« 「見えるリスク」と「見えないリスク」 | Main | 大自然のプログラミング »

April 05, 2014

兵庫県の三木市の稲見酒造

本日の午後に神戸のPlug078主催のセミナーの前の午前中を利用して、
兵庫県の三木市まで足を延ばして、今年の2月中旬のコモンズくつろぎ
BAR
でご披露した酒壺(みき)という純米大吟醸と大吟古酒をつくっている
稲見酒造にお伺いしました。

20140405_inamishuzo3

兵庫県は山田錦の生産量が日本一。ただ、このお米はお酒の原料のとして
使われていて、米の中心部の心白(しんぱく)があるため、食べるには適して
いないようです。(炊くとベタベタしてしまうようです。)

ただ、もちろん、この心白が美味しいお酒に命を吹き込みます。
右が山田錦、左が50%まで削った状態です。(40%まで削ると大吟醸になります。)

20140405_inamishuzo1

酒壺(みき)という純米大吟醸は最近に飲んでみた中で最も気に入っている
日本酒で、大吟古酒は日本酒を超えたような味わいで、外国に輸出されたら
高く評価されるのではないかと思っています。四代目(で、「まだ」12目)の稲見
秀穂さんと奥様とお会いして、酒壺のやさしい味の理由がわかりました。作り手
の気持ちや想いが、そのまま伝わる日本酒の奥は深いですね!

20140405_inamishuzo2

ご紹介いただいた三木市議会議員の大西英樹さんに大感謝です!

20140405_miki_sakura


« 「見えるリスク」と「見えないリスク」 | Main | 大自然のプログラミング »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2