« 投資家のおかげのパフォーマンス | Main | いのちのクリック »

December 10, 2009

アニュアルリポート

今日は、日経アニュアルリポートアワァード審査会。
新委員として初めて参加しましたが、同じリポートの
評価でも、様々な視点や好みがあって、とても良い
勉強になりました。

結果発表は、月末の日経ヴェリタスと日経新聞朝刊
に掲載される予定です。

自分を長期投資を目線とした一般投資家の視点の
代表と位置付けましたので、平易な言葉づかい、
わかりやすく、かつ、魅力的なレイアウトを重視しました。

リポートの刊行のタイミングは年度末から半年以上かかり
ます。そのときそのときの財務的な情報を把握するため
の情報ソースではなく、中長期的な視野で、会社の方向性
について経営者がきちんと自分の言葉で語っているのかが
大事なポイントだと思います。

また、社外取締役など「外部」の声を重視しているか。一部、
とても良い例がありましたが、全体的には、もっと工夫の余地
があると思いました。

英語のレポートしか作成しない会社も少なくないのですが、
これは、「Annual Reportは外国人投資家向け」という
メッセージが明らかなので、私にとってはマイナス点数。

本来、アニュアルリポートとは、株主へのコミュニケーション
ツールだけではなく、内外のステークホルーダー全員へ
メッセージを伝える媒体であるという認識が企業側に高まって
ほしいと思います。

そういう意味では、アニュアルリポートとCSRレポートの統合化
の動きがありますが、長期的な企業価値の創造に期待をかける
「30年投資」では、大歓迎。もっと傾向として現れてほしいです。

一方、コスト削減で、アニュアルリポートを冊子ではなく、サイトで
ダウンロ―ドできる形式に変更している企業もありますが、これも、
結構クリアなメッセージを送ってると思います。ステークホルーダー
へのコミュニケーションの順位は、それほど高くない、と。
ダメダメ点ですね。

« 投資家のおかげのパフォーマンス | Main | いのちのクリック »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アニュアルリポート:

« 投資家のおかげのパフォーマンス | Main | いのちのクリック »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2