« July 2009 | Main | September 2009 »

August 31, 2009

京都

今朝、京都に入りました。たまたま、友人の平さんが初当選
したタイミングでしたが、無名の候補から成し遂げた勝利は
ご立派!去年の秋に「出馬すれば」という私の冗談が、彼の
背中を押したということを聞いて、気になっていましたが、よい
結果になってよかったです。

午前中は、コモンズ投信の立ち上げに支援していただいたTさん
にご挨拶。お父様が終戦に会社を創業されたときに使命を
感じたときのストーリーをお伺いし、ソロバン勘定も大切だが、
この「使命」がなければ、確かに自分で会社を立ち上げる
必要はないと教えていただきました。

お昼は、京都大学医学部の教授で友人のFさんとご一緒。
医療界と金融界についての「リテラシー」を向上することでは
違う業種でも、同じ方向に向いているんだと思いました。

さあ、これから堀場製作所での社内講演に向かいます。
私の話が「刺さる」と良いのですが。

August 30, 2009

名古屋

衆議院選挙の速報は名古屋で見ています。
予想されていましたが、大嵐ですね。

今日は、名古屋でコモンズ30塾をしました。少人数で
ランチを取りながら対話する形式にしましたが、全員が
発言してくれた盛況な集まりでした。投票日のお忙しい
ときに参加された、皆様へ感謝!

夜は、竹田和平さんと夕食をご一緒させていただきました。
最近は、「まろわ経営」を広げることに色々と働きかけて
いらっしゃいます。お会いするといつも元気をいただく和平さん
ですが、いまでも「夢を持っている」とニコニコされていました。
どうもありがとうございました。

さて、 「渋澤流」がタイトルについてしまった新書ですが、
アマゾンで予約販売が始まりました
。大変おこがましい
お願いなのですが。。。予約購入していただくと販売日
(9月10日)のときにランキングがアップするようです。
ご協力をいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします!

August 29, 2009

最終発表会

20090828_students_3_3

20090828_students_1_2
学生ビジネスコンテストの最終発表会。
課題は、コモンズのマーケティング戦略
でしたが、期待通り、我々「プロ」が見えなかったことの指摘や
以前から感じていたことを確認できて、とても有意義でした。

やはり、若手の感性では、ソリューションはインターネットベース。
コモンズ側の審査を経て、1位と2位チームのアイデアを今後は
インターンとして取り組むステージに入ります。

夏休みの間、参加者の皆さんの高い志とコミットメントには脱帽
です。(特に、自分の学生時代のことを思い出すと。。。)特に
運営チームのリーダーシップと労力のおかげで、比較的短期間に
企画が進展しました。どうもありがとうございます!
(あ、腰痛のためのクッションのお気配りも多謝!)

これからの成果の経過が楽しみです。

August 28, 2009

意味ある予約

新書の発売が9月10日に決定しました!アマゾンでは
既にアップされていましたが、予約注文が可能になる
のは来週のようです。ランキング・アップの面では、
こちらは、意味ある予約です。ご協力をいただければ、
うれしいです。

どうぞよろしくお願いします!(また、お知らせします)

渋澤流 30年長期投資のすすめ
今の「マネー」が次世代の「資産」に化ける

出版社は、結構、ストレートなタイトルを付けてくれました。

August 27, 2009

意味ない予約

今日は、予約してクリニックに行きました。
先日より、もっと大きくて、マシに見えたので、
とりあえず安心して、待合室で待ちました。

で、45分後。。。

まだ、順番が回って来ません。

日中だったので、午後の日程もあり、結局
断念しました。

何のための「予約」なんでしょう?? 意味ない。

腰痛治療は、西洋医学は諦めました。
明日、気功に行ってきます。。。


August 26, 2009

医療に市民の視点を

与野党の医療制度の議論は、金額や負担というところで
お互いを攻撃しているように見えますが、肝心な「医療の
質」、また、「患者のQuality Of Life」というところに焦点を
あてていないように感じます。

マクロ的に計測することが難しいからでしょうが、「平均的
国民」ではなく、一ユーザー、一有権者としてはきわめて
重要な視点が欠けているような気がします。

日本医療政策機構が実施した調査(2009年1月、n=1016人)
によると、「制度決定の市民参加の度合い(制度に国民の声
が反映されているか)」について、23%が【大いに不満】、
58%が【やや不満】でした。

また、「国の医療制度改革は、誰が主導して決定すべき」
という質問(3つまで回答)に
市民代表、患者代表 62%
医療提供者(医師など) 51%
専門家、有識者 48%
がトップ3で、
厚生労働省 38%
首相、内閣、諮問機関 27%
を大きく上回りました。

昨日は腰痛に絶えられず、サイトで検索して駆け込んだ
オフィス近辺の外科・整体外科は、、、まァ、あきらかに
「高度高齢者」で、(医師会に守られて?)競争原理とは
無縁の世界で生きてきたような人。


「ウ~ン、、、コルセット?。。。まァ、レントゲンを撮れば、
タダのようなものなんだけど」と。

こんなところでレントゲンを撮られたら、どれほど放射能
を浴びるかわからないと、とりあえず、痛み止めだけを
もらって、逃げて帰りました。。。


PS 昨日の夕食から回復の兆しを感じるようになり、今日は
   かなり楽になりました!

   でも、自分が腰痛だと悩みを明かすと、結構、まわりで
   やっている人が多いのですね! 気をつけましょう。

August 25, 2009

カバーと帯

新書のカバーと帯のサンプルが送られてきました。

かなり長いタイトルで、帯にはややギョッとしましたが、
今回は出版社のご意向に従うことにします。

内容は、いま、想っていることを「形」にできたので
うれしいです。

9月10日販売の予定です。


腰は、まだ、かなり痛いです。ちょっとずらすだけで
激痛が・・・・・・

August 24, 2009

痛みの叫び、お願いの呼びかけ

本格的なギックリ腰になったようです。一日中、痛みを
和らげる体勢を試行錯誤していましたが、これが、なかなか
見つからないのです。針やボキボキされる整体が苦手な
私として、逃げ道は寝て熟睡するしかない。。。?

という状態ですが、お願いがあります。

8月27日の夜の予定が空いていらっしゃる方々は、ぜひ、
コモンズの投資先である東京エレクトロンさんとの対話の
セミナーに参加してください。

お申し込みは、→  <<こちら>>


また、8月30日(日)、名古屋の方々へ。一緒にランチしませんか?

お申し込みは、→  <<こちら>>


どうぞよろしくお願いいたします!

August 23, 2009

連チャン

昨日の午後は、「金の師匠」の豊島逸夫さん「長期投資
のプリンス」
の中野晴啓さんと日経マネー主催のセミナー
でご一緒しました。今年の春に大阪のセミナーで盛り上がった
三人ですが、今回も、かなり楽しませていただきました。

特にパネルでは中野さんがホワイトボードの前で熱く語った後、
司会のリードをお構いなしに、豊島さんと私が同時に「異議あり!」
とマイクを取りあったぐらいです。(本当は三人は仲が良いのです。
念のため。)主催者から来場された皆様へ抽選で三人の書籍の
プレゼントもあり、ご満足いただけたのではないかと思っています。

で、今日は、早朝の新幹線に乗って広島まで。また中野さんと
ご一緒です。(週末は、いつも一緒にいる「ナカノさん」って、
だ~れと、妻から怪しまれるのでないかとヒヤヒヤしています。
ナカノさんは前夜に広島に入っている、と妻に報告済み。) 3人目は、
三銃士」で、最近ではツイッター王の座を誇る藤野英人さん

それなりに金融業界で経験を積んできた三者ですが、良識な
個人投資家との対話では気づかされることがしばしばです。
今回は、「複利」に関してでした。

複利がいまひとつわからないという素朴な質問から発展した
議論ですが、確かに「単利」と比べると「複利」は

・ 見えない (単利のように画一的なリターンではなく、それぞれ
         が投資を開始した時点で異なる)

・ 効果が現れるのは先の話 (10年以降とか)

「複利」という話を一方的に申すことは、確かに金曜業界の
供給者の視点かもしれません。そもそも、「複利効果は価格が
上がるときはわかるけど、下がるときは?」という当たり前の
質問に、きちんと「刺さる」ような回答が用意できていないと
いうことが、本日の気づきでした。

広島の皆様、どうもありがとうございます!

August 22, 2009

パッシングされてない

私も参加したことある「日米イノベーターズ・プロジェクト。
日米の多様な参加者が集まる会合ですが、社会的意識が
高いというところでつながっていて、とても良い体験でした。

日本との接点がはじめての参加者も少なくないのですが、
彼らのようなアメリカ人が意図的に日本を「パッシング」
しているわけではなく、こちら側から呼びかけていなかった
だけ、という実態も浮かび上がってきます。

主催者のNYのJapan Societyには11月の「平成渡米
実業団
」のNY訪問の際にもいろいろとお世話になります!

August 21, 2009

「ななめ」の視点

宋文洲さんの視点は、示唆に富む内容が言論のスパイスで
活きてくるので、メルマガの愛読者の一人ですが、本日の
論長論短 No.96 は、特に良かったと思います。


「人を雇ったら給料を払うのは当然のことです。国民に
雇われた公務員がリーマ ンやAIGの幹部のような高給を
もらっている訳でもなく、中国の官僚のように 賄賂をもらう
人も少ないです。何かあったら「血税」どうのこうのを言われ
てもフェアではないと思います。あなたが毎日経営者から
「給料泥棒」と言われ たらどうなるでしょうか」

→ 私も、お知り合いの官僚のほととんどが優秀で、志の
   高い方々だと思っています。問題は、その能力と想い
   が組織の中に入ったときですが。。。


「中国食品が毒の塊のような世論が出来ていますが、
日本の単位面積の農薬使用量は世界で最も高いという
事実を知る人は少ないと思います」

→ 日本の農薬使用は高いと思っていましたが、、、確かに
  あまり知らされていないことですね。


「政治家がビジョンを示さないから夢が持てない」とよく
聞きますが、「国家ビジョンの下で夢を持つ」発想はまるで
戦前の日本と今の北朝鮮です。民主主義環境下の今、
もしそれが本音であれば実に恐ろしいことです」

→ 私も、「政治が日本のグランドデザインを描けない」
   と聞くと愕然とします。少なくとも、もし、自分たちが
   できなくて、他人にやってもらいたいのであれば、
   文句言うべきではありません。

宋さんのご視点は、自分のように日本社会を「内」からだけ
ではなく、「外」からだけでなく、「ななめ」から見ているから、
日本社会の同じ姿が見えるのかもしれません。

August 20, 2009

夢の壁を埋め尽くそう!

20090820_pictures夏休みの終盤を迎えていますが、
コンクールで子ども達が描いたハガキ
が集まりはじめています。

オフィスの壁が、子ども達が描いた夢で
埋め尽くされることを期待しています!

ドシドシ応募してくださいませ。

August 19, 2009

再会

アシスタントの地元の友人が、別の友達と共に遊びに来て
くれました。高校卒業来の23年ぶりの再会のようです。
飲み会では方言がうかがえ、話しが結構盛り上がっていた
様子。

帰りの地下鉄に降りるときの先方に、「ギャハハハ」と足元が
ふらついていた5人の女性たち。(ハイヒールで階段は危ない!)
まるで、23年ぶりの再会を楽しんでいたようでした。まァ、23年
前には、彼女たちは「オギャー」と泣いていたかもしれませんが。

自分がアメリカの高校を卒業してから30年。"See Ya !"と手を
振って別れた彼らたちは今頃、何をしているのでしょうか。

30年間の間、いろいろとありましたが、あっと言う間でもあり
ました。

August 18, 2009

これからの日本、、、

9月24日(木)の夜にセミナーを開催し、藤沢久美さんの司会
により、澤上篤人さんと私が、「これからの日本、いまからの
長期投資」
について、皆様と共にディスカッションします。
大勢の方々に、ぜひ、ご参加していただきたいイベントなので
どうぞよろしくお願いいたします!

お申し込みは、→    <<こちら>>

良い感じのCMを3つ作成しましたので、どうぞご覧になってください。

<


August 17, 2009

腰痛の処方

今日は、住宅情報の某雑誌の取材で「東京ライフスタイル」
について私見を語る機会をいただきました。

取材後に撮影が入りましたが、カメラマンの「笑顔がすばらしい
ですねぇ~」というモデルの気分を乗せる匠には、血液B型人間
として脱帽。いままで色々なカメラマンにお世話になりましたが、
トップクラスの方に間違いありません。結構、アイドル系の仕事を
されているようです。

ただ、「上半身だけ、こちらに寄せて、、、ハイッ」のときの自分
の「笑顔」は、実は涙の覆面。

先日のキャンプ場でのテント一泊のおかげでどうやら腰をやって
しまったようで、この二日間は、激痛に悩まされていたのでした。。 

てなことで、セッションを終えて席に戻ったときに、鎌倉投信
鎌田さんと新井さんがお越しいらっしゃていました。現在、準備中
の新たな「独立系投信会社」です。

話に盛り上がり、お帰りをお引止めしてしまって、ワインで杯を
交わしました。やっぱり、独立系投信の方々とお話をすると、
とても楽しいのです。

気がついたら、腰痛まで吹き飛んでいました。

August 16, 2009

最高なランチ

20090816_lunch_2今夏の最高なランチを
楽しむことができました。

標高2000Mの長野県の高原。
ビジターセンターのテラスですが
メニューと味がかなり良かったです。

夏一の晴天にも恵まれ、涼しい
山の空気でおいしいランチでした。

お盆の終盤のせいか、車では山の
反対側を下れないのか、空いていて
快適でした。ちょっと穴場的、絶景なロケーション。
20090816_takatune_2

August 15, 2009

記念日はキャンプ場で

山梨県のキャンプ場のテントで一泊しました。
20090815_camp2
あんまり、寝心地が良い訳ではなく、いま、結構
腰が痛く、深夜はテントの外で小動物(狸?、、、
熊じゃないと思いますが)が、ごそごそ動いていた
ので、かなり寝不足でした。
20090815_camp1
でも、野外のバーベキューは最高でした。
キャンプ場の初心者コースで用意してくれたお肉は
結構おいしかったし、皮ごと真っ黒けに焼いた
とうもころしが甘くておいしく、ビールが進みました。

あ、それで、結婚記念日でした。10年前にまさか、
10年後の朝をキャンプ場で迎えているとは想像を
超えましたが。

August 14, 2009

何のため、生きているのか

20090814_design
ちょっとドキッとするタイトルの本ですが、
内容は、いかに私たちが生きるべきか
という考え方(デザイン)を示してくれます。

 デザインと死

著者の黒川雅之さんとは、5年ぐらい
前に経済同友会が委員会の講師と
してお招きしたときにお知り合いに
なったご縁があります。

コモンズを立ち上げた際にありがたく
ご協力してくださたった方々は多々
いらっしゃいますが、思想的に自分が
影響を受けて、参考にしている運用会社
や金融機関はほとんど存在していません。

ただ、建築家・プロダクトデザイナーの黒川さん
黒川紀章の実弟)の「哲学」や「思想」には感銘を受けて、
これは運用会社に表現したいと思い立ったのは
コモンズの起源のひとつです。

本書からいくつか引用させていただくと:

Continue reading "何のため、生きているのか" »

August 13, 2009

不敗のすすめ

20090813_fuhai_1_2「勝ち」・「負け」というデジタル的な関係に
「不敗」という中庸的な考えが参考になります。

私の中国古典の「師匠」の守屋淳さんの新作
『「勝ち」より「不敗」をめざしなさい』です。

古典という堅苦しい内容ではなく、守屋さんの
やわらかい口調で、孫子、孔子、孟子、老子
の思想が私たちの日常生活にも応用できる
気づきを提供してくれます。

8月末までに、コモンズの口座開設申込み及び
スポット入金を頂いた方の中から抽選で15名に、
プレゼントします!

August 12, 2009

縄文時代@御代田

いつも素通りしていて気になっていた浅間縄文ミュージアム
に立ち寄りました。縄文時代が10万年+前から3000年前
という想像を超える長い時であったとは、ちょっとびっくり。

弥生時代との境がはっきりしていないようですが、いずれ
とてつもない長い間、「日本人」は、石器時代の生活を送って
いたのですね。土石のお面とか見ると、人類が共通するもの
を感じます。

そう考えると、私たちがいま考える日本の「常識」なんて
歴史的には、まだまだ一瞬の異分子なんですね。

ミュージアムと隣接している御代田町立図書館フレンドリー
ライブラリー
。なかなかレベルが高かったです。駐車場の
スペースも十分あるし。そう考えると東京都内でのライフ
スタイル(常識)より豊かさを感じます。

August 11, 2009

第6回目SEEDCapの公募

2004年から社会起業家へのシード資金を提供している
SEEDCap(社会起業家育成支援プログラム)の第6回目
を公募します。

ご関心がある社会起業家の方々は、ぜひ、<詳細>
ご参照いただき、応募してみてください!

第一回目の助成先で、日本の社会起業家のロールモデル
であるフローレンスの駒崎弘樹さんのブログでもご紹介を
いただきました。駒崎さん、どうもありがとうございます!

本プログラムは、シブサワ・アンド・カンパニーのビジネス
パートナーであったVoyager Managementが運用していた
ヘッジファンドのファンド・オフ・ファンズの成功報酬の10%を
寄付してもらい助成金の原資を確保しました。

成功報酬なので、運用パフォーマンスが万が一マイナスの
場合でもプログラムが継続できるように、年度に生じた原資を
1回分(3年の助成期間)蓄えておきました。

ところが、2008年の金融危機で、Voyagerに運用していた日本の
機関投資家の方々が全て2008年末に解約してしまったので、
原資の大元になる資金がなくなってしまったのです。

ということで、2008年を最後に1回分(2009年)で多くの関係者の
ご協力によって立ち上げたSEEDCapは、短い歴史を閉じることに
なります。とても、残念ですが、社会起業家を支援するプログラム
という意味では、今まで日本ではなかった試みだったと思います。

この経験を、ぜひ、コモンズ30ファンドにSEEDCap II として活かし
たいと思っています。こちらでは、信託報酬の1%を寄付するプログラム
ですが、成功報酬ではなく、ファンドの残高から生じる収入なので、
原資の安定性があります。

ただ、現在ではファンドの規模が小さいので、同じぐらいのスケールの
プログラムに成長するまで、ちょっと時間がかかりそうです。そういう
意味でも、多くの日本人に賛同してもらって育てていただきたいファンド
です。これからの日本、今からのチェンジメーカーを応援したいのです。

10月6日(火)の夜に、社会起業家フォーラムをコモンズが主催します。
現在、詳細を詰めていますが、結構、面白いプログラムになると思い
ますので、ご関心がある方々はご予定を空けておいてください。

August 10, 2009

電車の日

綾部から京都。
京都から名古屋。
名古屋から長野。
長野から軽井沢。

今日は、12時ちょっと前から7時過ぎまで、電車を
乗り継ぎながら移動しました。

京都から東京、東京から軽井沢のルートの方が
早かったのですが、せっかくですから、ちょっと違う
風景を楽しもうと。

都会や街を見ると電信柱などが目立ちますが、日本は、
やはり、山と緑の国なんですね。

August 09, 2009

雨の日の恵み

今日の綾部は雨。

縁側に腰をかけて読書しています。

目の前には様々な緑色の森が広がり、
山にもやがかかっています。

数種類のセミが鳴き、小川の音が心を
癒やしてくれます。

雨は小降りになり、空気がしっとり
としています。

雨だと、外の活動ができなくなるのですが、
身動きがとれないと嘆くのではなく、
「休み」という恵みに私たちは気づく
べきですね。

August 08, 2009

予定無し

やはり、携帯しかつながらず。

でも、まったく予定が入っていない日を
過ごしていられるのは、すごく贅沢。

早朝の森の散歩で、しっとりとした
マイナスイオンに包まれて。
小川で小魚をとり、池でカエルを捕まえ。
風呂のために火を起こし、薪割りも体験。

明日も同じことしょうかな。

でも、予定をしとくことは、止めよう。

August 07, 2009

新幹線からの車窓

今日から数日間、綾部吉水で里山ライフを体験します。
藁葺き古民家がお宿になっていて、興味津々です。

街にあるものはほとんどないらしいです。携帯はつながる
ようですが、ワイアレスでのインターネットは、ダメでしょうね。

新幹線で京都経由の旅です。

車窓から見ると、どの街でもほとんど避けることができない
のが電線と電信柱。私たちの日常生活で慣れているので、
気にならない人もいるのかもしれませんが、気になると本当に
苛立ちます。

自然と共生することを尊ぶ日本人ですが、なぜ、景況をもっと
大切にしないのでしょう。21世紀の先進国のあるべきモデルを
示さなければならないのに、いくら「エコ」と主張しても、これでは
あまり信憑性がないですね。

脱電信柱党があったら、絶対に票を入れるな。

August 06, 2009

ダイバシティーに必要な軸

某京都企業の説明会に出席した後に、「反省会」で
社長と幹部の方々とビールのグラスを傾ける機会を
いただきました。

海外企業を買収した後に、どのように社風を伝達する
のかとお伺いしたところ、時間をかけて、京都の奥の
深さを感じてもらうということでした。

複数の事業分野を複数の国で展開する会社ですが、
このマトリックスのマネージするのは、他国籍の幹部
たち。しかし、徒に「グローバル化」するのではなく、
あくまでも、コーポレート・カルチャーは「京都」という軸
をお持ちのようです。

多様な「ダイバシティー」を運営する際には、確かに
「軸」がなければ、目線がバラバラになってしまいます。

やはり、奥が深そうな経営思想で、無限的な魅力を
感じます。

August 05, 2009

夏やすみ

早朝から午前中は千葉のTDL。行列に並びましたが、前回と
比べると、効率的に回ることができました。でも、暑かったァ。

午後は、都内の区役所。印鑑証明書の取り寄せ。自働交付機
の仕組みもあるようですが、そもそも不思議な制度です。

そして、夜は横浜のスタジアム。先日の神宮球場より、やや
小さめに見えますが、こちらのの方が食べ物が充実している
と思いました。

かなり、ヘトヘトです。これって、夏「休み」になっているのか。

August 04, 2009

楽しい長期投資の仲間

今日は、某機関投資家の長期投資グループとの勉強会。
先方のオフィスで、真面目に?、長期投資に関する課題を
ビールを片手に議論しました。

その後は、夕食会へと。

独立系運用会社であろうと、機関投資家であろうと、長期投資に
携わる人たちの共通点は、
①話が、「長期答弁者」になること
②話が、多方面で盛り上がって楽しいこと
です。

いや~、、熱いです。

なんで、長期投資なのに、「平均」を追うインデックス投資に満足
できるのか。

そもそも、他とまったく同じ条件(たとえばリスク許容度)で、なんで、
自分だけが超過収益(アルファ)を得られると思っている機関投資家
や年金基金が多いのか。

など、共感するところが多いです。

組織の枠を超えて、理屈など抜きで、何より、一緒に長期投資を語り
ながら、いろいろな話をして飲むと楽しいです。定期的に行う会合に
なると、グラスを傾けながら決定しましたが、次回が楽しみです。

August 03, 2009

熱いセミナーのご案内

8月22日(土)の14時~17時に日経マネー主催セミナー
【ここからチャンスをつかむ!長期投資のススメ】
ワールド ゴールド カウンシル日韓地域代表の豊島逸夫さん
とセゾン投信社長の中野晴啓さんと登壇します。

数ヶ月前に大阪でご一緒したゴールデン?トリオですが、
金と長期投資のトークセッションの再開が楽しみです!

定員まであともう少しのようなので、ご関心がある方々は
お早めにお申し込みください。 → こちらで 
小生の減量努力がご評価されていない写真をご覧いただけます。

また、ちょっと先の話ですが、9月24日(木) 18:45 ~ 20:45に
【これからの日本、いまからの長期投資】というテーマで、
司会は、シンクタンク・ソフィアバンク副代表の藤沢久美さん 
にお願いして、さわかみ投信社長の澤上篤人さんと共にに
熱く想いを語る予定です。

20090803_cm_shot

お申込は、→ こちら
 
今日は、インターネットで流す
予定の告知「CM」を撮影。

プロデュース担当のKが汗を
垂れ流し、セミに激突され、
蚊とバトルした労作になります。

ご期待ください!

August 02, 2009

シンクロニシティ

20090802tasaka_2
自分のいまの考え方に至るきっかけを与えて
くださり、思想的シンクロニシティを感じる方々
が数名いらっしゃいますが、そのお一人の
田坂広志さんが新しい書籍を出版されました。

目に見えない資本主義

.
実は、コモンズ投信のひとつの起源に田坂さんから5年ぐらい前に
ご教示いただいた「機械論vs生命論」があります。

今回、刊行された書籍は、コモンズのために書いてくださったのか
と思うほど同じ目線の内容です。びっくりしました。

コモンズでいう
「見えない資産」、「見えない価値」 が
⇒ 「見えない資本主義」、「見えない価値」
に本書ではなっています。

30年投資は、「ナレッジ共感資本主義」と位置づけていますが
⇒田坂さんは、「知識経済」から「共感経済」。

コモンズは、対話を通じる「参加型投信」ですが
⇒田坂さんは、「参加型経済」。

また、最近では、「成長」という一神教的な20世紀モデルは、
21世紀に通用しないのではないかと考えを整理中ですが、
田坂さんは「無限成長経済」から「地球環境経済」へと提唱
されています。

寄付行為は、超長期資本を社会に還元するため、コモンズ投信
の本業としていますが、田坂さんは「社会貢献と利益追求を統合
していた日本企業」とご指摘されています。

コモンズは30年後でも繁栄していると期待できる日本企業に
今から投資していますが、田坂さんは「日本型経営が復活」と
予見されています。

コモンズは、30年後の社会をつくるために、今日から少しでも
動ける人たちとの出会いを楽しみにしておりますが、田坂さんは
「幸福感」とは「人々が、社会の変革に『参加』しているときである」
と提唱されています。

9月に刊行予定の私の新書と読み比べていただければ、かなり
内容のシンクロニシティを感じていただけると思います。 やはり、
現在は、時代潮流の変化の「ゆらぎ」なのでしょう。

August 01, 2009

ベースボールか、野球か

20090801_ballgameひさしぶりのプロ野球観戦。
応援していたヤクルトが4対2
の逆転で中日を下しました。

ただ、日本の野球を見て、
いつも思うのですが、バントが
多いですね。確率的に賢い
戦略なのかもしれませんが、
見ていてわくわくしません。

8回の裏、ノーアウト二塁。
次のバッターがバントの構え
をしたとき、がっかりしました。

結果的に、フィルダースチョイスで一、三塁になり、
次のバッターで 同点が入りましたが。。。
たぶん、メジャーだったら、この状況でせこくバント
を指示する監督はいないでしょうね。

1アウト二塁で、外人助っ人のデントナ選手が初球
を捕らえてホームラン逆転。これは、見ていて気持ち
が良かったです!ベースボールと野球の違いでしょうか。

« July 2009 | Main | September 2009 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave