« 第五期「論語と算盤」経営塾がスタート! | Main | 構造の変化に伴う改革が急務 »

May 23, 2013

「むしのたくかにと」の種

ある勉強会に講師としてお招きいただきましたが、質疑応答の
ときに「シブサワさんが楽しいと感じるときは、どういうときですか」
という質問をいただきました。

私の答え。「何もないところに種を埋めて、それが勝手に化学反応
を起こして、育ちはじめるとき。」  何か、集いを企画して、人が
集まることが楽しいです。 そのイベントの内容を細かいところまで
詰めることに特に喜びを感じませんが、人が集まって、楽しそうに
している姿を見ることは本当に楽しいです。

一方、「はてな?」という未知に、壁を上がる不信感にはしらけます。
「なんの意味あるの」という否定に、「なんの意味がないから、意味
があるかもしれない」とカウンターしたくなります。

「正しい答え」を決めつける傾向も、自分的にはダメダメですね。
だって、そうすると思考停止になるから。「正し問いかけ」は
常に心がけたいです。

そんなときに、良いことを参加された経営者に教えてもらいました。

「むしのたくかにと」の種を埋めること。。。。  確かに。

はては?と思った方は、逆からお読みください。

« 第五期「論語と算盤」経営塾がスタート! | Main | 構造の変化に伴う改革が急務 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2