« December 2014 | Main | February 2015 »

January 31, 2015

草食投資隊in盛岡・・最高でした!

昨夜の大雪は止み、今朝の仙台はきれいに晴れて、無事に仙台から盛岡へ
移動することができました。

20150131_sendai_2

今回は、初めて草食投資隊三名として盛岡に訪れましたが、現地の主催者である
いわて経済力向上委員会の皆さんのおかげで、大勢の方々がご来場くださいました! 
誠に失礼ながら、投資に対して保守的と言われる東北の盛岡で、これほど大勢の方々が
集まると思っていなかったので、とてもナイスはサプライズでした。

20150131_ssk_morioka

20150131_morioka_b

それぞれの「ショート」スピーチの後、後半は、三人のトーク・セッションで
会場からのご質問などにお答えしました。

20150131_morioka_c

そして、三人の著書のプレゼントに、じゃんけん大会も!

20150131_morioka_d
 
何よりもうれしかったのは、閉会のとき。我々三人は恒例としてセミナー終了後には
出口のところで「ありがとうございました」と感謝の挨拶で来場者をお見送りします。
挨拶を返してくださる方々がもちろん多いのですが、残念ながら、そっぽ向いて退場
する方々も少なくありません。我々の話がつまらなくて期待外れだったのか、性格が
シャイなのかわかりませんが、ナンカ後味がよくない・・・

こんな経験を全国でしています。(地域カラーで強弱ありますが) 

ところが、盛岡は違いました。。

お帰りになる皆さんが全員が笑顔で「ありがとう」と挨拶しながら退場してくださるのです。
感激。気温は寒いお国ですが、心は温かいのですね。

20150131_morioka_a

次回、訪れる機会が楽しみです。


January 30, 2015

草食投資隊in仙台@大雪!

今日は、仙台の一番の大雪の日。 草食投資隊の三名が一緒になると
どのような雨模様でも晴れてくるという実績を誇っていますが、雪には
弱いようです・・・

20150130_sendai_ssk

申込みベースでは満員御礼でしたが、さすがに大雪の影響で断念した
方々も少なくなかったようです。でも、そのような逆境の中、ご一緒して
くださった皆様には感謝!

20150130_sendai_ssk2

懇親会にもお付き合いしてくだくさった方々が多く、仙台で新たな仲間づくり
ができて、うれしかったです!

January 29, 2015

「女性の活躍」って英語で言うと・・・

女性の・・・「活用」、「登用」、「活躍」など色々な呼び名がある中、
活用や登用という言葉だと、女性が生の人間ではなく、単なる
「活用」する、「登用」する無機質な部品やモノというイメージが
あるので、私は「活躍」という表現を使ってきました。

ただ、英語で「女性の活躍」と表現したときに、Women Activation
やWomen Successというと、変な感じがします。

自分が英語で「女性の活躍」を表現する場合、Women Empowerment
という言葉を使いますが、「女性の権限」というと、かなり重い感じが
して、ニュアンスが変わってきます。

一方、カタカナで「エンパワーメント」と表現すると、人びとに夢や希望を
与え、勇気づけ、人が本来持っているすばらしい、生きる力を湧き
出させること
というイメージがあります。

そういう意味では、「女性の活躍」とは日本の独特的なマインドセット
から生じる表現なんでしょうか。。

January 28, 2015

セブン&アイ 女性の活躍

コモンズ「女性の活躍セミナー」にセブン&アイHLDGS.のダイバーシティ推進
プロジェクトリーダー就任、セブンイレブン・ジャパン取締役執行役員秘書室長の
藤本圭子さんをお招きいたしました。

20150128_seven1

内閣府が新たに創設した「女性が輝く先進企業表彰」において、1月上旬に『内閣
総理大臣表彰』を受賞した
ばかりという絶妙のタイミングで藤本さんのお話を
賜ることができて光栄でした。

お話をお伺いしていると、「女性の活躍」を具現化させるには、やはり、トップの
コミットメントが不可欠であること。そして、そのトップの意向を(自分たちの
ポジションが脅かされるかもしれない)管理職が経営の意図を聞き入れて、実践
できることがカギであることがわかります。

セブンは、2012年2月末の「係長以上」の女性の比率が17.8%のところ、2014年
2月末には21.4%、そして、2016年2月末には30%を達する目標を設定しています。
そのため、様々なセミナー、ワークショップ、ハンドブックなどを用意していますが、
やはり、人事の評価というところが一番効いていると感じました。

女性の「活躍」には、女性自身が責任が増える管理職に就くことを望んでいない
ことが弊害だという話を耳にすることが少なくないですが、これは「都市伝説」かも
しれません。藤本さんによると、それは、男性側の聞き方が問題であり、女性の
意思を正確に把握していないという可能性もありそうです。

色々とフランクなお話をお伺いする貴重な機会にご来場された皆さんの満足度も
高かったと思います。 藤本さん、どうもありがとうございました!

20150128_seven

January 27, 2015

「サムライフ」 大丈夫、ここからだよ

第三回コモンズSEEDCapの応援先の長岡秀貴さん(侍学園 スクオーラ・今人
代表理事)の実話をベースにした映画「サムライフ」を試写会で鑑賞しました。

20150127_samulife

最初の20~30分ぐらいは予想していた範囲のものでしたが、途中から期待以上に
グングン引き込まれ、結構感動しました。夢を追いかけてる人、自分の「居場所」を
見つけようとしている人には特にお勧めです。

夢は一人だけで叶うわけなく、仲間の存在があるからこそ実現する。
そして、
その仲間たちを引き寄せるものは、理屈や理論ではなく、情熱、愛、正直さ。

夢を見る者は、必ず悩む、心が折れそうになる。
ただ、
あのときの、あの人の一言で立ち直れる。

こんなことを教えてくれる映画です。ぜひ、公開の際にはお楽しみください!

長岡さんは、2009年の第一回コモンズ社会起業家フォーラムに登壇して
いただきました。

「必要実感欲」を見失った若者たちへ手を差し伸べ、みんなが「幸せ」な国づくり。

大きな夢です。必ず実現させたいですね。

January 26, 2015

愛と恋の違いと資本主義

東証+YOUの活動サイトに先週の金曜日から、ニッポン応援経済日記というインタビュー
記事の連載が掲載されてます。今回の第一回目は「愛と恋の違いってなんなんでしょうね」
渋澤健の「資本主義と未来志向」
です。。。(笑)

20150126_nippon_ouen

フランスの学者のピケティさんの「21世紀資本主義」がブーム?として話題を
呼んでいますが、19世紀の末期の日本に訪れた資本主義もフランスから影響
を受けました。(渋沢栄一が1867年にパリ万博へ幕府代表団に随行したことが、
きっかけをつくったたので。) 

でも、これからの未来を考えると資本主義とは世の中における「格差」を生じる
問題ではなく、これからの日本の持続的な成長のために大切な手段です。

19世紀でも、21世紀でも資本主義に重要なマインドセットは未来志向なんです。

私は資本主j義とは民主主義と同様に人類のイノベーションであると思ってます。
また、イノベーションとは格差をつくることでもあり、格差を縮めることでもあります。

広がったり、縮まったりしないとういことは呼吸していないことと同じ。呼吸しない
身体は死んでますね。

格差が問題ではない。格差が固定していることが問題だと思います。
つまり、「愛」がない資本主義が問題である、といえるでしょう。

January 25, 2015

誰しも輝ける社会に取り込む会社

本日の日経ヴェリタスのコラムで、11月に訪問した日本ウエストン株式会社の体験
紹介しました。

20150125_veritas_b

誰しも輝ける社会に取り込む会社の姿は、本当に気持ち良いものだと、ご訪問させて
いただいたときに切に感じました。やはり、感動は、良い仕事をするためには大切です。

当社は、見事に第12回企業フィランソロピー大賞を受賞され、2月17日に
贈呈式が開催されます
。ご都合がよろしければ、ぜひ、お越しください!


January 23, 2015

「凄腕ファンドマネージャー」の糸島

今日は、コモンズ投信の運用部長の糸島孝俊に運用を一切任せている
ザ・2020ビジョン」の設定の一年を記念するセミナーを、先週末の大阪、
名古屋に引き続き、東京で開催しました。

20150123_itoshima 20150123_itoshima2

金曜日のお忙しいところ、大勢の方々にご出席して
いただき、糸島への期待が高いことがわかり、
本当にありがたいです。

ザ・2020ビジョンの運用の着眼点は「変化」です。

主体的に変化に挑む会社、あるいは事業環境に
よって余儀なく変化しなければならない会社。これらが、糸島と運用チームが発掘し、
機動的に「ダイナミック運用」します。

そういう意味では、同じ日本株式ファンドであるコモンズ30ファンドと特徴がかなり
異なり、日次・月次と言う短期的な視点では運用実績も異なるので、両方を持つこと
はリスク分散になります。 もちろん、両方とも長期的なミッションは同じです。投資
してくださる方々の長期的な資産形にお手伝いすることです。

糸島が最近に出版した書籍で売れ筋が良いと聞いています。ぜひ、ご笑覧ください!

20150123_2020

株・投信で2020年までに資産を倍にする法

で、糸島が「凄腕」と言われる理由は?

この二年間、一緒に働いてきた人間として
言えることは、彼の運用に対する執念、
つまり、手を抜くことができない人格だと
思います。

平日は最終電車まで働いていることが多く、
また、週末に自分が会社に立ち寄ると、
ほとんどの場合、糸島が仕事をしています。

これは、彼の常にベストを尽くしたいという
熱い心構えです。

「結果が全て」と軽々しく評価される運用
業界ですが、「たまたまの結果」、「結果
オーライ」には復元性がありません。
やはり、ベストを尽くした結果を見ること
が大切です。

January 21, 2015

CSVはCommons Share the Vision !

今日は、環境省主催の「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融
行動原則
)H26年度 第3回運用・証券・投資銀行業務ワーキンググループ」のCSV
セミナーのパネリストとして参加しました。金融機関や企業のIR、ESG、CSR担当など
およそ100名の参加者で盛況な会合でした。

1421831177237.jpg

テーマであるCSV-Creating Shared Valueとは、ハーバード大のマイケル・ポーター
教授が2011年に提唱した経営思想です。CSRと意識的に線を引いて、企業が本業を
通じて社会的課題に解決するという定義です。まぁ、日本的に言えば、「三方よし」
あるいは「論語と算盤」のような考えだと思います。

コモンズは「CSV」を運用の焦点として掲げている訳ではありませんが、考え方に
通じると思います。ふと思い出しました。そもそもコモンズの構想が自分の中で
芽生え始めたのは10年ぐらい前、経済同友会で世界における日本の使命を考える
委員会で副委員長を携わっていたときでした。

日本の使命、そういう意味で世界における日本の価値創造と言っても良いでしょう。
二年間かけて、53回ぐらいの委員会を繰り返して、様々な側面から議論を重ね
ました。

そして、その提言書のタイトルは、日本の「ソフトパワー」で「共進化(相互進化)」の
実現を- 東アジア連携から、世界の繁栄に向けて -
 で、「共進化」というキーワード
を提案しました。つまり、Co-Evolutionですが、これもShared Valueというコンセプトに
近いかもしれません。

この委員会で、「機械論」「生命論」という考え方に感銘を受けました。機械はパーツ
を組み合わせて全体になるので、ひとつひとつのパーツの効率性、合理性を求め
ます。一方、生命は矛盾だらけ。しかも、繁殖には無駄が多いです。でも生命は
遺伝子を次の世代にバトンタッチして進化します。そして、その「無駄」の中に、
環境が変化して整ったときに、進化の可能性が潜んでいるかもしれない。。。
まさに、生命の「見えない価値」です。

機械論で企業価値を説明しやすくできますが、でも、企業は機械ではない。どちらか
というと生命に近いかもしれないなぁという問いかけがコモンズ投信への起源に
ありました。

そして、コモンズ30ファンドを設立した2009年から使っていたキャッチコピーは
Share the Visionでした。つまり、「今日よりもよい明日」のビジョンを掲げる
共感資本主義です。

Commons Share the Vision 。。。 ちょっと待ってよ。

これも、CSVじゃないですか! それもポーター博士より2年前に提唱していた。

でも、ハーバード・ビジネス・レビューから、まだ連絡ありません。(笑)

January 19, 2015

循環型地域社会を目指す「コモンズ30+しずぎんファンド」

今朝の日経新聞の5ページに載りました。

20140119_shizugin

コモンズ投信が地銀向けファンド開発 まず静岡銀向け

小さい記事ですが、コモンズの今年のチャレンジは大きい構想の実現です。

地銀が地元で取扱うの専用ファンドを設け、長期株式投資を通じて、地域外の
成長を地域内に呼び込み、また、地域圏内から生じる利益を圏内に還元する
循環型地域社会です。

その第一号を静岡銀行と提携できたこと、本当に光栄に思ってます。

コモンズ30+しずぎんファンド

コモンズ投信を設立したときから、地域金融機関の資産運用のプラットフォームを
ご提供するビジョンを温めていました。そのビジョンの実現に一歩一歩ずつ進む
ことができて、本当にうれしいです。

共感してくれる方々が多ければ多いほど前進する構想です。

新しいことをチャレンジに、いままでの考えの枠の内側に留まり、
否定を吼える。特にネットの社会では、そのような傾向があります。

でも、ネットでも、リアルな世界でも、新しいチャレンジを応援してくださる
方々の方が圧倒的に多い。だって、「今日よりも、よい明日」を望む人々の
方が多いから、当たり前のことです。

January 16, 2015

資本主義の終焉

「資本主義の教養学」公開講演シリーズで日本大学・教授の水野和夫さんを
お招きして「資本主義の終焉」についてのお考えをお伺いしました。

20150116_shihon

20150116_mizuno

日本のようにゼロ金利が常になっている
状態は、資本主義の「死」を示すと
水野さんは指摘されます。

つまり、資本主義は資本の自己増殖
プロセスでありますが、その利潤率が
利子だとすると、それがゼロ、破たん
しているということです。

資本主義の終焉と歴史の危機

確かに、現在のゼロ金利政策・量的
緩和によって、中央銀行のバランス
シートに国の借金だけではなく、
不動産商品(J-REIT)、株式商品(ETF)
も積み上がっている国家資本主義の
副作用は測りきれないリスクです。

.

20150116_ai

でも、私は人間が未来に対して、
こうなってほしいという期待や希望が
ある限り、資本主義は存在し続ける
と思っています。

ただ、その表現の仕方には工夫が
あります。

資本主義に愛と勇気を取り戻したい
ですね。資本主義の原点はポタポタ
と垂れ流し状態になっている資源を
寄せ集めて未来へ流れる成長資金の
大河をつくることです。

渋沢栄一 愛と勇気と資本主義

January 15, 2015

親になる喜びの根元にある、夫婦の土台づくりとは

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイトの日経デュアルでコラムを
連載させていただくことになりました。

夫、そして、父親になると、色々と心が動きます。全てが理屈どおりに
コトが進まないですから。パパもママ、そして、子供もやはり人間です。

そういう意味で「喜怒哀楽愛悪欲」という7つの情の観点から、色々と
魅力的な方々のお話をお伺いし、自分なりに内容を消化して、共働き
しながら子育てする方々への応援メッセージを送れることができれば
少々お役に立てることがあるかもしれないと思いました。

自分も色々な発見があり、夫・父親として「今日よりも、よい明日」と
改善できればな、と願ってます。

第一回目の情は「喜」。コモンズSEEDCapなどでご縁をいただいている
NPO法人マドレボニータ(出産後の母親の心身ケア)の代表理事の
吉岡マコさんからすてきなお話をお伺いしました! 

どうぞご笑覧ください。

親になる喜びの根元にある、夫婦の土台づくりとは?

20140114_dual_makosan

コモンズのこどもトラストは、共働きのママ&パパを応援してます!

January 09, 2015

1961クラブの2015新年会

2009年に、「同い年のオバマ大統領に会いに行く!」という立てつけで呼びかけた
「1961クラブ」。 長年のアメリカ人の友人が同い年であり、彼はオバマのサポーター
であったので、「これからは我々の世代」と日米1961クラブを立ち上げようという話に
なったので、とりあえず、日本側から始めました。

最近は、もともとの理由はそっちのけ。単純に同じ時代を経験している同い年の仲間
たちと年三回に集まって楽しんでいます。同い年だけど、同級生の集いではないので、
過去の話になることが少ないことが特徴です。また、最近は、魅力的な女性メンバーも
増えてきて、これも、うれしいです!

代議士、医者、弁護士、会計士、大学教授など、「先生」が多いのですが、1961クラブの
ルールは「さん」付け。企業経営者、役員、管理職、また、音楽関係とかジャンルが全く
異なるメンバーでもフラットな関係で、会話を楽しむひとときです。

20150109_1961

January 07, 2015

平成渡米実業団の同窓会

2009年に渋沢栄一記念財団の100周年記念事業で結成した「平成渡米実業団」は
11月15日に成田からNYへ旅経ちました。
同日の夜に、NY現地でイベントに参加し、
二日も多くのミーティングを経て
三日目にはワシントンDCへ移動しました。
四日目もワシントンDC、そして、
五日目にはワシントン州のシアトルへ移動。
六日目の最後の打ち上げは、しこたま飲んだ記憶が。。。

そんな関係の「若手」経営者のメンバーですが、今でも和気藹々と全員が関西や
埼玉など遠方から(日帰りで!)集まる素晴らしいご縁です。

20150107_tobei

また、いずれ、どこかに皆と一緒に旅をしてみたいです。

January 06, 2015

2015年祝賀パーティ

経済同友会、経団連、商工会議所の経済三団体の2015年祝賀パーティに出席して、
恒例の総理大臣のご挨拶を拝聴しました。

20150106_shukuga

20150106_shukuga2

賃金や取引先の仕入れ価格を
上げることは国の首脳が企業へ
求めるべき内容なのかなと思い
ましたが、原稿を閉まって、最後の
締めくくりのところで、今日よりも
明日よくなる実感がある年へという
本音トークは良かったと思います。

数年前の首相のように、ブスッと
した表情で、挨拶が終わった途端に
退室するというそっけない対応では
なく、会場との対話の姿勢を示される
ということは自信の表しでしょうか。

January 05, 2015

不安的のときは価値あるものに、こつこつと

今年も、営業日初日に日経CNBCの「マーケットコロンブス」で「運用責任者に聞く 
今年の選択」という生番組に出演させていただきました。


去年の番組に私が提示したキーワードは「変化と進化」。政策目標や企業業績
という目に見える「変化」、そして、環境に合わせて持続的な価値創造を可能
とする「進化」への期待でした。
 
そして、今年に提示したキーワードは「不安定期」。

なんとなく皆がうすうす感じていることだと思います。

政府の借金が増え続ける中、量的緩和のリフレ政策で、円金利が超低水準に
押さえ込まれながら、円安が進み、つじつまが合わない状態がまるで大地が地震・
噴火の活動期を予期しているように。毎日びくびくしながら生活する必要ありませんが、
そのリスク(不確実性)の存在を無視することは妥当であるとはいえません。

不安的期に、「価格」だけを見ていると惑わされます。やはり、きちんと「価値」を
見ることが大切。

また、不安的期だからこそ、安定的にこつこつと積み立てる長期投資という選択肢を
検討すべきではないでしょうか。

不安定期には現金のように額面が変わらないと資産セレクションが伝統的には有利
です。しかし、現在の金融政策は「伝統的」ではなく、「異なる次元」のものと日銀自ら
示しています。確かに、アベノミクスが始まる前と現在では円預金の金額が変わらなくても、
世界では、その「価値」は50%目減りしてす。

このような環境では、逆説かもしれまえんが、株式投資が有利に働く場合もあると思います。
いままで、価値創造している日本企業に投資していれば、円通貨の価値が下がっても、
株価上昇で合わせて考えれば資産価値が目減りしているわけではありません。

もちろん、「すべて」の会社の株式がよいわけではないので、そういう意味では価値の
選別が明確な1年になる予兆を感じてます。..

January 03, 2015

積み立て投資がニッチから王道へ

駅伝のTV中継は、特に予定が入っていない(か、やることがあるけれども、やりたくない)
人を画面にひきつける不思議な魔力みたいなものがありますね。そういう意味では、
民間放送局にとってはCMスポットのプライシングがかなり強気ではないかと推測して
います。

その中、へぇ~と思ったのが某メガバンクのCM。若い女子が投資の「ハードル」が高い
と躊躇しているところ、「月々1000円から始められるので、ハードルは高くありません」
という呼びかけに、「これなら、私も始められるかも!」と、ちょいジャンプ。

独立系投資信託会社としてコモンズを立ち上げた2008年では考えられなかったこと
ですが、既存の金融機関が、コツコツと積み立てる長期投資を若手現役に提供する
ことは、事業機会(あるいは、脅威?)と感じているような動きが最近増えてきています。
高いCMスポットを払ってまでも、積み立て投資をしているという存在感をアピールして
いるのですから、驚きです。

そういう意味では、私たちが取り組んで築いてきた積み立て投資とは、ニッチから
王道へと展開する兆しを感じてます。

January 01, 2015

2015年の正夢

アフリカ人とトロッコ汽車に乗っていて、通り抜けている村には黒人がいたので
アフリカと思っていたら、それが南米ということがわかり、、

アマゾンのような大きな茶色の川がジャングルの中に大きく曲がりながら流れている、、、

そして、下車して建物に入ったら、そこが水族館になっていて、、、

それから、建物から出たら、いつの間にかに連れが白人になっていて「マーク」と
呼ぼうとしたら、「いやいや、彼はアーサーだったな」と思って、、、

彼が来た道を戻っていったところ、自分は見つけた近道を見つけて、道の歩道の
空いている側でラッキーと思っていたところ、アーサーより先に行ってしまったので、
戻ってアーサーを見つけて。。

あと、透き通ったきれいな湖のシーンとか、、 

駐車場で他の人の車に乗って、走り去ってしまって、慌てて戻ったけれども自分の
車が見つからなくて焦っていたシーンも、、

ごちゃ混ぜになっていて、何だか訳わからない夢でした。

強いて意味づけるtのであれば、今年も相変わらずマイベースで自分の道を歩む
ということでしょうか。。。家族、友人、仕事の仲間など自分と付き合ってくださる
大勢の方々に今年もご迷惑をおかけそうですが、本年もどうぞよろしくお願い
いたします!

« December 2014 | Main | February 2015 »

Most Recent Photos

  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave
  • 20170508_malaria
  • 20170505_eiichi
  • 20170425_deadly_2
  • 20170419_kyodo
  • 20170419_kyodo3
  • 20170419_kyodo2
  • 20170419_kyodo1
  • 20170411_ronsoro_8
  • 20170402_veritas