« SVP東京 | Main | 第六回SEEDCap審査会 »

December 13, 2009

目を伏せないで

今日の「坂の上の雲」のシーンで、日本国の軍艦と比べて
清国の軍艦の方が大きくて強力であるが、東郷提督が
艦内で清の水兵が賭け事したりやラーメンをすすっている
だらしない姿を見て、大事なのは外面ではなく、「人」なんだ
というような台詞がありました。

当時、本当に、日本国と清国の兵にこれほど差があったか
わかりませんが、このシーンは、いまの日中の関係に暗示
をかけたかったのかと考えさせられました。

このようなシーンは本にはありません。本では「長崎に寄港
したが、上陸した兵員に軍規がなく、艦隊の威をかりて市民
に乱暴をはたらいたり、物品を強奪するという事件が多発した」
でした。だらしない水兵シーンは、番組終了後に放送された
NHKスペシャルの「中国パワー」との意図的な兼ね合い?

いま、多くの日本人が日本と中国の差が「軍艦」や「大砲」
の大きさの違いであって、「人」ではこちらに軍配が上がる
と考えていたら、これは、かなり深刻な問題ですね。

今日より明日が悪くなるんでしょうと思っている人と
今日より明日が絶対に良くなると思っている人と
比べたら、いったい、どちらに軍配が上がるのか。

日本が中国に(いや、世界かもしれない)負けているのは、
スケールではなく、マインドセットだと思います。

日本の最大な資源は日本人だと思っているので、いまの
現状は本当にMOTTAINAI ことしていると感じてます。
目を伏せることだけやめたいですね。

« SVP東京 | Main | 第六回SEEDCap審査会 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目を伏せないで:

« SVP東京 | Main | 第六回SEEDCap審査会 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2