« September 2011 | Main | November 2011 »

October 31, 2011

緊張と開放

緊張することは誰でも避けたいことですが、実は、程好い緊張の
後に開放感があると、会話などコミュニケーションが弾みますね。

気合いを入れっぱなしだと疲れてしまい、能力をフルに活用する
ことができませんが、逆にダラダラしているだけでは得るものが
ない。。。。

そういう意味では緊張する時間と空間を生活観に取り入れて、
また、開放感で心身を解すことが豊かなライフスタイルに
つながる感じがします。


October 30, 2011

エビアンでご飯を炊く日本へ?

TPP交渉に参加したら「主婦がエビアンでご飯と炊く」ような
日本になる。 

はァ~・・?

今朝の討論番組で反対派の長から、冒頭の話でこんなことを
述べていたことにびっくり。

食の文化が大切であるということは大賛成ですが、日本で
食べる料理が世界一で美味しいのは、守られた存在ではなく、
世界から食の文化を取り入れた「開国」精神の成果ではない
でしょうか。もっと日本人であることに自信を持ってもらわないと。

反対派が反対する理由は、国益ではなく、国民益でもなく、
農家や患者さんの益でもなく、団体そのもの存在を維持させたい
という思惑に過ぎないと思います。弱者が常に弱者でなければ、
その団体の存在意義は薄くなってしまうので、競争を通じて
増強するという概念が全く理解できない(したくない)のでしょう。

「現状維持」か「成長改革」か。派閥政局で混迷している日本が
超党で政策を基とした二大政党政治へと再編成できる格好の
チャンスがTPP交渉が与えてくれていると思います。

October 29, 2011

タクシー大将とタクシー王子

今朝は、気持ち良い晴天の神戸で朝を迎えました。
昨夜は、「論語と算盤」関西塾の同志たちと「常識と習慣」に
ついて一緒に考え、語り合いました。   深~い夜まで・・

20111029_aoki_2
勉強熱心のグループなので、塾の
本番の前に1時間ほどの勉強会で
ウォームアップしますが、今回は、
塾塾生の神戸MKタクシー社長の
青木義明さんがグループ創業者
経営理念について熱く語って
くださいました。

およそ50年前にガススタンド
を創業、ガス欠等で困っていた
人たちのために深夜でも駆けつけた
お人柄が、結果的に商売の評判を
上げ、MKタクシーのサービス精神
の原点となります。

従業員の生活基盤の向上が運転手さんの質の向上につながる、
短期乗車にも敬を示す礼儀の徹底が「乞食タクシーに乗って
くれ」と乗車拒否する競合社から「推薦」されるようにもなり、
障害者を乗車優先するなど社会の弱者へ手を差し伸べる等、
タクシー業界の常識を次々と覆すイノベーションが顧客からの
信用を高め、事業の拡大と繁栄につながりました。

「論語と算盤」とはおしゃっていなかったでしょうが、まさに、
人として当たり前のことを当たり前に実行する常識が、経済と
合致したのです。素晴らしいストーリーですね。

長男が京都の地盤を引き継ぎ、二男が東京へ進出、そして三男の
義明さんが神戸、大阪、福岡に旗を揚げていらっしゃいます。
先週は、東京で日本交通の川鍋一朗さん「タクシー王子」と会食
しましたが、義明さんは、「タクシー大将」という感じですね!

面白いことに、私にとってお二人の共通点はタクシー業界の
革命児ということだけではなく、「論語と算盤」を通じてご縁を
頂いたということです。川鍋さんと知り合ったのも、その昔、
ある方が主催してくださった「論語と算盤」の勉強会でした。
まさに、connecting the dots!

October 28, 2011

もし、、人口の13%が・・

コモンズの源流のひとつに「プロジェクト13%」という活動が
ありました。

これは、新しいコンセプトの商品が市場に出る際に最初は売上が
伸びないが、普及率が12~13%を超えると一気に売上が上昇
するという例がしばしば観測される「法則」をヒントにしました。

12~13%のルールがモノの普及だけではなく、アイデアや構想
にも応用できるのではないかという実験です。

2004年にはコンファレンスを主催し、コモンズという構想を企画して
いる最中の2007年に、ふたたび「資本主義のイノベーション会議」
を実施
しました。(伊井さん、若い!)

もし、、、、日本の人口の13%が、コモンズ投信の最少額である
3000円を積み立て
るだけで、これから30年でも持続的価値を
創造している企業たちに、年間、5850億円を投入する長期投資を
実施できることになります。

このような質が高いお金が、これだけ資本市場に流れるように
なれば、必ず、世の中は変わります。 Share The Vision !

October 27, 2011

ガバナンスとは持続性

昨日のワールドインベスターズTVの66ライブのゲストは、
株式会社ナディア代表取締役の松山英明さんをお招きして
コーポレート・ガバナンスについてお話しました!

20111027_witv_matsuyama_small

某証券でIR(Investor Relations)の仕事
に携わっていた松山さんは、1963年に
米国経営者協会から発表された本と
出会い、それが1968年に既に日本語訳
されたことを知り、それを現代にリバイバルさせるために会社を
立ち上げられました。

20111027_book120111027_book2_220111027_book3

.
1968年の時点で、既に「株主尊重の経営」という概念が日本で
知られていたということは興味深いです。

現在、Governanceを「統治」として訳していることが問題では
ないかと松山さんは指摘します。確かに重い言葉ですね。

また、Governanceは外来して日本の経営者を脅かしている
「黒船」でもない。昔の商家は家法、家訓などを通じて、家主の
行動指針を定めていたではないかと。

そういう意味ではGovernanceとは、企業の「持続性」のために
不可欠な指針という概念の方が近いです。

役員決議無しで100億円超を個人的に借入れした某製紙会社
の元経営者
。買収案件で687億円の法外な報酬を謎の
フィナンシャルアドバイザーに会社が支払ったことを隠していた
ことを問題視した外国人CEOを解任した某精密機器メーカー
この二社は、信じ難いほどずざんな経営判断で、会社の持続性に
大被害を与えたことは否定できなく、日本企業のガバナンスに
泥を塗りました。

この状態から日本が名誉回復するためには、真の長期投資家が
株主として、優れた経営と良き関係を築くことが不可欠です。

そして、この真の長期投資家とは、持続的価値創造のため
自らコツコツと積み立てくれる一般個人、という考えに松山さん
と私は、AGREE!

20111027_witv_matsuyama

松山さんとのトークの動画は、 << こ ち ら >> で
1週間無料で公開されます。 どうぞお楽しみください!

October 26, 2011

コモンズが揚げる旗

コツコツと共に育てる真の長期投資。
自分の将来のために、子ども達の未来のために、そして、
これからの日本のために。

これが、2008年のリーマンショックの最中に産声を上げた
コモンズ投信の設立理念です。

この旗を揚げたところ、北海道の大地から沖縄の諸島まで、
日本の全都道府県から人々が寄り集まり、私たちが運用
するコモンズ30ファンドに長期投資を託してくださっています。
自分の将来、子ども達の未来、これからの日本のために、
何かしなければと「こころのスイッチ」を入れた全国からの
方々です。

「何もしてない」を「何かしてみよう」に切り替える小さなスイッチ。
このスイッチを入れ続けることによって、点と点がつながり線となり、
線と線がつながり面となり、面と面がつながり「かたち」となり、
将来の結果が大きく異なるのです。

つづけることが、かなえられること。

長期投資とは企業の目先の「価格」から生じる金儲けでは
ありません。企業の持続的「価値」の創造に参加することが
長期投資です。

コモンズ30ファンドに託された大切なお金を、選別した一流の
上場企業へ資本として託すことによって、投資してくださった
皆さまの持続的価値の創造に務めることがコモンズの仕事です。

このように、真の長期投資とは個人投資家、投資先企業と
運用会社の三位一体で持続的価値を創造することです。
自分の将来、子ども達の未来、これからの日本のために、
既存の金融機関では不可能な真の長期投資の旗を高く揚げたい。

この希望に共感したメンバーで立ち上げたコモンズと、是非、
ご一緒に持続的価値をつくりましょう。

October 25, 2011

顧客目線とは?

アップルの初期メンバーのガイ・カワサキの「スーティブ・ジョブズ
から学んだこと
」によると、「顧客は自分たちのニーズを表せない」
と指摘します。

顧客のニーズに応えているだけでは、新しいイノベーションが
生じないということですが、確かにそんな感じがします。アップル
は市場に提案した独自の「プロダクト・アウト」により、社会の
ライフスタイルを変えました。

ただ、マーケティングの専門家は、大切なことは「企業目線」
ではなく、「顧客目線」だと指摘します。確かに、そんな感じ
もします。

でも、顧客が自分たちのニーズを表すことができないので
あれば、顧客の目線に合わせるということはどういうこと
なんでしょうか。微妙な関係ですねー。

恐らく、どの「旗」を選んで止まるのは顧客の選択肢なので、
企業はどのような「旗」が顧客目線に刺さるかということを
じっくりと検討して、その旗を高く揚げるということなんでしょう。

ガイ・カワサキがスティーブ・ジョブズから学んだ12のレッスン
の内、コモンズの「旗」に最も近いものは#8の「価値と価格は
違う」ですね。つまり、コモンズの投資は短期的な価値を追う
ことでなく、30年後でも繁栄している持続的価値を創造して
いると判断した会社にいまから投資することです。

この共感する「価値」が、Common Valuesなのです。

もっと、高く揚げて振らないと!

October 24, 2011

ミスター・ロボット

今朝の朝食会で著名な米系長期投資運用会社の幹部と日本の
政局など日本の現状状況について話しをした後に、地下鉄で会社へ
向う途中、ふと、この歌詞が頭の中に飛び込んできました。

Domo Arigato、 Mr. Roboto  

20111024_mr_roboto

これは、アメリカの70~80年代に
活躍したSTYXというバンドが
1983年にリリースした曲です。

知らない人多いだろうなー

でも、70~80年代というと自分が
子供から青年から社会人として
エマージ(発展)したときなので、やはり、この時代の音楽が
自分の深いところ植え付けられています。

そして、この時代といえば、ジャパン・アズ・ナンバー・ワンという
日本の高度成長の頂点に向っているとき。

でも、この時代には、西洋人から日本人はロボットのように、
近代的ではあるが、同質的、均等的な存在にしか彼らの目には
映らなかった。

そして、その印象は、高度成長が失われた20年の時代になった
現在でも変わっていないところが多いかもしれないので、当時の
「ロボット」が壊れてしまったというラッテルが貼られているのかも
しれないですね。

そういう意味では、彼らたちには、日本の実態が見えていないの
かもしれない。「八百の神」でいかに多様性に満ちた社会であるか
ということが。。。

八百の神もいたら、な~にも決まる訳ないですね。

しかし、そろそろ、その八百の神が、同じ方向に目を向けて歩んで
くれないと、日本の新しい時代が拓けない。。。

STYXの曲で最も好きだったのがCome Sail Awayでした。
新しい未来への航海に旅たとう!

October 23, 2011

老眼、、、やれやれ・・・

また、老眼が更に悪くなってきた感じがします。

半年ぐらい前に、近い細かい文字が見えるようにメガネの度を
ちょっと落としてみたのですが、最近ではあきらめて、読み物や
書きものをするときにメガネを外してしまう傾向が増えてます。

そして、先日、やってしまいました。

PC作業中に外して机の上に置いたはずのメガネが見つからない
とイラついていたところ、ハッと気づきました。

自分の頭の上にチョコンと外したメガネがかかっている。。

いやァ~ 若い頃、おじいさんたちがやっている姿を見て
やれやれと思っていましたが、まさに、、、やれやれ。

October 22, 2011

黒にんにく、絶品!

友人の小松さんから紹介してもらった「黒にんにく」!
20111022_garlic1
手前がスペイン産のAjo Morado。それを熟成したものが
その隣の「黒にんにく」です。

黒いにんにくを口にすることに、ちょっと勇気が必要かも
しれませんが、干しブドウのグミみたいな感触がします。

とりあえず、しらすのアーリオ・オリオ・ペペロンチーノ
つくってみました。

20111022_garlic2

子どもが「ゲッ! これ、な~に」と見た瞬間、拒否しましたが、
嫌々口にしてみると、「ン~、、甘い!」と叫んで、ぺロリと食べて
しまいました。

そうなんです。黒にんにくは、コクがある甘さがあって、にんにく
っぽい感じがあまりしないのです。

小松さんによると、熟成した黒にんにくには、体温が上げるなど
色々な健康効果があるようです。特にスペイン産は、抗がん
作用などを有する成分が高く含有されているようです。

この感触とコクをつかって、色々なレシピも創作できそうで、楽しみ
も増えますね!

October 21, 2011

自分の「$5」とは何か

先日、藤野さんから聞いた話が面白かったので、調べてみました。

スタンフォード大学のTina Seelig教授の起業家精神の実験。

生徒たちに、シード資金が入っている封筒を渡し、計画を練る
時間を4~5日間与えました。ただ、封を切った瞬間に2時間で
収益の最大化の「事業」を立ち上げることがお題。

ただ、その封筒の中には、 $5しか入っていない。

さァ、どうする。。。。 
その$5のシード資金を使ってどのように儲けるか・・・・・?

実は、最も成功した「起業家」たちは、その$5を使わなかった
という結論になりました。

例えば、あるグループはキャンパス内で、「無料!あなたの自転車
のタイアの空圧を計ります!」というサインを上げ、空圧が足りない
場合は$1で空気を入れるという事業を立ち上げました。

しかも、彼らは、「お客さん」がすごく感謝してくれるということを
目につけて、$1料金設定をなくして、代わりに「寄付歓迎」
ということにしたら、「お客さん」が喜んで$1以上の寄付を入れて
くれたので、2時間で数百ドルの収益を上げることができたのです。

つまり、多くのグループの場合、$5は「シード資金」ではなく、
「制限」だったのです。問題を狭く捉えすぎて、「枠」の内側に
留まると起業家として成功しないという大切な示唆なのです。

「考える」だけではなく、実際に現場で実践し、試行錯誤した
グループが起業家として成功するという結論です。

コモンズという金融ベンチャーにとっての「$5」とは何か。
自分の「$5」とは何か。

色々とありそうですが、まァ、「考える」だけじゃ成功はない。
やるしかない。

October 20, 2011

ニジェールという国を知ろう!

昨日のワールドインベスターズTVの66ライブのゲストは、
コモン・ニジェール代表理事の福田英子さんをお招きしました!

みなさん、ニジェール(Niger)という国がどこにあるかご存知
ですか?ナイジェリア(Nigeria)は聞いたことある?

実は私たちの電力に恵まれた豊かな生活は、ニジェールの
ウランのおかげでもあるのです。(ちなみに、Nigerはフランス圏
→原子力利権で、Nigeriaはイギリス圏でした。つまり「黒」という
意味です。)

しかし、ニジェールには発電所がないので、電気インフラが全く
整っていない。

20111020_fukuda

ニジェールで合計7年間暮らしており、日本女性でキャンプ生活を
送ったオンリーワンの福田さんしか日本の皆さんにお伝えできない
物語がたくさんあります。

そのひとつがこれ、
20111020fukudaraikanseki

【雷管石」というもので、雷が落ちて、一瞬のうちに砂が溶けて、
ガラス化したものだそうです。雷が通ったところが管になっていて、
ツルツルになっている。フニャフニャに柔らかく見えますが、実は
コチコチと固いです。

これが、ニジェールのサハラ砂漠で刺さっているようです。

私たち日本人は、ニジェールのことを知るべきではないでしょうか。

福田さんは、「ニジェールキャラバン」として写真展覧会&講演会
を茨城県守谷市からスタートし、岡山を経て、これから札幌・三島・
盛岡・京都・東京とまわります。よければ、ぜひ、ご参加ください。

福田さんとのトークの動画は、 << こ ち ら >> で
1週間無料で公開されます。 どうぞお楽しみください!

October 19, 2011

不況に強い日本に必要なのは

ヨーロッパの財政危機の問題は根深そうです。また、米国の
貧富の差は、社会問題として表面化
しています。

そういう意味では、先進国の中で、日本が一番不況に強い国
かもしれないですね。(物価さえ上がらなければ。)

ばったり、道端でお会いした商業不動産関係の知人が、海外
から日本の不動産に関心を示す兆しを感じると言います。

もしかしたら、日本の株式も。ま、タイ洪水の影響は日本の
製造業の悪影響はまだ不透明ですが、それは目先の話。
長期的に考えると日本は面白い時代に突入し始めているのかも。

でも、そのためには、やはり長期資本を日本社会に促す取り組み
がもっと、もっと必要です。こんなこと、みんなわかっているのに、
動いてくれるのは少数派。

でも、少数が全体を救うという構造になるのは当たり前のこと。
だから、少数でも良いから、いまの時代に結成して、動くことが
大切なのです。

October 18, 2011

草食投資隊プラス:林野宏さん

きょうの『草食投資隊プラス』にクレディセゾンの代表取締役社長
の林野宏さんをお招きし、運とツキについてお話をお伺いしました!

20111018_rinno1林野さんのマシンガン・トークは
ホントにすばらしいです!

お話されている内容が、いつ、
どこへとたどり着くかわからない
のですが、とにかく面白いです。

また、ただ面白いだけではなく、
居心地が良い「押し」がある、
最高な営業マンの姿を私たち
草食投資隊に見せていただき
ました。

まだまだ、修行が足りないなァ
と感じました。

運とツキに恵まれるために必要なことは行動すること。そして、
その行動に必要なことは遊び心と楽しさ。

そして、遊び心と楽しさにより、ビジネス成功者として不可欠な
SQ(Sensibility Quotient)、つまり、感性を磨くことができる。

また、「解決不可能なことない。たいしたことない。」とニコニコ
&エネルギッシュにおっしゃると、本当にそう思ってしまいます。
前向きなスタンスは人の大切な資源ですね。

このようなことを教えていただきました。

20111018_rinno

林野さんの溢れるようなパワーの
秘訣は、今年の春に出版された
誰も教えてくれなかった
運とツキの法則

に詰まっているので、是非、
ご購読ください!

林野さんのお話と同様、とても
楽しくて、わかりやすいので、
スッと入ってくる内容です。

20111018_rinno2
親会社の大ボスを招いた中野さんの運とツキが、これから
果たしてどうなるのか?ヒヤヒヤされた場面もあったと思い
ますが、無事に終了して、二コリ!

October 17, 2011

デフレに甘んじる社会体制

ウォール街デモ30日目に突入しているようです。

その背景にあるのは、ご承知のとおり、アメリカ人の所得の
貧富の差
です。トップの1%が所得成長率のほとんどを示して
いるという分析もあるようです。

この差は、最近、始まった現象ではないのに、なぜ、今更
デモなのか。。。

ひとつは、SNSが上げられます。イスラム系各国で起きた民主化
デモ活動が、アメリカ社会にも影響を与えたと、史上初の出来事
かもしれません。

しかし、その背景にあるのは、、、ひょっとしたら、、、量的緩和?

つまり、金利だけではなく、過剰な量を供給することによって
マネーの価値を下げることです。

マネーの価値を下げるということは、物の価格を上げるということ
になります。

物価が上昇しても、富裕層はさほどインパクトはありませんが、
賃金や所得がほとんど上がっていないアメリカの家計にとっては
死活の問題になります。だから、ウォール街デモは米国各地で
続出し、全く、違うイデオロギーを持ったティーパーティも発足した
といえます。

このマネーの価値を下げる政策は米国だけでなく、もちろん、
危機を被っている欧州各国、そして、日本もそうです。

そういう意味で、もしかすると、日本人が欧米人と比べて暴動や
デモを起こさないというのは民族性ではなく、ひょっとすると、
デフレに「甘んじて」いた社会体制が、いままであったからかも
しれないですね。。。


October 16, 2011

ありがたいフィードバック

先々週の金曜日にコモンズの「お仲間」にメールをお送りして、
コモンズとの最初の出会いなど、色々なご意見をお願いしました。

一昨日の金曜日の締め切りまでに、全ての口座数の4%強の
ご返答をいただきました。お忙しいところの急なお願いだったので、
あまり返答をいただけないと覚悟していたので、うれしい想定外
でした。

大勢の暖かい応援のお言葉に感激しましたが、何より、いろいろと
ご意見をいただいたことが貴重なフィードバックとなりました。

ほとんどが、内部の議論でも課題になっていた内容だったので、
それが、実際にコモンズに口座を開設していただいている方々
からのご意見として確認できたので、改善に努める励みとなり
ました。

ご協力いただいた皆様、心より御礼を申し上げます!

October 15, 2011

名古屋の二段セミナー

20111015_nagoya_1

昨日は、草食投資隊は京都から
名古屋へと移動して、夜から
家計の総合相談センター
お世話になって、セミナーを開催
しました。

名古屋の皆さんは、ノリが良いと
舞台裏では話題になりました。
隊員のジョークに大声で笑って
くださって、とても、心強かったです!

熱心に耳を傾けていただき、
また、とても良い質問を投げて
くるので、質疑応答の時間が
短すぎると特に今回は感じました。

次回は、平日の夜ではなく、じっくりとお話できる休日にしたいです!


20111015_nagoya1_4

そして、今朝の午前中は、
東京からコモンズの社長の
伊井が合流し、ライフプランナー
後田亨さんとの定番コラボ
である「パパ&ママ・セミナー」
を実施し、子育て世代の保険
と貯蓄についてお話させて
いただきました。

20111015_nagoya2_2

おかげさまで、子連れ家族の方々も多く来場してくださって、
小さな子が会場を探検したり、赤ちゃんのかわいい泣き声が
聞こえてくる、アット・ホームなセミナーでした。

リラックスした雰囲気でしたが、皆さんの姿勢は真剣。これからの
貯蓄、保険や年金についてご関心が高い皆さまの集まりでした。
特に子持ちとしては、学資保険の考え方について、後田さんが
おっしゃる「ドア・オープナー」(つまり、その後、いろいろな保険
を家庭に今後、勧誘するきっかけの手段)というご指摘は目から
うろこではなかったでしょうか。

こちらでライブ中継の録画をお楽しみできますので、よかったら
ご覧になってください。

セミナーの後に、数名の方々が残っていただき、飲茶を
突っつきながら、色々とお話が続きました。皆さん、好奇心
が豊富で意識が高い方々ばかりで、私たちも会話を大変
楽しませていただきました!
20111015_nagoaya3

October 14, 2011

堀場社長とご面会

今朝、京都で草食投資隊堀場製作所にお伺いし、
堀場厚社長とご面談させていただく機会を頂戴しました。

自動車の研究開発、プロセスと環境の計測、生体外の医療
診断、半導体製造・測定、科学研究開発や品質測定という
専門性が高い分野での機器やシステムの開発および製造
なので一般個人には馴染みが薄い会社かもしれませんが、
社是が「おもしろおかしく」という、とてもユニークな会社です。

Img_7524

Img_7514

時価総額的には中堅クラスの上場企業ですが、世界に事業を
展開しています。その事業を支える多様性に富んだ人材を
活かす経営理念は、常に目線を現場と合わせるこということ。
ラインからの情報だけに頼らず、自分の目と耳で現場感覚を
研いでいらしゃるスタイルは、「良き日本型経営」と感じました。

誕生日会などを実施し、1年に世界の全社員と握手をする
ようにしているというお話は感銘を受けました。

中国の工場が、半導体需要がひっ迫しいて生産が追い付かない
ときに、旧正月に差し掛かったところ、全員が自ら休日を返上し
出勤したことに、堀場社長は感動したとおしゃっていましたが、
それは、日々の経営理念が着実と実践されていたからでしょう。

Img_7555

面会の後、ご予定がやや押しているのに関わらず、わざわざ
玄関まで見送りをいただき、私たちのタクシーが道路へと立ち
去るまで残っていただいていました。

すばらしいですね!

コモンズ運用報告会【2011年Q3】と京都

昨日、コモンズの2011年7月~9月期の運用報告会をネット
で開催しました。平日の午前9時という普通の人がライブで視聴
することがあり得ない時間帯に、こちらの日程の都合上で実施
してしまい、誠に申し訳ございません。。。

恐れ入りますが、録画バージョンでご覧いただければ幸いです。

なぜか、録画が二部にわかれてしまいました。

夜は、初めて京都で草食投資隊セミナーを開催
しました。かえるさんのおかげで、良いメンバーにご参加
いただきました。年齢層の幅も通常の草食投資隊セミナー
より広いと感じました。

セミナーの後は、懇親会で軽く一杯。京都を感じさせられる
なかなか雰囲気がある長屋の中華家庭料理屋でした。いいね!
20111014_kyoto

October 13, 2011

弱い日本の強い円

昨日のワールドインベスターズTVの66ライブのゲストは、私の
(合併前の)古巣であるJPモルガン・チェース銀行、債券為替調査
部長の佐々木融さんをお招きしました!

佐々木さんとの最初の出会いは、私のヘッジファンド時代。
頻繁に日銀と情報交換(つまり、腹の探り合いです!)して
いましたが、90年代半ばの当時、佐々木さんは若手日銀マン!
おかげさまで、およそ15年後、二人とも「良い味」を出せるような
年齢になりました。。

20111013_witv_sasaki_pic

為替市場の「常識」は感情論ではなく、理論的に考えるべきという
主張で執筆された書籍が、今週から販売になりました。
20111013_witv_sasaki_3

弱い日本の強い円

財政、人口、国力で為替が
決まるのではなく、あくまでも
インフレ(つまり、通貨の価値)
というロジックを、わかりやすくご説明されています。

佐々木さんさんとのトークの動画は、 << こ ち ら >> で
1週間無料で公開されます。 どうぞお楽しみください!

October 12, 2011

再び聴いても良い話

10月2日の第三回コモンズ社会起業家フォーラムに登壇して
いただいた12名(+伊井のクロージング)の一人ひとりの
映像がCOMMONSTVにアップされていますので、どうぞ
ご覧ください!

再び聴いても良い話でいっぱい!

October 11, 2011

信用金庫という共同体

今日は、全国信用金庫協会主催のトップセミナーで「新日本の
大義」という題名で、渋沢栄一の思想を題材としたお話させて
いただく機会を頂戴しました。

各地の信用金庫の理事長クラスのトップの100名弱が集まる
プログラムで一コマを担当したのですが、話のしめくくりとして
渋沢栄一の名言のひとつである「真に理財に長じる人は、
能く集めて、能く散ずる」をご紹介し、私たち運用会社や信用金庫
という金融機関の役目とは、この真に長じる人を支えること、と
考えを訴えました。

コモンズの「共に」という概念や、「共感資本の創出」という理念は、
信用金庫とにいう地域金融の共同体と通じるところがあるという
事務局の感想が印象に残りました。

確かに、地銀と比べると、信用金庫の方が地域社会で「共に」
預金者と融資先の中小企業をつなげる役目という色合いが
濃い感じがします。

いままで、信用金庫という事業理念について、地銀との違いとか
あまり理解が深くなかったので、今回をきっかけに、もっと勉強
したいと感じました。

October 10, 2011

品格と本質

アマゾンで「の品格」と検索すると、ベストセラーになった本の
タイトルが続々と出てきます。

さて、【品格】とは「その物から感じられるおごそかさや品位」
ですから、平たくいえば、「ホンモノ」を感じさせられる存在と
いえるでしょう。

「ホンモノ」とは、つまり、飾り気がなく、【本質】を感じさせれる
存在ともいえる。

でも、「女性の本質」とか「国家の本質」というタイトルをつけた本
がベストセラーになるでしょうか。

【本質】とは、「物事の本来の性質や姿」。あるいは「それなし
にはその物が存在し得ない性質や要素」です。

【品格】と【本質】の違いって何でしょう?

品格の方が、形式や型の通りにコトを行えばホンモノになれると
いう感じがして、本質の方がどちらかというと、Form(形式)より
Substance(内容)という感じがしますが、いかがでしょう。

【品格】というキーワードの方が【本質】より売れるということは、
日本人は、格好のことが気になる民族という結論になってしまう。
本質が、その格好を支えているのであれば問題ないですが、
そうでないと、ちょっとさびしいですね。

October 09, 2011

食品・日用品の物価

本日の日経新聞の一面記事によると、「食品・日用品の7割下落」
で、スーパーなどでの店頭価格が下がっているようです。70品目
の9月の平均価格を調べたところ、飲料水やティッシュなど約7割
にあたる46品目で4月に比べ下落していると報道しました。

ただ、最近の妻の不満は、月間のスーパーでの買い物の金額が
明らかに上がっているということです。これは、値段が上がって
いるのか、同じ値段(か安い値段)で量が減っているからではない
かと妻は推測しています。

また、70品目全てが掲載されていなかったので定かではない
ですが、日経の調査には野菜、魚や肉類など生鮮食品が含まれ
てないからかもしれません。放射能問題で、東京市場から遠い
関西方面から生鮮食品を運搬しているケースが増えているでしょう
から、コスト増になっているに違いありません。

いずれ、これからの傾向として、物価に関してトップ記事の数字を
鵜呑みするのは気をつけてほうが良いかもしれませんね。おカネを
ジャボジャボと供給している政策を実施中に物価上昇の認知度が
高まる傾向は不都合と思う勢力もいるでしょうから。

October 08, 2011

福岡・鹿児島ダブルヘッダー

きょうは、福岡と鹿児島で草食投資隊セミナーのダブルヘッダー。

福岡といえば、1年半ぐらい前に、一番最初に結成したばかりの
草食投資隊が初めてセミナーを開催したゆかりの場です。

2011008_fukuoka

土曜日の早朝に関わらず、50名ぐらいの方々が熱心に耳を
傾けていただき大感謝です。若い方々も多く、うれしかったです。

20111008_fukuoka_1

九州新幹線を利用して、鹿児島へ
移動しました。

連休の始めなので、家族旅行の
お客さんが多く、満席でした。

実は、昨夜、福岡で今回のセミナーをアレンジしていただいた
藤久保さんとの夕食で、福岡から鹿児島までの新幹線の乗車券
を確保していなかったことが発覚。A型の中野さんは既に持って
いたので、「夕食の後に駅に寄って買った方が良いですよ」と
アドバイスをいただきました。

ただ、B型の私は、「いや、すぐに買いに行きます」とお店を
出ようとしたところ、O型の藤野さんが「あ、僕も持っていないや」
と二人で駅に迎えました。

みどりの窓口の列に並ぶ際に藤野さんに先を譲って、藤野さん
が4番窓口の女性に、同じタイミングで私が5番窓口で、「明日
の12:41分の鹿児島行き」と女性に頼んだところ、「え~、
もう満席です」という答えが戻ってきました。

エっ!これは大変と、隣の藤野さんに予定の新幹線が満席
であることを伝えたところ、藤野さんは妙に涼しい顔をして
いて、「鹿児島から福岡に帰る方のチケットを買ってます」と
答えました。

しょうがなく、予定より30分ぐらい早い新幹線に席を確保して
窓口から離れて、藤野さんはどうしたのかと聞いたところ
「あ、一席しか残っていないと言われたので、先に確保
しました」とクールに答える。

ナント、列の順番を先に譲った藤野さんが、私の1秒ぐらい
前に最後の席を取ってしまった!藤野さんの4番の女性の
方が、私の5番の女性より早く、中野さんは既にゲット。。。
ということで、一人だけ、ちょっと先に福岡から鹿児島に
移動することになったのです。

20111008_kagoshima_1

さて、草食投資隊として鹿児島に
訪れるのは、今回で2回目になり
ます。

九州新幹線効果で、鹿児島中央駅
の周辺は、とても賑わっています。
鹿児島の景気は、かなり良い感じで
成長しているようです。

市内交通について色々な取り組みが
行われているようですが、路面電車の
レールのところに芝生が植えられて
いましたが、これは、良いですね。

町の景観にはプラスですし、実際に温度が下がるとは別として、
温暖化対策のシンボルにもなります。

20111008_kagoshima_2

セミナーは、閉店した三越鹿児島店の建物を改装した商業施設
Maruya Gardenの屋上階のすてきなスペースでアレンジして
いただきました。

鹿児島も若手を中心に40名ぐらいの方々が集まっていただき
ました。こちらも、長時間に関わらず皆さん真剣なまなざしで
私たちの話を聞いてくださいました。

福岡もそうでしたが、アレンジしたいただく方によって、集まる
方々の意識レベルが高まる傾向がはっきりと現れますね。

鹿児島セミナーをアレンジしていただいたTen-Labの永山さん
とスタッフの皆さんに感謝!また、鹿児島でお会いできることを
楽しみにしています!

20111008_kagoshima_31


October 07, 2011

悟性が大事

ものごとに成功するには知性を求めることは当たり前のことです。
専門性を高めるためには知性が必要で、その知性の証となる
のが「資格」です。

ただ、知性だけで真のプロフェショナルと言えるのか。

知性だけではなく、感性も必要ではないかと思うのようなり、
感性を活かした運用会社をつくりたいと思ったのが、コモンズ
の誕生につながりました。

こんな話を、福岡で年金運用に携わる方と楽しいランチで
交わしていたところ、このような指摘をいただきました。

「感性だけだと長嶋茂になってしまう。大切なのは【悟性】
 ではないか。」

悟性とは「知性 and 感性」と、私は理解したので、ネットで
ちょっと調べてみたら、

(ア) カントでは、理念の能力である理性と異なって、感性に
    受容された感覚内容に基づいて対象を構成する概念
    の能力、判断の能力をいう。

(イ) ヘーゲルでは、具体的普遍の認識に至る理性に対して、
    物を個別的・固定的にのみ見て統合しえない思考の能力、
    非弁証法的な反省的・抽象的認識能力をいう。

なるほど~ その通りですね! 固定概念を乗り越えて総合的に
判断できる能力は本当に重要です。

楽しいランチだけではなく、ちょっと賢くなって、お得した気分に
なりました。

October 06, 2011

無謀なチャレンジ

昨日のワールドインベスターズTVの66ライブのゲストは、
「無謀なチャレンジ」に挑戦する脱官僚組の青山社中株式会社
筆頭代表CEOの朝比奈一郎さんをお招きしました。

20111006_witv_asahina

このままではダメだと嘆くだけではなく、経済産業省時代に
他の官庁の若手に呼びかけて結成し、霞ヶ関改革に挑んだ
のが「プロジェクトK」でした。

日本の政策決定には「司令塔」が必要だと提案し、いずれ、
それが国家戦略室として立ち上げり、プロジェクトKの若手
数名も赴任するという投がれをつくりました。

プロジェクトKは、若手の後輩に任せ、脱官して、霞ヶ関の「外」
からの挑戦することに決意し、1年ぐらい前に「人づくり」、「政策
づくり」、「組織づくり」を事業の三つの柱とする青山社中を設立。
株式会社にこだわったのは、持続性とリスクテイクを言うだけでは
なく、自ら行動しなければという心構えがあったからだそうです。

朝比奈さんとのトークの動画は、 << こ ち ら >> で
1週間無料で公開されます。 どうぞお楽しみください!

めちゃくちゃ熱い人です。15分では足りなかったァ~

October 05, 2011

コモンズのイメージが伝わる

コモンズのイメージが最も「いいね」と伝わるキーワードとは
何でしょう?

○ 少数精鋭の企業への長期投資

○ これからのサステナビリティ・ファンド

○ 共に育てる投資信託

○ つみたて口座比率、業界トップ

○ 世界に挑む日本代表ファンド

○ 世代を超えるこどもトラスト

○ その他(コメント欄でお願いします)

フェイスブックのアンケートにご協力ください!

October 04, 2011

いい言葉が重なる

先日の第三回コモンズ社会起業家フォーラムには、意識が高い
方々がたくさん集まってくださいました。その会場から鳴り響いた
いい言葉が重なる共鳴をお楽しみください。

October 03, 2011

【月次報告:9月】2500㌔チャレンジ

児童労働問題に取り組むACEへ寄付をあてる「コモンズ
未来くるキャンペーン
」の私の「1年間で2500キロを歩く
チャレンジ
」の月次報告です。

前月の月間の最高記録に引き続き、9月も結構良いペースで
歩きました!徒歩数は、8月、1月に続いて第三位でしたが、
9月は日数が少ないので、一日平均だと第二位です。

20111003_walk

9月の実績:

徒歩:    337、805 歩
距離:    236.36 km
一日平均: 11,260 歩

累計: 2,225.3 キロ

達成: 89.0%

2500キロのチャレンジ達成まで、後もう少し!毎日、着々と
ゴールを近づいています。ただ、寄付の達成率が、この数か月
74%と横ばいですねぇ。。。。

後、もうちょいです。是非、是非、寄付応援の達成率も100%に
したいので、応援してくださる方々は、<<こちら>>でお願いします!

October 02, 2011

第三回コモンズ社会起業家フォーラム

きょうは第三回コモンズ社会起業家フォーラム。登壇して
いただいたスピーカーの皆さまは、自称、「普通の主婦」、
「サラリーマン」ですが、何かのきっかけで「こころのスイッチ」
が入り、従来の「枠」を超えてご活動されている方々です。

また、登壇者だけではなく、来場された一人ひとりもも、
「良い社会」への熱い想いに溢れている持った本当に
素晴らしい方々の集まりです。

20111002_social_3

20111002_social_4

会場を見渡すと、皆さんから本当に楽しんでいただいた
様子が伺え、主催者として、とてもありがたいフォーラムと
なりました。

20111002_social_2

パワーポイントは禁止、与えられた時間はたった7分と、通常
ではありえない設定でお願いしましたが、それぞれのスピーカー
の言葉には熱い想いがこもっていて、本当にインスパイアされます。

20111002_social

そのサンプルとして松田悠介さんの言葉を引用します。

「『日本』の未来のことを語ると暗くなりがちですが、これからの
 未来の主役の『こども』たちの表情を見ると明るくなります。」

う~ん、まさに。この言葉は「いいね!」

来場された皆さんは、このような言葉を寄せ集めてくださいました。

20111002_social_6

フォーラムをUSTREAM中継を録画しましたので、どうぞお楽しみ
ください!

第一部

第二部

懇親会も、盛り上がりました!

20111002_social_5


   shinehttp://www.commons30.jpshine


小さな希望を積み重ねるこどもトラスト

October 01, 2011

長期投資を応援する長期投資

7月に講師として招かれた某企業の次々世代経営者候補の
内部研修
に、別ルートで、今度は部長クラスの内部研修の
講師として再びお声がかかりました。偶然とはいえ、とても
うれしいご縁です。

今回の研修生は40代半ばから後半で私とほぼ同じ世代ですが、
実はこの会社では、一番層が厚い年齢のようです。現在では
世界で競争力を誇る立派な会社ですが、彼らが入社した当時では
一部上場に昇格したばかりの中堅企業。同じ時代に銀行などに
集まった同世代の人材と比べると、やはり山っけを感じられます。

特に、元気がよく、積極的に発言される方は、次世代戦略を図る
部署の長でした。何が出てくるか楽しみですね。30年後には、
現在、いままでの会社が実績をあげている分野と別のところに
飛躍する種をまいていることでしょう。

有望企業の持続的価値が時代に応じて進化するには不可欠な
企業内の長期投資は、コモンズのような外部からの長期投資で
応援したいです。

« September 2011 | Main | November 2011 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave