« The Global Fund Needs Japan | Main | ベルリン DAY ONE »

March 14, 2013

ロンドンの一泊

水曜日(13日)のロンドン行きは時刻どおりにゲートから離れましたが、
成田空港の近辺の強風の影響で、機内で3時間ぐらい離陸するのを
待たされました。窓の外は黄砂?で、滑走路が霞んでいました。

12時間のフライトでロンドンに着き、タクシーで市内に移動したら、
渋滞にはまりました。。。 窓の外は、たぶん、12年ぐらい前に
最後に来たときと変わらない街並みでした。 でも、日本食の店が
以前と比べると目立ちます。この店も、日本食のファーストフードの
ようです。ただ、後で知ったことですが、経営や資本は韓国系や
中国系が多いみたいです。せっかくのブランド力なので、もっと
日系もがんばってほしいですね。

20130314_london_1_wasabi

結局、夕方に予定していたミーティングは大幅に遅れましたが、
無事に会うことができました。部屋に戻って、直ぐに寝ようと思ったら
メールが山のように積もっている。。。そして、ネットの接続スピードも
ノロい。。。処理して、やっと床に着きました。

早朝に目覚めて、ホテル部屋の窓の外を見たら、メリー・ポピンズの
映画を連想させてくれた屋根上の風景。ちょっと絵になります。

20130314_london_2_morning

ちょっと寒かったですが、散歩がてらに朝食会に向かいました。

20130314_london_3_buckingham


20130314_4_buckingham

バッキンガム宮殿は、やはり、大帝国を感じさせらえる風格があります。

20130314_london_5_buckingham

宮殿の周囲は緑がゆたかで、時間がゆったりと過ぎていくような
感覚がします。

20130314_london_6_buckingham

5月に予定されている日英21世紀委員会で英国側の座長の
ハワード卿とご挨拶するためにロンドンに立ち寄りましたが、保守党の
元代表でキャメロン首相の側近と言われる方です。スコットランド人の
マッコネル卿も同席されましたが、「Jackとお呼びして良いですか」と
お聞きしたところ「Of course」と、とても気さくな方。フレンドリーな
お二人でしたが、当会議を単に話し合いの場としては満足していなく、
共同宣言を通じて、両政府に具体的な提言を期待されているので、
気が引き締まります。

20130314_london_7_picadilly

また、久しぶりに古巣(ムーア・キャピタルというヘッジファンド)に
立ち寄りました。外見は全く同じでしたが、当時から残っている
同僚はごくわずか。でも、懐かしい再会でした。

20130314_london_8_curzon

« The Global Fund Needs Japan | Main | ベルリン DAY ONE »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave