« August 2009 | Main | October 2009 »

September 30, 2009

コモンズ30塾―HORIBA編

今日のコモンズ30塾は、堀場製作所をお招きしました。
設立からの変革の歩みで、現在4つの「測る」事業部門
・分析システム機器
・自動車計測システム機器
・半導体システム機器
・医用システム機器
に展開しているというごお話をお伺いしました。

20090930_horiba塾の冒頭では「ホリクエ I X 」という
Q&Aを実施してみました。

HORIBAの社是の「おもしろおかしく」
が特製お土産のドラ焼きに・・・・
20090930_horiba1_2
20090930_horiba2

.

.

.

.

.

.

質疑応答のトークセッションも活発!


ツイッターの活用も試してみました。


September 29, 2009

代謝が高まる

20090929hot「お昼、何にする?」
という掛け声に、
「どこでも良いです」と答えて
くれる、会社のやさしい仲間。

でも、ここ、というと笑顔の端に、
やや緊張感が走る・・・・

すごく、辛いのです。

けれど、すごく、好きなのです。
ここの、麻辣刀削麺。

代謝が高まりますよ。。。!

で、皆に迷惑をかけるので、今日は、外出の帰りの際に
ランチで一人で店に入って、楽しく、汗をかいていたら、、
某経営者の勉強会でお世話になっていた事務局の方が
フラッと入ってきて、目撃されてしまいました!
私の「隠れ場」と思っていたのに。。。

ご関心がある方は、ご案内しましすよ。

September 28, 2009

心のアーカイブ

私が日本社会に復帰した新社会人の時代の先輩が
お亡くなりになったという連絡が入りました。

急なお知らせだったので、言葉にもなりません。

明太子を最初に紹介してくれたのは、博多ご出身の
先輩。たくさん美味しいお酒をご一緒させてもらいました。
母校の近くの居酒屋に連れて行ってもらい、はじめて
口にした香ばしい「たる酒」。まだ、あのお店はあるの
でしょうか。

皿に匂いが付いただけで、他のものが食べられないと
いうほどキュウリの大苦手の人がいるんだ、ということ
も教えてくれました。

先輩のパッションは、歴史資料のアーカイブ化。このような
歴史記録が公開され、このように検索できる仕組みを構築
できたと、何年前に最後お会いしたときに、楽しそうに、熱く、
語ってくれました。

大男で、学生時代は合気道の選手。喧嘩したら、負ける
ことないでしょうが、いつも笑顔で温厚な性格。55歳で短い
人生を終えた先輩ですが、笑顔は自分の心のアーカイブに
しっかりと収まっています。

安らかにお眠りください。

September 27, 2009

深夜の飛行場

結構、飛行場が好きです。

飛行機が飛び立ったり、着陸したり。いろいろな人々が、
いろいろな所に行ったり、帰ってきたり。ちょっとわくわく
します。

でも、なんで、駅だとわくわくしないのだろう。飛行機と
違って、電車だと「飛躍」を感じないから?

しかし、深夜の羽田は最終便が集中して、かなり込む
のですね。みんな急いで帰ろうとしているから、さすがに
わくわく感はなかったですが。。

September 26, 2009

君子の経営

20090926mag_200910
ハーバード・ビジネス・レビュー10月号
の特集「論語の経営学」
はお勧めです。
論語のエッセンスがわかりやすく解説
してあります。英語版でも出てほしい
内容です。

「子の曰く、君子はこれを己に求む。
 小人はこれを人に求む。」 確かに、
仕事の日常生活で、気をつけないと陥りやすいことですね。

論語と算盤」の紹介もありますし、中曽根元総理と論語の
インタビューも興味深いです。「現在のような大転換の時代には
<中略>新しい人材が混乱のなかで鍛えられ磨かれて育ってくる」

September 25, 2009

資本主義のイノベーション

同友会でご一緒にしている方々との夕食会の議論で
ふと思いついたのですが、「市場型資本主義」を、その
枠内で語っても、新たな資本主義のあり方の姿は浮き
上がってこないでしょうね。

なぜなら、「価格」というマーケットプライスでの視点に
縛られてしまうから。

価格は、そのときそのときに付いた値。つまり、時間軸が
ありません。

一方、「価値」は多様性に富み、時間軸も含むと思います。

そういう意味で、社会起業という価値観は、いままでの
常識の隅っこにある存在ではなく、これからの資本主義の
あり方を示唆するイノベーションという見方もできます。

という考えに関心を覚えるようでしたら、ぜひ、10月6日の
フォーラム
にご参加してみてください! 何かヒントを得る
ことができるかもしれません。

September 24, 2009

重いと想い

この人と出合っていなければ、投信の仕事に携わること
なかったという方とのトークセッションを行いました。
さわかみ投信の澤上さんです。

司会は、お忙しいところ、藤沢久美さんにお願いしましたが、
さすがインタビューの達人です。絶妙に突っついてくれる
ので、ボロボロしゃべってしまいます。

いや~、期待を裏切らず、登壇者たちは楽しませていただき
ました!もちろん、打ち合わせは一切無しのぶっつけ本番。
そのほうが生の声を送ることができたのではないでしょうか。
会場からも活発な質疑をいただき、うれしかったです。やや
誤解されているところもあるなァという発見もあり、きちんと
説明する機会ができてありがたかったです。

澤上さんとは、何回もご一緒に登壇していますが、本日の
最後のお言葉が附に落ちました。「与っているお金の重み」

5億円といえば、自分が新人トレーダーとして最初に任された
金額。そういう意味では、組織的には重みがないお金でした。

ただ、仲間達と投信を立ち上げ、我々が目指している30年
投資に共感していただき、北海道から沖縄まで日本全国の
皆様の期待を託されたお金と考えると、同じ金額でも遙かに
重い。それも、良い意味での重みです。

ヘッジファンド時代に、電話の一言や端末のワンタッチで
動かしていた100億~1000億円単位のお金。それなりの
責任を感じましたが、そのお金は、自分の大ボスの実績と
信頼によって集まってきたお金。そういう意味では、個人的に
ありがたみを感じるお金とはいえませんでした。

比べると、いまのお金は滴【しずく】のような金額ですが、
ポタポタ垂れているだけでも、ありがたみをひしひしと感じます。
これもよい意味で「重い」。この「想い」を大切にしたいです。

September 23, 2009

タイム・カプセル

金融商品のマーケティングに、「お得」であることを演出
する切り口が多いです。ストレートな表現は使えない
でしょうが、つまり、「儲かりまっせ」ということです。

それも、ほとんどの場合、目先の儲け。
狩猟民族的にいえば、高度成長のテーマに乗る値上がり。
農耕民族的にいえば、毎月分配型。

いずれ、収益の再投資で長期的な複利効果を目指す
30年投資には適切ではないマーケティングの切り口。

保険のマーケティングのように将来の「不安」に対して
「安全・安心」を確保するという切り口があります。年金
制度の将来が問われているので、30年目線で蓄えて
おきましょう、と。

ただ、不安へのソリューションという位置付けより、
「いまの喜び」や「将来への期待」をタイム・カプセル
に収めているという視点のほうが、個人的にはストン
とこころに落ます。振り返ってみたときに、あのときの
自分という宝物を、自分自身、あるいは子どもや孫に
挙げたいのですが、いかがでしょうか。

September 22, 2009

渋滞

連休の殺人的な渋滞を避けようと、八ヶ岳から午前中に
離れましたが、結局、中央高速道路の「断片的」な渋滞
にはまりました。

基本的に、長い坂を上りきったところに右側の追い越し線
が合流して、すぐにトンネルがある、という実態による
「自然渋滞」でしたが。ま、設計ミスですね。

夜のニュースでは、渋滞がかなりひどくなっていたという
報道で、ちょっとは救われた?感じがしました。

しかし、いったいどのよう「渋滞予想」って決めるんでしょうね。
「前例」というデータに基づいたものであれば、当然、その
裏をかくような行動も出てくるし、連休パターンも変わったし、
意味あるのでしょうか。極めて主観的な予想になってしまうと
思うのですが。

September 21, 2009

清泉寮に泊まる

20090922_seisenryo清里の清泉寮は、我が家の定番
スポットのひとつですが、ここのソフト
クリームとホットドッグは、絶品。

今日は、はじめてここに宿泊します。
1938年に米国人のポール・ラッシュ
博士
によって設立された施設ですが、
「明日への希望」のための「モデル農産
コミュニティ」を目指した試みでした。
部屋には聖書が置いてあります。

最近、このエリアの商業化も進み、
清泉寮にも新館が建てられましたが、
我が家が泊まるのは旧館の和室で
トイレやお風呂は共同です。ただ、12畳あるので、かなり、
ゆったりしています。昨夜のキャンプと比べると4倍ぐらいの
スペースで今日は眠れます。

食事が、結構おいしいかったです。特に、生野菜が最高!

September 20, 2009

リラックス

渋滞にはまっているときは、「何でー...」という感じでしたが、
山の中でバーベキューして、テントの下でくつろぐのも良い
ですねぇ。。!

何で「燃やす」という行為に、これほど楽しみを感じるのでしょうか?
20090921_fire

結構、良い感じでリラックスしてます。

腰は痛いですが。。。

September 19, 2009

いっちゃいました、再び

また、やってしまいました。

公園で子供たちとキャッチしているときに
調子に乗って、遠い球を放ったら。。。
腰も一緒に行ってしまいました。

で、明日はナント、そもそも腰痛の震源地
となったキャンプ場に再び行く予定なのです。。。

September 18, 2009

季節の節目

この数年間、財界の会合でもクールビズが定着していますが、
今日は何気なくひさしぶりにネクタイをして出席したら、他の
方々のほとんどもネクタイをしていました。季節の節目で
なんとなく、空気で感じるものがあったんですかね。

しかし、今日は、長い一日。朝からずっと会合や面会が
相次ぎ、ちょっときつかったですね。連休前で良かったです。
皆様もどうぞごゆっくり休養されてください。

September 17, 2009

滴から大河から滴へ

ジャック・アタリさんが経済同友会の会員への講演。グローバル
資本主義には、グローバル・ルール、そしてグローバル
民主主義が必要という話をされました。質疑応答では
お知り合いの経営者が龍著なフランス語で質問されて、
びっくり。「フランス人にフランス語で質問すると、答えの
ニュアンスが違うんだ」とか。

講演の後は、アタリさんとPlaNet Financeの日本活動
などについてお話する機会をいただきました。(もちろん
フランス語ではなく、英語で。。。。)

30年投資のこともちょっとご説明したら、すぐに、わかって
くれました。Very Interestingとアタリさんから評価して
いただけるとは、感激!

日本の「滴」からの「大河」が、途上国への「滴」となり
貧困問題に貢献できる流れもつくりたいですね。

September 16, 2009

アタリさん

ミッテランの側近と言われたフランスの経済学者の
ジャック・アタリさんを歓迎する晩餐会にフランス大使
公邸で参列しました。

あるご縁でアタリさんが設立されたPlanetFinance
というマイクロファイナンス支援NPOの日本活動を
理事としてお手伝いすることになり、その関係で
招かれたのですが、同友会にもつなぐこともできた
ので、明日は講演していただく予定です。

結構、頭が良い人のようですね。。。
話もお上手。(フランス語、まったくわかりませんが)

September 15, 2009

また、やっちゃいました・・・

日本の最高学歴が小学二年生の私の書きものは誤字が
多いのですが、今回の新書でも見つかりました・・・・

pg162 信託会社は「委託者」→ 「受託者」
      運用会社を「受託者」→ 「委託者」

「投信」は、証券投資信託委託の略語ですからねー。。。

関係者の皆様、どうぞお許しください。

September 14, 2009

疑似マネーから公的バブルへ

デリバティブや証券化商品を「疑似」マネーという人もいます。

「リアル」マネー ⇒ 現金が政府の信用の元で発行されている
ものだとすると、疑似マネーは、民間同士の信用で発行されて
いるもの。 この信用が去年のショックで崩れ去ったのです。

リアルマネーの量を調整するのが中央銀行の役目ですが、
疑似マネーの量を政府機関が調整することは、統制社会に
しない限り、難しいですね。

疑似マネーは「ウォール街が起こしたバブル」と批判する人も
少なくなく、現物の総額と比べると確かに疑似マネーの残高は
すごいものがある。

ただ、バブルを批判するのであれば、いま起こっていることは
「政府が起こしたバブル」ともいえます。緊急措置という人が
いますが、ヘリコプターマネーや「穴を掘って、埋める」財政
出動は、公的バブルに間違いないでしょう。

バブルによってウォール街の一角が破綻すれば、大変なことに
なることはわかりましたが、バブルによって政府の一角が破綻
してしまうと。。。 これは○○○年に一回の危機では収まらない
危険性を抱えていますね。

今日は、やや難しい話になってしまいましたが、ある研究会の
定例朝食会の話で刺激されて。。。

September 12, 2009

モデルが違うと・・・

今日は、渋沢史料館の「テーマ展シリーズ“平和を考える”」
の関連事業として「渡米実業団100周年~渋沢栄一と民間
経済外交~」というミニシンポジウムが行われ、雨で足元が
悪いところ大勢の方々に来場いただきました。どうもありがとう
ございます。

100年前に実施された民間初の大型視察団に、私たちが
いま学ぶべきことは何か・・「平和」とは何か・・というテーマで
トークセッションを実施しました。

ところで、文藝春秋の「秋の100冊」のキャンペーンポスター
のロケに史料館の青淵文庫(せいえんぶんこ)と晩香廬
(ばんこうろ)を使ってもらいました。自分が何回も撮影して
もらっているところですが、モデルが違うと、これほど出来栄え
が違うのかということを知らされた次第です。。。。

September 11, 2009

おもしろおかしく対話

今月のコモンズ30塾には、投資先の堀場製作所
お招きし、CIOの吉野とトークセッションを実施します。

HORIBAという会社の名前は良く聞くけど、何をしている
会社であるか、あまり知らない。。。という方々は少なく
ないでしょう。そういう方々にピッタリのセミナーです。

自動車計測システム機器のトップシェアを持つ会社
ですが、その「測る」というコア技術を応用して、医用
機器
にもギアシフトを行っています。

このようなお堅い分野なのに「おもしろおかしく」を
モットーとする、企業文化が濃くて、確かに面白い
会社です。この機会に、是非、HORIBAとの対話を
楽しんでください。

お申し込みは → <<こちら>> ←

September 10, 2009

深谷

ご先祖の故郷の深谷に行ってきました。

花園中学校での講義を頼まれていて、教室をイメージ
していたら、全学年でした。田舎の校庭は広いですねえ〜!
20090910_fukaya001

子供たちへのメッセージは、一人ひとりの滴(しずく)としての
変革でしたが、伝わったようであればうれしいです。
20090910_fukay

その後、ご先祖の生家を見学してから、今度は市内の校長先生
およびPTA,教育委員会の方々への講演。 30年前の自分は
高校三年生。まさか自分が30年後に教育者の方々の前で、
講演をしているとは、夢にも思っていませんでした。

懇親会でも私を暖かく囲んでくれた深谷の皆さまには大感謝。
「しょっちゅう」お伺いするお約束したので、次回を楽しみしています!

September 09, 2009

30年後の未来

夏の絵画コンクールの応募してくださった皆様、どうも
ありがとうございます!

子どもの夢は順位がないため、当選者は抽選で決定
されます。全作品はコモンズのサイトでも掲載されます
ので、そちらでも楽しんでください。大勢の皆さんに、
なるべく早くご披露したかったので、ここでは取り急ぎ
スライドショーでご覧ください。

子どもには夢を見る「権利」があります。しかし、それは
大人でも同じ。みんなの夢を表現できる世の中にしましょう。

September 08, 2009

12人の社会起業家

10月6日の社会起業家フォーラムのラインアップが決まりました!

今回は、通常のパネル&質疑応答の形式を取らず、なるべく
短く【6分】、熱く【いま、想っていることを】スピーカーたちに次々と
語っていただき、休憩時間やフォーラム時間の前後を来場された
方々がスピーカーや自分達同士で歓談できるように設定しました。
はじめての試みですが、面白いフォーラムになると期待しています。

20091006socent

  <<お申し込みページ>>

ラインアップの詳細は、次のページへ。
予告編の動画スライドショーもどうぞ!

Continue reading "12人の社会起業家" »

September 07, 2009

スローライフ@Ayabe YOSHIMIZU

6月下旬のウイークエンドセミナーでお世話になった
吉水の中川さん
のお話しをお伺い、8月に綾部吉水
お邪魔しました。日程がまったく入っていないスロー
ライフを、数日間だけでしたが、味合うことができて
とても贅沢な『時間』と『空間』をお陰さまで過ごすことが
できました。また、綾部吉水の『人間』が暖かくて、こころから
リラックスできます。

その後、日常生活に戻ると、バタバタしてしまいましたが、
やっと、あのとき味わった気持ちの一部をスライドショーに
納めることができたました。

September 06, 2009

やはり、「所有」か

どうでもいい話ですが。。。

妻は、ナメクジが「気持ち悪い」と嫌っています。
でも、カタツムリは「かわいい」らしいです。

ナメクジは、カタツムリと比べて、貝殻という避難所を
必要としない、進化した生物のように見えますが、やはり、
「所有」している方が、魅力的に見える本能をくすぐる
のでしょうか。誰も、ナメクジの歌を唄ってくれませんね。

September 05, 2009

相変わらずのよう

最近、風がさわやかになってきて、季節の変わり目を
感じることができます。

「発表」か「憶測」かわかりませんが、この数日間に
出てきてる鳩山政権の人事。。。こちらには何も変わり
目を感じることができない、相変わらずの永田町の
理屈で動いているようですね。

あんまり期待できないとそもそも思っていたのですが、、、
そのとおりになるとは、何とも残念。

September 04, 2009

カバーが変わったが、内容が同じ?

テレビ番組で民主党の某議員が司会の質問をテキパキと
答えていたので、これからますます出てくる人なのかなァと
思っていたところ、「それは、選挙の前では言えなかった」
と思わず本音がポロリ。

高速道路無料化についての質問でしたが、司会がやさしくて
良かったですねェ。ちょっとイジワルな司会であれば、「他に
何を言えなかったのですか?選挙の前では??」と突っ込んだ
でしょう。

また、新しい与党の三役や政権の重要ポストの人事の最初の
ページがめくられると、「アレ、この物語は、もう何回も読んだ」
という感じがします。

内容が同じで、カバーだけが変わったということにならない
ように願っているのですが。。。。永田町に新しい風を吹き
込んだ国民の期待に背を向けないでください。

September 03, 2009

チャレンジャーたちのコモングラウンド

営利・非営利の分野に問わず、社会に必要な変革を「お上」や
政治に任せるだけではなく、自ら立ち上がって事業を起こす
チャレンジャーが「社会起業家」です。

まさに「チェンジ・メーカー」である彼らを招いて、いま、一番熱く
想っていることを語ってもらうセミナーをコモンズで企画しています。
訴えたいことがたくさんある方々なので、通常時間内に抑えることは
と・て・も難しと承知していますが、このような形式にチャレンジします。

前半 6名 X 6分
休憩 30分
後半 6名 X 6分
イベントの前後もフリータイムを設けたいと思っています。

通常のパネル+質疑応答のパターンからブレイクアウトしたく、
来場される皆さん同士とスピーカーとの対話を促すような
コモングランド(共有地)を提供する試みです。

現在のラインアップは、下記のとおりです。以前から仲良くさせて
いただいている方々もいらっしゃれば、初めてお会いする方々も
いらっしゃるので、とても楽しみです。

荻原国啓   ピースマインド 代表取締役社長
小松真実   ミュージックセキュリティーズ 代表取締役社長
佐藤大吾   チャリティプラットフォーム 理事長
竹本吉輝   トビムシ 代表取締役社長
土井香苗   Human Rights Watch 日本代表
長岡秀貴   侍学園スクオーラ・今人 理事長
林民子    ソーシャル コンシェルジュ 主宰
村田早耶香  かものはしプロジェクト 共同代表
& 私

来週には、スピーカーのラインアップを確定したいです。
お申し込みは ↓↓ こちら ↓↓ ←
「これからの日本、いまからの社会的イノベーション」

チャレンジャーの皆様のご参加をお待ちしております!

September 02, 2009

大変ぶしつけながら・・・

20090902_book
新書の予約購入キャンペーン
を実施しています。

特典は、、、う~ん、、、
→ <<こちら>> ←
をご参照。

エントリーいただければうれしいです!

September 01, 2009

少し

長期投資に賛同しながらも、すぐに目に見える「結果」
や「実績」を「誰か」に求める社会風土が気になります。

「自己責任」という表現は使われすぎ好きでありませんが、
やはり、「自己」が少しでも動かなければ「結果」などあり
得ないという意識改革が必要ですね。

未来は、机上の理屈ではなく、自分たち一人一人の
行動でつくるものなのです。

「お祭り」のワッショイ気分で担がれるのも、たまには良い
のでしょうが、自分で少し考えて、少し行動できる人が、
少ししかいない日本が少し心配。。。

« August 2009 | Main | October 2009 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave