄りください!

May 26, 2009

口座開設申込書

20090526cpa
公認会計士の資格をお持ちの
お二人がコモンズ投信の口座
開設申込書と苦戦(?)

手前の方はスラスラ書き込んで
いらっしゃいましたが、奥の方は、
かなりブーブーおしゃっていました。
が、無事に、完了!

どうもありがとうございます。

申し込みプロセスの「監査」を受けて、記入の仕方など、
ワークフローがもっとわかりやすく、改善していきたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

May 25, 2009

エコライフのお宿

今日は、コモンズを応援していただいている
方から、伊井社長と一緒にエコライフのお宿
吉水」の女将さんの中川誼美(よしみ)さん
をご紹介していただきました。

子育てから手が離れた55歳から起業されて
三つの宿を経営している中川さん。さすが、
底力を感じます。長年、お父様の会社、そして
ご主人の会社で経理担当されていたので、
数字扱いには長けていらっしゃるようでしたが、
何より、起業家には不可欠な、とりあえず動く、
という姿勢が気持ち良いです。また、人と接する
のが、かなりお好きであると察しました。

いつか、綾部の小民家でに体験型宿に行って
良き時代の日本の生活に浸かってみたいです。
銀座の旅館の客層は、7割が外国人のようです。

May 24, 2009

行ってらっしゃい!

今日は、黒川清先生の秘書のHさん
の送別会。医者の資格を持っていて、
いずれ留学したいと言っていましたが、
見事にスタンフォードMBAプログラム
合格。

最近、中国やインドに押され、日本人は
内向きになっていて、留学生が少なく
なっているという話を聞いているので、
とても心強いです。

一緒に仕事をしていて、仕事の運び方とか、
かなり優秀で、かつ、ナイス・ガイです。
今後のご活躍が楽しみです。

呼びかけ人は、弁護士のDさん(ハッピー
バースデー)。お祝いに集まったのは、
ヘルス・ケアとソーシャル・イノベーション
に関心がある人たち。小さな子供たちも
多く、にぎやかで、楽しいひとときでした。
どうもありがとう。

May 23, 2009

Virtue & Moral Will

昨日に参加したTEDx TOKYOでは、今年の2月に
カリフォルニアで開催されたTEDのスピーチもビデオで
紹介されました。それぞれ、印象に残るものでしたが、
特に心理学者のBarry Schwartzの話が特に腑に
落ちました。

Schwarz先生のスピーチ映像は → こちら  ←                      (英語です)

<要約>
・賢者は、全ての規則で例外を作るときを知っている。

・賢者は、臨機応変に対応するやり方やタイミングを
知っている。

Continue reading "Virtue & Moral Will" »

May 22, 2009

Ideas worth spreading

TED(Technology, Entertainment, Design)という会議は、
色々な大物が講演するということぐらいしか知らなかった
のですが、本部が世界に「フランチャイズ」する運営の形で
初めて開催した、TEDx TOKYOにご招待をいただいて
聴講しました。

とても面白かったです!多様な部門の「チェンジメーカー」
たちが与えられている時間は10~15分(ちょっとオーバー
していたスピーカーもいましたが)で、一日中、次々と登壇
します。日本人スピーカー(トヨタ自動車のデザイナー、
ロッククライミング世界チャンピオン)もいましたが、外人勢
が多く、この会議に登壇するために来日した人たちが半分
ぐらいでしょうか。

これほど、パッションに溢れて、レベルが高いスピーカーが
多くそろった会議は、初めて。期待をはるかに上回り、感銘を
受けました。

「伝える」ためには、時間はあまり要しないということが、
よ~くわかりました。

感動させる映像やフレーズ、そして、ヒューマーや間合いを
上手に使いこなして、心をつかんでいます。学ぶところ多し。
20090522ted_2
200人ぐらいが招待された
ようですが、知り合いも多く
楽しかったです。

インターネットのライブ・ストリー
ミングでの聴講者は3000人
ぐらいいたようです。

TEDのキャッチコピーは、Ideas worth spreading.
これほどハイ・レベルの内容なのに、インターネットで無料
配信しています。だからこそ、まさに、広がって行くのですね。

200905221tedx2
お台場の日本科学未来館
会場。なかなか良い空間です。

May 21, 2009

サムシング・グレート

「大物」経営者や有識者の購読者が多い「致知
という「人間を学ぶ月刊誌」で筑波大学名誉教授
の村上和雄先生とご対談する機会をいただきました。

先生は、DNA研究の第一人者でありますが、先生の
お考えは(DNAスイッチのオフ・オン)私の講演で良く
引用させていただいています。先生の大ファンとして、
今回の企画は飛び上がるほどうれしかったです!

ちょうど5~6年ぐらい前にファンドや資本市場の現状に
ついてモンモンし始めたときに、先生の「生命の暗号
という著書と出会い、自分の思いつきが科学者のお考え
で確認することができて、これだ!と感激しました。

いつか、お会いしたいなァ~と願っていたら、経済同友会
の委員会で講師としてお見えになり、著書にサインを
いただきました。

その後、致知で村上先生のご対談を拝見するようになり、
いつか、ご一緒したいなァ~と願っていたら、その話が
数週間ぐらい前に参り込んできました。

まさに、先生がおっしゃる「サムシング・グレート」が動いて
くれた感じがしました。

村上先生のお考えに感銘を受け、実は、コモンズの構想
の起源でもある、と思ってます。先生と対談に同席された
致知の藤尾秀昭社長に「30年投資」についてお話をしたら、
お二人が、直ぐに、意味をつかんでいただき、奨励のお言葉
をいただきました。とてもうれしかったです!
20090521_murakami2
対談の準備のために、
先週のポーランド行きの
機内で読んだ先生の本。

アホは神の望み

(今回も記念にサインを頂戴しました。。。)

☑ 人を救うのは「笑い」
☑ 器の大きなアホになれ
☑ 理屈を超える「思い」の強さが成否を分ける。
☑ 「軽さ」が行動力を生みチャンスを広げる
☑ 寄り道、息抜きが呼び寄せた幸運
☑ マイナスもプラスに考えられる前向きな思い
☑ 「天の貯金」から学んだ利他の心
☑ 生命の永遠の歯車を回すもの

6月に致知からも、先生の「良い本」が出るようです。

May 20, 2009

ミクロの元気

今日は、朝から夜まで社内・外のミーティングが
びっしり入っていて、ちょっとバテました。

社外のミーティングは、上場企業の社長さんたちと
ランチや夜の勉強会でしたが、笑顔とバイタリティに
溢れるオーナー系や「若手」と言われる方々。

このご時勢ですから事業は、やはり、厳しいのですが、
彼らは元気いっぱい。マクロの日本や世の中は元気
がないかもしれませんが、ミクロ・ベースに元気がある
ことは確かです。仮に根拠なき元気であっても、企業の
トップに元気がなければ、その企業が元気になれる訳
がありません。

彼らの辞書には、「バテる」という言葉が載っていない
のでしょう。自分も鍛えないと。


May 19, 2009

コモンズTV: 「見えない資産」

コモンズTVを立ち上げました!

今回の内容は、今年の1月30日に開催した
コモンズ30塾で「見えない資産」について
話をしてくれたバリュークリエイトの佐藤明さん
が登場します。

YouTubeでは、紹介クリップをご紹介しますが、
今後、ITの整備が整った次第、インターネット・
セミナーも立ち上げて行きたいと思います。

→ << 5月のコモンズ30塾のご案内は、こちら >> ←

May 18, 2009

アジアのNGOプログラム

25年ぐらい前に一緒にお仕事させていただいた
方々が主催している「アジアNGOリーダー塾」
のご紹介です。

○ アジアの民衆と対話できる

○ 非政府・非営利の立場から、新しいアジアの
   コミュニイをデザインし実践する。

○ アジア各国のNGOリーダーと手をつなぎ、
   国内外の企業および政府セクターと協議する。


アジアの貧困問題や国際協力に強い関心を持つ、
有望な若者を募集されています。

締め切りは6月12日で、海外研修の機会もあるようです。

詳細は ⇒ http://www.acc21.org/ANLI/top.html

May 17, 2009

宿題の仕上げ

いくつかの原稿やプレゼン資料の締め切りの
宿題を抱えて出かけた出張だったので、空港
の待ち時間、機内とか、空いた時間を見つけて
パソコンと睨めっこしていました。

今日は、雨模様だったので、宿題の仕上げに
ちょうど良かった、のですが・・・日中は、時差
ボケなのか、ただのボケなのか、あまり捗らない
展開に。。。でも、主なところは何とか形になりそう
かな。

明日、会社で仕上げよう。。。
と、思っているのですが。

May 16, 2009

スムーズに帰国

機内で配布された健康状態アンケートの
3問と連絡先を記載し、入国の際に提出
するだけ。体温を計るカメラはありましたが、
特に時間がかかるような面倒なことは
ありませんでした。

向こうにいるときは、普通な感じで、もちろん
マスクをしている人はいません。乗り継ぎの
パリの飛行場になってくると日本人が増え
たので、マスクをしている人は所々いましたが。

夕刊の一面は、感染ニュースでしたね。
知りたいことですが、やはり、日本はかなり
神経質な感じがします。強毒型が来たときに
社会がマヒするのではないかと心配です。
今回の弱毒型で、色々な対応のケース
スタディになるように研究をしてくれれば良い
のですが。

May 15, 2009

金ぱく酒

P1020208
ポーランド北部のバルチック海地域
産のGoldwasserというウオッカです。
名前のとおり、金ぱくがボトルの中に
浮いています。

ウオッカといっても、とろみがあって、
かなり甘く、食後酒に適しています。
口当たりが良いので、気をつけないと
アブナイお酒かもしれません。日本
大使公邸でごちそうになりました。

今回で感じましたが、ポーランド人はドライで
典型的な西洋的思想を持っている人もいれば、
東洋的な感性を持っている人もいますね。
やはり、東西の境の地域だからでしょうか。

今日の私のプレゼンは、それなりに好評だった
ようで、内容が「哲学的だ」と評価されていたとか。

でも、ポーランド人の司会者から英語がわからない
日本人がいるかもしれないから、ゆっくりと話をして
くれと注意されてしまいました。はは・・・
日本人の参加者から、そのような注意を受けるとは
名誉だと冷やかされました。時間制限を気にして
いたので、ちょっと突っ張りすぎたかもしれません。

ポーランド人の英語は、わかりやすい人もいますが、
ぜん~ぜん何を言っているのかわからなかった人も
いますね。おかまいなく、しゃべり続けていましたが。

May 14, 2009

ワルシャワ会議

ポーランドのトップ私立大学といわれる
Kozminski University渋沢財団
共催のCorporate Cultures; Universality
and Differencesというコンファレンスで
プレゼンするために今回ワルシャワに
訪れました。

旧共産圏として「アングロ・サクソン的」
資本主義だけでは相性に合わないと
感じるところもあるようで、「日本的」資本
主義から学べることがないか、という趣旨
の日・ポーランドの対話です。

今日は、ガバナンス、中小企業のあり方、
直接投資というテーマで議論を交わしました。
ややアカデミック色が濃いところもありますが、
英国ケンブリッジで研究されている一橋大学
の田中一弘先生の「垂直型」ガバナンスと
「水平型」ガバナンスという考えが、まさに
「日本的」であり、参考になりました。

前者は、ハードパワー的なガバナンスで、
後者はソフトパワー的なガバナンスという
感じです。

日本からのポーランドの直接投資は少なく、
最大のドイツの13分の一ぐらいだそうです。
ただ、232社の日経企業が進出していて、
その内、73社が製造業です。

たとえば、
トヨタがエンジン、パナソニックがマンガン乾電池、
シャープが液晶テレビなどの工場を稼動して
います。ポーランド国内市場向けより、ポーランド
で製造し、欧州の他国へ輸出するパターンです。

ただ、複雑な税制度やプライドが高い(ポーランド
の独立をに導いた)組合のマネジメントが結構大変
のようです。

May 13, 2009

Peace Is Better

P1020160
明日の会議の準備のために、ポーランドのことについて
少し勉強をしようと街に出かけました。旧市街は、まるで
映画のセットです。(スタジオ・ジブリの魔女の宅急便
のキキが修行した街を思い出しました。海はないですけど。)

GDPは、日本よりはるかに低いのでしょうが、日本(東京)
では味わえない、時間がゆったりとした豊かさを感じました。
P1020167
P1020169

P1020174
のんびりとビールを楽しんだ野外
カフェの前に広がる旧市街の
広場。多くの子供たちの修学
旅行でにぎわっています。ただ、
およそ60年前、このスポットは
破壊状態になっていました。

ワルシャワ歴史博物館によると、
1939年に市内の人口は130万人。
1945年に戦争が終了する間に、
なんと、5割の65万人の市民が
命を落としています。また、戦前
の建物の85%が破壊されたと。
そこから、レンガひとつひとつからの復興
させたポーランド人の底力があったのです。
P1020184
このきれいな街中が、あれほど悲惨に破壊
されていたとは、想像を超えます。その悲劇を
繰り返さない記憶が失せないように、街中の
所々にリマインダーが展示されています。
P1020185
P1020196
平和のほうが良いです。

May 12, 2009

早朝の散歩

シベリアの上空を横切り、北極園の海には
氷山が浮いていました。春なのか、温暖化
なのかわかりませんが、溶け流れているよう
ですね。シロクマは見えませんでした。
P1020099
パリ経由で現地に到着。
ワルシャワで朝を迎えました。
P1020105
昨夜は雨模様で、日の出のときは
曇っていましたが、市民の出勤時間
にはきれいな青空が。ピリッとした
気持ちが良い朝にちょっと散歩へ。
P1020116
中小型の車が多いですが、ほとんど
日本車は見かけません。カメラ・コピー機
の日本メーカーの看板は所々に街であり
ますが、ド~ンと大きな看板は、やはり
ここでしたね。
P1020108

May 11, 2009

やや不思議な光景

成田空港に来ています。

この時間帯としては、かなり、ガラン
としている感じがします。そういう意味
では快適です。

マスクを付けている人たちは、1~2割
ぐらいでしょうか。付けている人たちの
パターンは年層的にも、日本人・外国人
でもバラバラで、あまり傾向を観察する
ことができませんでした。

航空会社のカウンターやセキュリティの
方々は、マスクをつけていません。ただ、
やや不思議な光景は、海外からの入国
ではなく、出・国手続きの人たちが
全員マスクを付けていることでした。

国内で新型インフルエンザの感染が発生
したから?公務員だから、組織的指導が
あったから?

May 10, 2009

5月のインベストライフ

20090510springinvestflife「長期投資仲間」通信の
インベストライフの今月の表紙:
【ちょっぴり春を見つけた】

貯徳旦那の竹田和平さんが再び
登場してくださいました。

May 09, 2009

ちょっと、わかりませんが・・・

「新型」ウイルスと言われているので、
軽視してはならないことはわかっています。

ただ、「弱毒性」ということ。

そして、もしかすると本番は、今年の秋以降の
インフルエンザ季節に入ったとき。

ということであれば、この時点で、日本人は多少
この新型ウイルスにさらされて、免疫を造った
ほうが良いのではないでしょうか。。。。

通常の「季節的」インフルエンザの感染して、
死亡
する人数と比べると、今の日本の反応は
やや過剰な感じがしないでもないですが、、、
やはり、ちょっと軽視している?

「本番」のH5N1の新型ウイルスのパンデミック
のときの対応の予習としては学ぶところが多いと
思いますが。

May 08, 2009

進むコモンズ30

おかげさまで、コモンズ30のパフォーマンスが
好調です。今日も設定来の高値を更新しました。

4月末のレポートをサイトにアップしました。)

これも、投資先の企業と私たちに信任された
全国のお客様の応援があるからこそ築けた
もので、大変ありがたいことです。

もちろん、山あり谷ありの30年投資ですが、
山の上からの見晴らしは気持ち良いものです。

これからも、大勢の方々にお仲間に入って
いただきたいです。

Please Join Us !

May 07, 2009

算命学で考える時代の潮流

今月のコモンズ30塾は、大局から時代の
流れについて考えたい方々には、ぜひ、
お勧めです!

やや「非伝統的」と思われるかもしれませんが、
算命学という生年月日をベースにした中国占い
を参考にした今の日本の時代は?これからの
展開は?

講師は、私の債券時代からのファンドマネジャー
の友人であり、現在は大手運用会社の役員。
マーケットだけではなく、算命学の専門家です。

「占い」と聞くと眉つば物と思われるかもしれ
ませんが、干支は60年のサイクルと考えると、
古代からの究極なテクニカル分析と言えるでしょう。

毎年、鑑定してもらっていますが、自分の
性格とか結構当っていますし、これからの
自分の身の置き方に色々と参考になります。

5月30日は週末になるので、開港150周年を
祝っている横浜
で開催することにしました。

横浜駅から直ぐ近くの会場です。週末の
横浜をお楽しみになる合間に、ぜひ、ご来場
ください。とても面白い内容が期待できます!

お申込みは、 → こちら ←

May 06, 2009

白髪

GW中は、髭剃りをさぼりました。
毎日の日常習慣に、ちょっとした
反抗でちょっと楽しんでいる自分。

でも、一年前と比べると白髪が増え
ていることが判明。ロマンス・グレーと
言えば上品な響きですが、単にメラニン
抜けている老化現象ですね。。。

May 05, 2009

感覚ずれた行動

今回のGW大渋滞から何とか逃れた
ナビをすることができました。

普通の人たちとちょっと感覚がずれた行動
(これは、いつも慣れていることなんで・・?)
がコツですね。

今朝の午前中に山から離れ、お昼は我が家の
食卓で。。午後はゆっくりと久しぶりにDVD
見ることができました。結構笑えた。

高速道路料金が割安と言っても、時間が
かかってストレスが高まったら笑えない
ですからね。

May 04, 2009

宇宙からの生中継

NHKの番組、立体生中継・地球LIVE
「地球の肺」
で国際宇宙ステーションの
宇宙飛行士の若田光一との生中継が
あまりにも鮮明でびっくりしました。

渋谷やバハマとの中継とまったく変わらない
ぐらい。自分が子どもの頃に見た宇宙から
の映像のイメージとは、まさに天と地の差。
技術の進歩ですね。

二酸化炭素を吸収する地球のメカニズム、
そして人類の「進歩」によって、その機能に
弊害が生じていることについて色々と考え
させれる番組でした。

May 03, 2009

山の新緑

20090503_spring
GWで大混雑してる山の行楽地で
静かな場所を探すには、ちょっと
「逆バリ」的な行動パターンが
必要ですね。

たまたま、公園の駐車場でばったり
会った従兄弟家族は、早朝5時半に出て、
7時間半の渋滞にはまって現地にたどり
着いたようです・・

おつかれさま。

May 02, 2009

Exchange Square

20090501_es
東京証券取引所のフリーペーパー
Exchange Squareに取り上げて
いただきました。

私が語る「長期的な視点での投資

このような好意的な記事を掲載して
いただき、とてもうれしいです。

いつかコモンズのセミナーを東証の会場で開催して
みたいですね。本館一階の証券史料ホールは時の
流れを感じることができて必見です。

May 01, 2009

お茶

今日は、茶道家の山田宗徧11代目が
オフィスにお立ち寄りくださいました。
一見、ファンキーな感じがするアラフォー
の方ですが、話し込むと発想が豊かで
とても楽しい会話でひとときを過ごすこと
ができました。

現代の豊かさの定義とは、色々な生き方
や価値観の選択肢(まさにオルタナティブ!)
があることではないかというお考えには同感です。

グローバリゼーションは、ある意味、価値観
の集中化なので、それだけでは本当の豊かさ
を私たちは楽しむことができないのかもしれない
とちょうど感じていたところでした。

山田さんがおっしゃる古代から日本人が継いで
きた環境と共生するサイクルの智恵を、私たちは、
効率性、生産性を向上するという過程で、忘れて
いるかもしれないですね。

30年投資と茶道の融合。。。。
また、非連続的に発想が跳びそうな予感が。

« April 2009 | Main | June 2009 »

Most Recent Photos

  • 20170425_deadly_2
  • 20170419_kyodo
  • 20170419_kyodo3
  • 20170419_kyodo2
  • 20170419_kyodo1
  • 20170411_ronsoro_8
  • 20170402_veritas
  • 20170330_toronto_univerity2_3
  • 20170330_eiichi
  • 20170330_toronto_university_3_2
  • 20170330_hbs_2
  • 20170330_harvard_coop_2