« April 2015 | Main | June 2015 »

May 31, 2015

コモンズ6周年セミナー@名古屋

今朝の名古屋は晴天に恵まれました。

20150531_nagoya_1

素晴らしい天気に関わらず、大勢の方々がコモンズ6周年セミナーにお越しいただき
うれしかったです。昨日の大阪セミナーに引き続き、こちらも会場が満員御礼!
名古屋方面の皆さま、本当にありがとうございます!

20150531_nagoya

ゲストは投資先の堀場製作所のIRチームリーダーの上杉英太さん。自動車排気ガス、
半導体のウエーハ工程のマスクキングに必要なガス、血液検査の血球など、様々な
分野で「はかる」計測分析の企業です。

京都発のベンチャー企業であり、現在はフランスやドイツの会社を買収を通じて、
グローバル企業へと進化しました。

社是は、「おもしろ、おかしく」。 現場の意気を大切にしている風土が伝わって
きますね。

20150531_nagoya_23

6月19日(金)では大阪で、当社の「ステインドグラス」プロジェクトリーダーの森口
真希さんのご協力をいただき、「女性の活躍セミナー」
を開催します。ダイバーシティを
「ステンドグラス」と表現する当社のDNAはすてきです!


May 30, 2015

コモンズ6周年セミナー@大阪

今日は大阪で、コモンズ30ファンドの6周年セミナーを開催しました。
会場は、風格がある綿業会館。とあるご縁で使わせていただきました。

20150530_osaka2

1931年に建てられた歴史的な文化財ですが、私たちも世代を超える年月に
応えられる存在になる想いを込めて、コモンズの「お仲間」をお迎えしました。

20150530_osaka1_2

遠いところでは、福岡からもお越しくださった「お仲間」がいらしゃって、感謝!

20150530_osaka3

おかげさまで、想定の定員以上の方々がお越しくださって、椅子を追加しました。

20150530_osaka4

コモンズの運用報告が第一部。しかし、メインイベントは、やはり、第二部に設けた
コモンズの「対話」です。

今回は、投資先のベネッセホールディングスのIR課長の斎藤和敬さんのご協力を
いただきました。去年の漏えい事件の影響で、従来の国内教育ビジネスが大きく
打撃を受けた当社です。大勢の方々の前でお話する心境は厳しかったと思いますが、
真摯に質問などにお答えいただいたことに好感された方々が多かったと思います。

「普通」の投資であれば、投資先企業の事業を通じた将来の企業価値創造のリスク
(不確実性)が高まれば、売却することでコトを済ませるでしょう。ただ、コモンズ30
ファンドの長期投資の最初の行動は、対話を通じて問いかけることです。目先の
「正しい答え」はないかもしれませんが、「正しい問い」はあるはずです。この問いに
応えていただける企業の場合、長期的にご縁が続くことは難しいです。

一方、対話していただける企業であれば、コモンズは一緒に未来価値の創造を
一緒に考え、できるだけ一緒に関与したいと思ってます。

未来の価値創造という意味で、コモンズの設立理念に大切にしていることは
社会起業家の応援です。コモンズを設立した理由は「今日よりも、よい明日」
という社会インパクトを与えたいため。社会起業家とは、社会的課題を他に
任せるのではなく、自らインパクトを与えるために身を起こしている同志です。
彼らたちを応援することは、コモンズの「本業」であると思っています。

今日は、第5回の社会起業家フォーラムで登壇していただいたNPO法人DxP
(ディーピー)
の共同代表の今井紀明さんです。お久しぶりに生の話をお伺い
したのですが、ますますパワーアップされてました! うれしいですね。

当時の今井さんのスピーチは、こちらで是非ご覧ください。

May 29, 2015

社会的インパクト投資のリターンとは

(私が委員でもある)G8社会的インパクト投資タスクフォースが主催する
経済的リターンと社会的インパクトを同時にスケールする 社会的インパクト
投資シンポジウム
の分科会のパネルに参加しました。

私が「社会的リターン」「社会的インパクト」という概念に意識
し始めたのは、今から13~14年前ぐらい前です。きっかけは
自分がアメリカの出張中に体験した9.11でした。

あの悲劇の後のアメリカの民間セクター(自分が務めていた
元会社でヘッジファンド・マネジャーの大ボスは即座にNY
本社の近所にあった消防署で亡くなった隊員のための基金を
設立し、他に参加を呼びかけました。

大ボスの大親友であるヘッジファンドマネジャーは、その前から
ロビンフッド財団を設立して、(ヘッジファンドマネジャーである
からこそ)「社会的」リターン(インパクト)の見える化を要求して
いることがとても新鮮でした。

でも、当時の日本では、このようなにfor profit sectorがnon-profit
sectorに直接的に関与する仕組みが見当たらなかった。

その問題意識から、ヘッジファンドのファンド・オフ・ファンズの成功
報酬を寄付財源とするSEEDCap Japanが産まれ、現在のコモンズ
SEEDCap
へ活動を引き継いでいます。

長年、「社会的インパクト」「社会的リターン」について考えて試行
錯誤している身として、このような考え方は長い年月をかけて脈々と
広がっていましたが、特に、この数年間に速度が高まっていると
感じています。

だって、このようなシンポジウムが東京証券取引所の会場で
開催されるとは、数年前まで、考えられないことだったと思います。

ROEの"E"は経済的なオーナシップに対してリターンを測る考え
肩ですが、我々一人ひとりは社会的オーナシップの責任、義務も
あると思います。そのオーナーシップに対するリターンの測り方に
「正しい」答えがあると思えませんが、我々は「正しく」問い続ける
という姿勢が大事です。

そんなことを考えている人たちが、増えている。。。。それが、現在の
社会の傾向であることが心強いです。


 

May 27, 2015

渋沢栄一の言葉

東京商工会議所の会員新聞の『東商新聞』のBiz Ex[ビジネスエクストラ]で
コラムが始まりました。

渋沢栄一の言葉には未来志向がありました。これから、よい日本社会を
築く現役世代に参考になるメッセージがあるはずです。

20150527_toushoubizex

May 24, 2015

初めての宮崎

大分から「にちりん号」に揺られて3時間。

20150524_miyazaki

初めての宮崎に入りました。

20150524_miyazaki2

今回は、草食投資隊セミナーも宮崎では初挑戦。それほど大きな会場ではなかった
ですが、余った空席が一つもない状態でした。うれしいことに、お申込みいただいた
皆さんが100%出席されたのです! 通常の無料セミナーの出席率は6~7割程度
ですから、宮崎の皆さんの姿勢に感銘を受けました。

20150524_miyazaki3

セミナーの後は、藤野さんがどうしても行きたいといううなぎ屋さんに行くために、
レンタカーして、宮崎市から一時間弱の西都市まで、寄り道。(飛行場とは反対
方向でしたが。。。) 美味しい。たしかに、美味しかったです!

20150524_miyazaki_unagi

入船  創業120年以上の老舗のようです。 

20150524_miyazaki_unagi2

May 23, 2015

すばらしい! 大分の感動

本日の草食投資隊セミナーの前に、大分県美術館OPAMで心身をほぐしました。

20150523_opam

一ヶ月前に開館したばかりの美術館ですが、本当に素晴らしかったです。
日本が誇る世界クラスの美術館のニューフェイスであると感じました。

20150523_opam1

20150523_opam2

20150523_opam4

20150523_opam5

魅力的な建築の中の展示は、この世の中の巨匠から現地を拠点にした
アーティスト、近代アートから民芸までが、五つの「章」で魅力的に
展示されてます。

《第1章》モダンの祝賀
まさに「解放された」色と形が目を刺激し、癒してくれます。

《第2章》死を超える生・咲き誇る生命
ちょっとダークな感じがする。けど、そこには命がある。

《第3章》日常の美 人と共に生きる「もの」と「かたち」
大分の小鹿田焼きなど民芸が、近代アートと融合する。

《第4章》画人たちの小宇宙
「無限な時間と空間」である宇宙を、有限であるが多様な人間の表現。

《第5章》視ることの幸福
「光」を感じまました。

大分の感動は美術館で終わることなく、午後にも続きました。

セミナーは東京で開催する草食投資隊のイベントと同じぐらいの来場者数に
恵まれ、また、懇親会では我々のために、活動五周年記念のサプライズ
ケーキまでご用意していただけました!

20150523_ssk

20150523_ssk1

素晴らしく、感動しました。 

大分の皆さま、どうもありがとうございました!
お会いできる次回の機会を楽しみにしております。

May 16, 2015

赤城自然園でのセミナー

今日は、草食投資隊初の「ピクニック・セミナー」を赤城自然園で開催しました。

20150516_akagi_picnic

様々な世代の男女で、投資経験も異なりますが、皆さんの笑顔は同じ。
本当に良い時間を過ごすことができました!マイナス・イオンをたっぷり。

20150516_akagi_group_2

このオオヤマレンゲの切り花はお茶の席でよく使われるようですが、自然の状態では
咲いている寿命が数日間のようでタイミングが合わないとなかなか楽しむことができない
ようです。

20150516_akagi_993

これが、上の花に咲きます。

20150516_akagi_992
 y
5月は花を楽しむのは良い季節のようですが、夏や秋にも訪れて、
四季の変化を楽しみたいです!

20150516_94


20150516_akagi_991


20150516_akagi_91


20150506_akagi_98


20150516_akagi_99


20150516_akagi_96


20150516_akagi4


20150516_akagi7


20150516_akagi6


20150516_akagi9


20150516_akagi92


20150516_akagi97


2015050516_akagi95


May 13, 2015

育む次世代への長期投資

本日の日経新聞の
教育費、高校までは年収で
大学の500万円 貯蓄・運用で用意

という記事で、コモンズのこどもトラストの取り組みをクロースアップしていただきました。

20150513_nikkei


「世代を超える長期投資」。これが、コモンズが設立理念でもあり、
もっとも大事に育てている社会的事業です。

まだ、スケールはちっちゃいです。

しかし、この分野において日本の金融業界の先導者であると自負しています!

これから、どんどん成長するように、日本全国の親御さんと共に育みたいです。

May 11, 2015

日米関係と中国主導のAIIB

色んなところから、AIIBに日本が参入すべきかという賛否両論の声
が聞こえてきますが、私も昨日の日経電子版のコラムで、日米・TPP
と合わせて考えてみました。

これからと日本と米国の関係についても色んな考えがあると思いますが、
自分の視座から見える21世紀の日本の繁栄を描くときに、やっぱり
欠かせない存在だと思います。

米国から見えるアジア太平洋において日本の存在も欠かせない、と
思います。そういう意味で、もっと日本は自信を持って良いのでは。

中国インフラ銀がもたらした日米の蜜月

20150511_nikkei

May 05, 2015

子供の未来を考える日

今日は、子供の日。

自分が積み立ての長期投資を始めたのは子供の将来のためでした。

そのとき、自分の将来の姿が世代を超える「今日よりも、よい明日」の
自己現実のお手伝いであるとは全く想像していませんでしたが。。。

コモンズ投信の口座数の約15%が子供です。
コモンズのこどもトラスト。

20150505_kodomotrust

コモンズでは子供と親御さん向けのセミナーもたくさん設けています。
先月末には、小学生向けの「かきくけコモンズ」を実施しました!

20150505_kakikukecommons

May 03, 2015

ジュニア投資の意義は「価値」へ長期投資

本日販売の日経ヴェリタスは子供の日の特集としてジュニア投資を取り上げ、
コモンズの小学生向けの「かきくけコモンズ」セミナーでを紹介してくれました。

コモンズのこどもトラスト・セミナーで参加回数を達成するとI-Oウェルス・
アドバイザーズの岡本和久さん
がご提供するピギーバンクをプレゼント
してます!

20150503_veritas

子どもの「投資」について、日本を代表する投資媒体が取り上げることは素晴らしい
ことで、とても良い傾向です。ただ、全体的な視点が投資の「価格」に留まっている
ような感じがしました。

コモンズが目指しているのは「価値」への長期投資です。こどもトラストで積み
立てて下落すると「ヒヤヒヤ」させて、上昇すれば「利益確定したい」ということを
子供たちに体験させることではありません。「今日よりも、よい明日」のため、
自分は何を学んで、どのように行動すべきか。そんなことを学べる場にしたいです。

「株やってる」ジュニア版を日本社会に増やすことが「ジュニア投資」と思って
ほしくないと痛切に思います。その感覚に留まってしまうと、よい未来を開く
ことは難しいと思います。


たまたま同じ号で、私のコラムも掲載されました。こちらは、長期投資の啓蒙
活動の5周年を経た「草食投資隊」について書きました。もっと、もっと日本
全国に私たちの声と想いを届けたいです!もちろん、若者・ジュニアの皆さん
へにも!引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

20150503_soushoku_2

May 02, 2015

最近の若者は、Very Impressiveでした!

良い! すごく、良いです。

最近の若者は、すごいなァ~と、昨日、早稲田大学での講義で思いました。

全て、英語で行いましたが、ほとんどの学生が真剣に耳を傾けてくれて、
質疑応答になると、多数からすぐに手が上がり、時間の関係上、即時に
受付締切。。考えさせられる質問をいただき、感謝!

20150502_waseda1

向上心と意識が高い彼らと自分の35年ぐらいの姿と照り合してみると、
ホントに赤面です。

20150502waseda2

「全体」、「平均」や「一般的」。日本の社会的現象によく使われる視点ですが、
これだけだと、キラリとした宝物を見落としている現状が多々ありますね。

20150502waseda3


May 01, 2015

Beyond the Landscape of Japn

来月Cannes国際映画に出品することになったAugment5
井野英隆さんプロデュースの映像。

浪がが出るぐらい美しいです・・・! 

このようなビジュアルを通じて、もっともっと大勢の外国人に
日本の魅力を知ってほしいですね。

Beyond the landscape of Japan_trailer_forCannes2015 from augment5 Inc. on Vimeo.

« April 2015 | Main | June 2015 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave