« January 2013 | Main | March 2013 »

February 28, 2013

【第二回アフリカ経済成長の鍵 グローバルヘルス】

本日、「アフリカ経済成長の鍵 グローバルヘルス」の連続講座を開催しました。
今回の第二回は「アフリカの保健医療を支える資金・人材」というテーマに
ついて議論を展開しましたが、前回と同様に会場は満員御礼状態でした!

スピーカーのJICA国際協力機構人間開発部保健第一課長の瀧澤郁雄さんと
住友化学株式会社でマラリア予防のための蚊帳「オリセットネット」事業を
立ち上げられ、去年の暮れにMalaria No More Japanを設立されて専務理事
として運営する水野達男さんの両氏からマシンガンのような情熱的な口調で
現地感覚に溢れたお話しをお伺いすることができました。

20130228_africa

保健医療のヒトについて感じたことは、もちろん不足している医者や看護職
を増やすことは不可欠ですが、アクセスに問題が多いアフリカでは順医師・
順看護食という人材育成も必要ではないかということです。(これは、日本
でも超高齢化社会に応える在宅ヘルスケアを向上するための大きな課題
であると思っています。)

一方、カネについては、もちろん資金調達には色々な課題がありますが、
調達した大切なお金がどのように使われているかというモニタリング機能が
なければ「投資」として評価することが困難です。

アフリカで事業を展開するには、好奇心やチャレンジ精神が必要ですが、
何より「覚悟」が重要であるという水野さんのコメントが印象に残りました!


第三回は3月21日。テーマは、「中長期的視点に基づく企業戦略~水事業
を通じた取り組み」になります。アフリカ社会では極めて重要な保健インフラ
になります。ご都合がよければ、ぜひ、ご参加くださいませ!
お申込み → http://www.jcie.or.jp/africa_gh/#d3

--------------------------------------------------------
共同主催者:
日本国際交流センター(JCIE)
日本医療政策機構(HGPI)
日本創生ビレッジ


6月に開催されるTICAD Vのサイト 

February 27, 2013

渋沢栄一はロックだ!

20130227_eiichi
今日から販売されました。

渋沢栄一 明日を生きる100の言葉

近年、渋沢栄一の本がかなり増えています。
ただ、「渋沢栄一はロックだ!」というつかみ
から始まる本は世界初であると言えます(笑)。

ロックとは、既存の常識と捕らわれず、
自分が正しいと思う生き方に突き進む
価値観を象徴する音楽です。

官尊民卑の封建時代の常識から
新しい時代の常識を迎えていた日本で、
栄一は、自分が正しいと信じた、民から
つくる国家論に突き進んで生きました。

また、ロックは基本的に三つのコードでつくる音楽ですが、渋沢栄一の
行動指針も基本的に「智」「情」「意」という三つの要素で説明できます。

表紙の写真は、一般的に使われる渋沢栄一の姿ではありませんが、
これは、これからの「未来」や「新しい時代」を表現したいという編集者
のお考えでした。ただ、実は、これも当時の時代では「ロック」ですね!

これは、若き渋沢栄一が渡欧したときにちょんまげを切ってから
初めて撮った写真です。格好をつけた自分の写真を誇らしげに
手紙と一緒に日本に送ったら妻の千代から「恥ずかしい」と怒り
の手紙が帰ってきて、それにまた謝って手紙を返したという
エピソードもあります。ロックに生きた渋沢栄一も顔が上がらない
存在がいた、ということです。

February 26, 2013

安倍総理への米国評価

米国の有力シンクタンクに勤める友人に、安倍総理の訪米について
印象を聞いてみました。

・日本アジア専門家の間では今回の訪米は成功した。ただ、それ以外
の広い範囲で関心が寄せられた訳ではない。

・安倍総理がTPPの国内調整で必要とされる表現をホワイトハウスが
発したことは、個人的にはサプライズだった。

・ということは、自動車・保険について日本側から妥協があり、かつ、
安倍総理が本当にTPP交渉参加を表明することに合意できたからだと
推測する。

・もし、報道されているように、これから2~3週間に正式な参加表明が
発表されるようであれば、これは日本(そしてアメリカにとって) very exciting。

・また、再任してから安倍総理の力強さと規律していることが印象的だ。

安倍総理は良い波に乗っているようですから、ここでテンポを緩めないように、
決めることはドンドン決めていくことが大切ですね。

February 23, 2013

高度成長と日本人のこころ

今日は、草食投資隊として松山で午前中は東証+YOUニッポン応援
全国キャラバン
のセミナーで午後はFP協会の研修セミナーのダブル
ヘッダーでした。 

ほとんどの方々が熱心に耳を傾けてくださっているという姿勢が
伝わってきますが、質疑応答になるとへんてこりんな質問が目立ち
ます。ご本人たちは真剣に疑問点を問いたいと思っていらっしゃる
のでしょうが、「長期投資」などについて、私たちが伝えたい王道が
見えないようで残念です。

で、このような質問をする年代も大体同じです。高度成長に乗って
きた世代です。もちろん、この世代の全ての方々がそうでなく、
むしろ、少数派です。しかし、固定概念に捕らわれていて、私たち
のメッセージが理解できないような質問をするほとんどが、この
世代です。

賛同しなくても、共感しなくても、それは良いと思います。でも、
このような否定的な心の壁は本当に気になります。このような
姿勢が社会を支配するようであれば、日本が新しい未来を拓ける
わけがありません。

そう考えると、昭和の高度成長がもたらした日本人のこころへの
影響は何だったのかと考えさせられますね。

という一日だったたので、今日は温泉でちょっと疲れを流してから
帰ることにします!

2013223_dogo

春も、もうそろそろ訪れますし。

20130223_dogo2


February 22, 2013

バリィさんの街

20130222_bari

東証+YOUニッポン応援全国キャラバンで、
草食投資隊は初めて今治に訪れました。

こじんまりとした集いになりましたが、三社
全てに投資してくださっている方など、
うれしい出会いもありました。

また、ゆるキャラグランプリ2012の受賞者の
バリィさん。。。いいですね!

ほのぼのとした時間と空間を過ごすことが
できました。

February 21, 2013

楽天証券でもコモンズ!

楽天証券がコモンズの販路にご協力いただけることになりました。 
証券仲介業務に取り組んでいらっしゃるFPさんもご利用できます。 
コモンズは、なるべく大勢の方々とWin-Winを目指して、共に
栄えたいと思っています!
20130221rakutensec

もちろん、今までのように、ソニー銀行でもお求めいただけます!

20130221sonybk

これらの販路拡大の試みは、「直版投信」という考えが変わったわけ
ではありません。コモンズ30ファンドに投資することにご関心があって
既に楽天証券やソニー銀行で口座をお持ちの方々への利便性のため
です。

もちろん、本来どおり、コモンズで口座開設していただき、直接お求め
いただけます。また、こどもトラストは、コモンズ投信だけのご提供に
なりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

20130221commons30


February 20, 2013

日本初!確定拠出年金サービスの「直版」

Sharespreadblog

中小企業、個人事業への年金サービスを向上するために
コモンズ30ファンドの確定拠出年金をSBI証券を通じて
ご提供します。

具体的にはSBIベネフィット・システムズ株式会社の確定拠出年金
のシステムインフラを活用することにより、株式会社SBI証券が運営
管理機関の「SBI証券ダイレクト401kプラン」を始め、SBIベネフィット・
システムズ株式会社の複数のプランにコモンズ30ファンドの提供です。

投資信託を運用する委託会社が、販売会社である金融機関を通さずに
確定拠出年金制度にファンドを提供する仕組みは日本初となります!

February 19, 2013

「まごころ」と「ためふや」

昨夜はBSジャパンの7PMに生出演する機会をいただき、
「あなたの老後マネーは?子・孫世代への贈与と投資を考える」
というテーマで、コモンズが提案する「まごころ」というプログラム
草食投資隊が提唱する「ためふや」について、たっぷりとお話させて
いただきました。

20130219_bs

「まごころ」とはコモンズの「こどもトラスト」を祖父母が利用して
お孫さんに先代からの思いを伝達するプログラムです。親が孫の
親権者として口座を開設する必要がありますので、三世代で資産
形成に取り組むということになります。

おじいちゃん・おばあちゃんからの孫へのメッセージも電子ファイルで
お預かりして、お孫さんが成人になったときに未成年口座からの切り
換えの際に、タイムキャプセルのようにメッセージをお返しするという
取り組みです。

このような投資は、自分の「ため」だけではなく、子供の「ため」、
孫の「ため」、未来の「ため」という、「ためふや」なんです!

「まごころ」と「ためふや」

February 18, 2013

ティファニー財団賞の応募が開始

第6回ティファニー財団賞の公募を開始いたしました。

日本国際交流センターと米国のティファニー財団との協力により
2007年12月に創設されたプログラムですが、日本の伝統文化を
通じて、現代地域社会の振興と活性化に功績のある団体を、
世界的に「美」を象徴するティファニーからの「お墨付き」によって
地域活動の全国的な認知を広げることを目的としています。

去年の授賞式の様子ですが、さすが、ティファニーが企画に入って
くれると素晴らしい空間に仕上がります。

20130218_tiffany

賞伝統文化大賞を受賞された 山本能楽堂のパフォーマンスもあり
すてきな時間を過ごすことができました。

20130218_tiffany2

伝統文化を通じて地域で素晴らしいご活動されている団体の皆様に
ティファニー財団賞についてご案内ください。応募をお待ちしております。
2013年の4月1日が締め切りです。 → 【応募ページ】

February 17, 2013

未来を託す若者たちの視点

今年も日経ストックリーグの審査員に務める機会をいただきました。
去年は40点以上のレポートを採点しなければならなかったのですが、
今年はご配慮をいただき、中学生チームが5件、高校生チームが9件、
大学生チームが8件だったので、予定が入っていなかったこの週末を
利用して一気に読み込みました!

20120217_stock_league

ただ、選されたラインアップなので、レベルが高く、採点の差を点けるのが
かなり難しかったです。株価を当てるゲームではなく、企業の価値創造に
ついて学生からの視点で研究して成果をポートフォリオとして選定する
学習プログラムです。

多くの学生が、「企業」や「株式」の存在について初めて意識する場合が
ありますが、彼らの直球な視点には参考になることが少なくありません。
テーマは、女性の活躍、発電、BOP、アグリビジネス、などありますが、
共通するテーマは、世界で競争する日本企業に関心が高いということが
伝わってきて、とても心強かったです。

個人的に一番良いと思ったレポートは、ぜひ、企業にも読んでほしいと思い
ました。どのレポートが最優秀賞を獲得するか楽しみです。

最近の若者は、、、すごいなァ、と思います。
未来を託す若者たちの視点は素晴らしい。

February 16, 2013

インフレと紙幣

これは、ジンバブエ・ドルです。ゼロが14個あります!
2009年4月12日をもって発行が停止されましたが、2008年の7月の
インフレ率が公式で2億3100万%!2009年1月21日の
推定で 6.5×10^^108乗%!!

20130216_one_hundred_trillion_dolla

このお札一枚で何を買えたのでしょうか?
2009年の2月2日の公式為替レートがUS1ドルに対して
12,336,416,667.00!
300,000,000,000,000が、同じときの闇レート!!

日本のインフレが無縁ではない時代がありました。 当時、この
1枚で何を買えたのでしょうか?

20130216_one_yen

February 15, 2013

アフリカとアベノミクス

アフリカとアベノミクスをつなげてしまうとうのは、小生の相変わらずの
飛躍かもしれませんが。。。長期的な成長戦略だと思います。
『アベノミクスに期待する「一本だけの矢」』

20130215_africaabe

February 13, 2013

豊かさ

経営者のとある会合で「豊かさ」について考えてみました。

自分が考える豊かさとは自由。お金がいくらたくさんあっても
自由でなければ豊かではありません。

その自由の中に自分らしさの自己表現があると思います。
一方、その自由を支えるのは自分の規律。規律がない自由は
カオス状態になり、豊かとはいえません。

また豊かさと時間に関係があると思います。常に時間に追われて
いるような状態は豊かではありません。命は有限なので、自分の
時間は常に減る大切な資源ですから、その時間をゆったりと
過ごせることが豊かな人生だと思います。

また、相手のことを信じられる。相手に思いやりがある。
ありがとうと言える。笑いがある。
これも豊かですね。

また、豊かさと幸せと違うという指摘がありましたが。確かに個々に
感じる幸せと豊かさは違う。しかし、もしかすると、その幸せが個々に
伝達する、その幸せが循環できるのが豊かさかもしれませんね。

February 12, 2013

終末期医療ケアについて

日本の医療制度について「若手」が考える研究会で、今回は
ややタブー的ですが、極めて重要な課題である、終末期医療
ケアについて議論しました。

日本人は、「縁起が悪い」など見たくないことは直視しない傾向
があると思います。このリスク・マネジメントの欠落が「想定外」の
発生につながるのではないでしょうか。

終末期医療ケアについては30年ぐらい前から色々な調査や議論
が繰り返されているようですが、なかなか越えられない壁がある
ようです。命の延命の「倫理」が「政治マター」にすり替えられていて、
結論が先送りされているのが今までの現状。

また、メディア的には「孤独死」の方が残念ながら、絵になります。
本来であれば、ハッピーに人生の終末を迎えるというストリーが
クロースアップされるべきだと思いますが。

国のコスト、家計のコストという側面、また、本人だけではなく、
家族の心理的ケアなど色々と難しいですが、最も重要な問題は
一人ひとりが必ず直面することなのに、準備ができていないこと
かもしれません。まず、国民的意識を高めることが重要では
ないかということに合意しました。

いずれにしても、「答え」がわかっているのに、「出来ない」理由が
たくさんあるのが日本の現状だと思います。残念です。

February 11, 2013

安比

この連休は、仕事をさぼって岩手県の安比で過ごしました。頂上から
のロングランは5.5kmでスケールが大きいスキー場で、宿泊先の
ホテル安比グランドは内容もサービスも良好でした。また、ちょっと
寒かったですが、天気も基本的に恵まれました!

20130211_appi1

しかし、今朝の早朝の天気はちょっと崩れていて、雪景色の
中にポツンと建っている駅に、本当に電車が来るのか、やや
心配。

20130211_appi2

つららの数の方が、人間より圧倒的に多い場所でした。このような
奥山の冬に人が訪れるにはスキーしかないでしょうね。

20130211_appi3

しかし、駅の待合室の窓は、まるで絵画のようできれいです。

20130211_appi33

この静けさに電車が時刻どおり到着し、、、

20130211_appi4

3時間半後には東京駅の人混みにいました。。。

February 10, 2013

Coreとコアコア

「物価目標2%」の「物価」って正確に何を示しているのか議論を
深めるべきと色々なところでつぶやいていましたが、日経ベりタスが
わかりやすい解説を記事にしてくれました。

「2%物価目標」達成時の姿は CPIを考える

ただ、やはり、政府・日銀のスタンスは何が「物価」の指標とするのか
現在では明らかになっていないようです。当然ながら、何を「物価」と
するのかによって、金融緩和の成果を計る尺度が変わりますので、
政策決定したのであれば、具体的に何を物価の指数に定めたのかも
提示すべきです。

しかし、米国でいう消費者物価指数の「Core」は、日本では「コアコア」に
なると初めて知って勉強になりました。日本流でいうと「コア」は【生鮮
食品を除く】もので、「コアコア」は【酒類以外の食料とエネルギーを除く】
ものです。天候や供給者の事情で価格が大きくぶれやすい品目の影響を
除く考え方が米国流でいうCoreで、日本でいう「コアコア」です。

ぶれないことが統計的には美しいですが、食品、ガソリン代、電気代など
の上昇は生活に直撃しますがから、当然、こちらを使うべきだと私は
思うのですが、果たして、どうなるでしょう

February 09, 2013

似てますね~

前から気になっていたので、比べてみました。

20130209_comparison_2

何を比べているのか、おわかりでしょうか?

上は、S&P500.時は1986年の夏から1987年。一日でアメリカの
株式市場がおよそ20%ぐらい大暴落したブラックマンデーの傷跡が
鮮明に表れています。当時は、1987年の年初から株が一本調子で
上昇しましたが、長期金利の上昇が株式市場の息を止めました。

このとき、私はMBAを取得したばかりでウォール街(正確にいうとミッド
タウンでしたが)のインベストメントバンクでの研修生でディーリング
ルームでベテラン達が茫然しているところを見て茫然としていました。
私の金融の世界の洗礼です。

下の図は、日経225。2012年の夏は横ばいで、年末に向けて
上昇し、2013年の年明けも一本調子の上昇です。

形が似てますねぇ。。。

まァ、場所や時は違う。経済状況も全く違う。図もお互いが合うように
都合が良いところからスタートしています。 ただ、人間の欲望と恐怖は
同じでしょうね。 また、ずっと低水準の長期金利が上昇するときは、
同じような警告になるような気がします。

しかし、1987年に暴落した後、S&Pは上昇し続けます。だから、そう
いう意味では、長期的には、ブラックマンデーは最高な買い場を提供
してくれたということになります。もちろん、それは、背景に経済成長が
あったからですが。

アベノミクスの内、民間投資を喚起する成長戦略」が唯一の『矢』で
あることが明らかですね。

February 08, 2013

他のために増やす「ためふや」

アベノミクスの世界になると「貯める」だけでは、未来の不安を
払しょくできない可能性が高まります。なぜなら、デフレ時代
からインフレ時代になれば、貯金している現金の価値が下がる
からです。

もちろん、アベノミクスの目的は物価上昇の2%です。しかし、
物価がそんなに簡単にコントロールできるのか、個人的には
確信がそれほど高くありません。

もっと高く確信を持って言えることは長期金利はコントロール
できないということです。物価が2%の場合、想定している
長期金利は過去10年の推移を見て1.8%と首相はお答えして
いましたが、金利上昇の局面ではかなりのリスク(不確実性)が
あるということを側近の「ブレイン」の方々がしっかりとお伝え
すべきだと思います。

25年ぐらい前に、国債マーケットにどっぷり浸かっていた自分
としては、今の国債市場参加者のほとんどは過去の実体経験
がないので、ある限界を越えたときには真空状態に陥る可能性
が高いと思っています。

流動性が一気に枯渇した瞬間は、ドル円市場でヘッジファンド
時代に眼にしましたが、そのときの動きは凄まじいものでした。
まさに「想定外」に市場が壊れるということはありえるのです。

金融政策、財政政策、日本政府への信用が限界を超えたとき
に現金は価値の保全になりません。もちろん、必ずそうなる
という訳ではありません。「必ず」がわからないから、現金には
リスクがある、と考えるべきです。

そんな時に大切な心構えは「貯めて増やす」ことです、円現金に
貯めるだけではなく、株式や外貨投資で増やすというマインド
セットも必要です。つまり、「ためふや」です。

また、「ためふや」の「ため」は、今の自分だけではなく、未来の
自分のため、次世代のため、社会のためという他の「ため」という
でもあります。このような「ため」が経済社会の成長につながる。
だから「ためふや」が日本全国に広がることがとても大切なのです。

February 07, 2013

成長戦略の原点

日経新聞の一面の【金融ニッポン】というコラムで「質が量呼ぶ
取引所の原点 渋沢栄一の教え
」という内容の記事の自分の
ことを紹介いただき光栄でした。

那覇の会場で、私は「株式投資は社会貢献にもなります」と訴えた
ことになっていますが、実際は、レオスキャピタルワークスの
藤野さんの発言でした。ご一緒していたセゾン投信の中野さんも
同じなようなこと言います。自分は「社会貢献」という言葉は使わない
ですが、一人ひとりの思いと行動によって新しい時代が拓くという
趣旨の話をよくします。

三人は「草食投資隊」を3年前に結成し、個人投資家のすそ野を
広げようと全国の会場で草の根活動を展開していましたが、
今年度は東証の+YOUニッポン応援全国キャラバンの講師メンバー
として各地方を行脚しています。

今回のコラムで取り上げていただいたきっかけは、私が担当して
いる電子版のコラムで前回書いた明治設立の原点に探る 日本
取引所の成長戦略
だったとご連絡をいただいが編集員から教えて
いただきました。私の拙いメッセージが幅広くリーチできたとは
光栄で、うれしいです。

また、9面には勇気付けれられる記事が目に入りました。
ローソン、20代後半~40代社員の年収3%上げ

アベノミクスで大胆な金融緩和で物価が上昇するようになると、
お年寄りと比べてストックをまだ築いていないので、フロー(賃金)も
上昇しないと生活が苦しくなる年齢です。日本社会の全体が
豊富なストックを食いつぶしているところ、この世代は自らストック
をつくらなければならない。

人件費が上昇するとネガティブに判断する投資家もいるかも
しれませんが、私は、ポジティブ。企業価値を高めるのは重要員
ですから、かれらへの「投資」は企業の持続性にとって不可欠です。
これは、成長戦略の原点でしょう。

コモンズ投信が投資していて「いいね!」と思いました。

ストックづくり

「金融」という言葉を聞くと、それは何か特別なことという印象を
持つ日本人が少なくないと思います。確かに、借り入れレバレッジ
をバリバリにかける「財テク」のような手法は特殊と言えるでしょうが、
未来のためのストックをためふや(貯めて増やす)ということは、
一般的なライフデザインに入れるべきであと思います。

日本社会の全体は、間違いなく、いままで築いてきたストックを
徐々に食い潰しています。豊富なストックなので、心配しないでも
良いという見方もありますが、それは「いま」のことだけ。成長を
取り込むことができなければストックは減る一方です。

大幅に円安になれば、これも、世界における日本のストックが
大幅に減少することになります。それは、円現金の比率が高い
からです。

そのような環境に住んでいる日本人ですから、特に、若者・中堅は
現在の収入の一部を未来への投資に回して、コツコツとストックを
つくるライフデザインに目覚めるべきだと思います。

After all,,, it is your life.

February 05, 2013

「平和」の定義

「平和」というのは、戦争がない状態を示すのでしょうか。

これは、「健康」というのは、病気ではない状態だけではない
という最近の医療界の考え方が参考になります。つまり、
「健康」とは元気にイキイキするために予防医療など日々の
ケアの状態が必要であるということ。

そういう意味では「平和」ということは、単に戦争がないという
状態だけではなく、一人ひとりが元気にイキイキと活動できる
状態を示すということだと思います。

また、予防医療のように、平和とは自然的発生するものではなく
意識して、コツコツとつくらなければならない。「安全保障」の
考え方も領土を守るという定義だけではなく、国民を守るという
パラダイム・シフトが必要な時代になりました。また、そのために
いかに、「問う力」「発信力」の強化のために、教育の考えかたを
根本的に変えなければならない。

こんなことを、今晩、JCIE(日本国際交流センター)個人会員
の皆様と一緒に、「麻布グローバル・サロン」のグループ
ディスカッションを通じて考えました。

初対面の方々も多く、新しい出会いのきっかっけをつくることが
できてうれしかったです!

February 04, 2013

ためふや!

20130204_sodatekata_3


草食投資隊の第二作目が
まもなく出版されます!

30歳からはじめる お金の育て方入門
貯めながら殖やす新しい習慣

草食投資隊の今まで3年間、北海道から
沖縄まで、色々な会場で、色々な方々と
お話しさせていただいた内容が詰まってます。

実は、編集者もその一人で、そもそも投資って
な~にという疑問を持っていたのが、そのまま
本になったという感じです。

セミナーでお互いの話を突っ込む雰囲気も
工夫しています。ライブのセッションもぜひ
体験してみてください!

今回の我々のメッセージは、貯めて増やす。つまり「ためふや」です! 
今の自分だけではなく、未来の自分のために「ためふや」を始めましょう!

February 03, 2013

未来投資

「長期投資」と言っても、人々それぞれの感覚や価値観によって「長期」
の定義が異なるので、では「30年」と言えば、それは、「長期」と思って
「30年投資」という旗を振り始めました。

これは、30年間、ずっと持ち切る投資という意味ではなく、いまの
自分のためだけではなく、「世代を越える」あるいは「未来の自分」の
ための投資も有りですね、という提案でした。

そういう意味では、自分が思う長期投資とは「未来投資」なんだという
ことに最近気づきました。

子供の頃、「未来」のことを考えるとわくわくしませんでしたか?

ただ、大人になったら、特に近年、「未来」のことを考えると不安に負われる
雰囲気が広まっていて、「今」という現状維持に固執する傾向が強まって
います。だから、「大胆な金融政策」によって現金の価値を下げると政府が
明言しているのに、個人金融資産の現金比率は高止まりです。

未来の未知は不安だけではない。わくわくする気持ちを取り戻したい。
それが、コモンズが提案する未来投資なのです。

February 02, 2013

キンチョ―

今日は、久しぶりに本当にキンチョ―しました。

しかも、緊張していることは決して見せてはならない場面で。
なぜなら、緊張が周囲の緊張を増殖するから。

自分が将来の行方をコントロールできない事態に置かれたとき
に緊張するのでしょう。生活の全てが失われることないと理性
では理解していても、腹がえぐられるような感覚に襲われます。

しかし、その緊張のエネルギーが一機に解放されることは気持ち
が良いですね。はァ~・・・

February 01, 2013

マスクする日本人の美

この季節は、マスクをする人がかなり多いですが、昔では、風邪を
引いている人が、他にうつさないための礼儀というイメージがあり
ました。外国から見ると異様な光景ですが、その趣旨を説明する
と日本人の美しい社会的姿勢を賛美する声が少なくなかったです。

ただ、いま。大半の日本人がマスクをするのは他人から風が
うつされない予防のため。ふむ。。。あんまり、外人に自慢できる
ことではないのでですね。

確かに飛行機の中とか感想しているときには効果があると思いますが、
マスクでウイルスが体に侵入することを防げるとは思いません。まあ、
気持ちの問題で、お守りという役目はあるのでしょうが、いずれ、
顔の表情を隠し、あまり美しいものではないですね。

特に、きれいにお化粧して外出する女性がマスクをすると。。。??

« January 2013 | Main | March 2013 »

Most Recent Photos

  • 20170425_deadly_2
  • 20170419_kyodo
  • 20170419_kyodo3
  • 20170419_kyodo2
  • 20170419_kyodo1
  • 20170411_ronsoro_8
  • 20170402_veritas
  • 20170330_toronto_univerity2_3
  • 20170330_eiichi
  • 20170330_toronto_university_3_2
  • 20170330_hbs_2
  • 20170330_harvard_coop_2