« June 2015 | Main | August 2015 »

July 30, 2015

朝の散策

今朝は、兼六園で朝の散策。  毎日、こんなに癒されて、一日を始められれば良いですね。

20150730_kenrokuen1


20150730_kenrokuen2


20150730_kenrokuen3


20150730_kenrokuen4


20150730_kenrokuen5


20150730_kenrokuen6


20150730_kenrokuen7

金沢城にも、ちょっと立ち寄りできました。

こんな広大な敷地とは、江戸城に次ぐぐらい、日本一クラスのお城じゃないでしょうか。

20150730_kanazawajyo1


20150730_kanazawajyo2


July 29, 2015

金沢のかわいこちゃんたち

金沢は講演活動など仕事では良く訪れる地域ですが、
プライベートで訪れるのは17~18年ぶりかもしれません。

しかし、観光スポットは変わらなく、ひがし茶屋街を散策
しました。

20150729_kanazawa_4

20150729_kanazawa_5

地元のかわい子ちゃんたちが歓迎してくれました。

20150729_kanazawa3


July 28, 2015

継続は力なり

4年前に始まった東証の+YOUニッポン応援全国キャラバン

当時はアベノミクスの前、株式市場の氷河期でした。それまで「株をやってる」
層だけではなく、新たな個人投資家を呼び込みたいという思いで「一人ひとりが
ニッポン経済」と「長期投資」という掛け声で5人の講師が日本全国に巡回して
個人向けセミナーを開催しました。

某地方都市では草食投資隊という三名の講師のラインアップを用意したことに
関わらず、会場に集まってきたのはたった8名。そんな時代でした。

今は違います。

20150728_plusyou

今回、初めてオリジナル・ファイブの講師が一緒のラインアップで登壇しましたが、
600名定員の会場が満員御礼。サテライト会場も使われたようです。申込みベース
ではすぐに1000名を達してしまったので、早期に受付が終了されました。

20150728_plusyoupdf_2

司会していただいた内田まさみさんの仕切りのおかげで、五人のトークセッションは
ライブ感に溢れ、ご来場してくださった皆さんにご満足いただけたのではないかと
思います。

今回、我々が確認できたこと。継続は力なり。そして、これからの+YOUの継続です。

July 23, 2015

アントロポスの視点による経済への考察

本日の資本主義研究会では経済思想史の専門の中山智香子さんの
講義を拝聴しました。

二年前に「経済ジェノサイド」という衝撃的なタイトルな新書を出版され
ましたが、経済が人を豊かや幸せにする革新へとつながらず、いつも
何もなかったように元に戻す力、つまり、人を「殺して」いるのではないか
という疑問点から産まれた本のようです。

普通、経済学が前提する人間像(ホモ・エコノミクス)とは、フマニタス
humanitas
、つまり「人間とは何か」という特別な存在ですが、実は、
アントロポスanthroposという生活、文化など環境で観察されている
存在ではないかということがポイントの様です。

フマニタスは主観的な想い、アントロポスは客観的な観察といえるかも
しれません。

今日の講義の題名は「アントロポスの経済思想のために」

すごく深くて、消化しきれていない側面も少々ありましたが、すごく
面白い話で頭の体操になりました!
  
中山さんによると、新自由主義時代をふまえ、三本の軸から考える必要が
あるとご指摘されました。


①これからの働くことの意味
ポスト・フォードイズム、つまり20世紀のフォード自動車が象徴した大量生産・
大量消費という豊かさを求める機械的な労働ではなく、そもそも人間的な労働
があるはずという考えはフマニタス的な考え。労働とは、自分の時間を切り
売りして給料をもらうの手段ではなく、自分の才能を活かす喜びがあるはず!
というと、結果的に働き過ぎてしまうのではないかという考えがアントロポス的。


②でも人間には欲求がある(お金とか)
貨幣は、資本主義がなくても存在する、つまり、連動していないと言える。
貨幣=信用。非常時になると、貨幣の正体が見えてしまう。(けれど、
資本主義の根源にも信用があると思うのですが・・・)

お中元という贈りものを考えると価値の交換ということだけではなく、
その想いが、別のカタチで世の中に循環するというreciprocity互酬が
生じるというご指摘は感じるものがありました。


③自由主義の経済学(政治とか権力がないという前提)
でも、現実としては当然ながら政治や権力は経済に影響を与えます。
それは、アベノミクスを見れば明らかですね。(だから、自分的に
腹落ちがちょっと良くない側面があるのかもしれません、と感じました)


なんでも生活に経済的な思考が入れてしまうと、それは実は生活を豊かに
しているのではなく、逆に貧しくしてしまうのではないか。

これが、たぶん、今日の話のつかみじゃないかと思います。

July 19, 2015

草食投資隊@愛知サマセミ2015

今年も愛知サマーセミナーに草食投資隊が登壇し、佐藤えりさんの
素晴らしい司会で、「お金の育て方」いう長期投資の考え方をビギナー
向けに講義いたしました。

1437294185131.jpg

会場の椙山女子学園大学へたどり着くと、うれしい出迎えが。

20150719_samasemi

このように自発的なボランティア活動で草食投資隊を支えていただいて
くださる方々は我々三人にとって本当に大切な存在です。心より感謝です!

それで、教室に踏み入れた瞬間、びっくりしました。 超満員で、立ち見
状態になりました。

1437294186904.jpg

それも、担当していた3時限、4時限の同じコマには、田原総一郎さん、
蓮舫さんというビッグネームと重なっていたのですが、それでも、これほど
大勢の方々が私たちの講義に参加してくださったとは、本当にありがたいです!

日本社会のあり方について、著名なお二人に負けないほど我々三人は
熱く語ることができた自負していますが、それは、やはり、本日ご参加して
いただいた皆さんのおかげです!

20150719_samasemi2


ご来場いただいた半分ぐらいが、今回をきっかけに草食投資隊という
存在を初めて知っていただいたようですが、今後ともどうぞよろしくお願い
いたします。

また、今回が初めての投資セミナーという方々もかなり多かったことが
印象的でした。これが「普通」の投資セミナーと思われると、現状とかなり
乖離すると思いますが、(相場見通しやファンド説明はゼロ)、今回のように
楽しみながら学ぶ投資セミナーが「ニューノーマル」となることに三人は
大勢の方々のご協力をいただきながら努めます!


July 18, 2015

優しさと勇気

新国立競技場の計画が白紙になりました。 

「国がたった2500億円も出せなかったのかねって」いう暴言や
「デザインを決めただけだ」という会見など一悶着があって、
これからも色々とあるんでしょう。 

ただ、仕切り直しで、次世代でも誇れる遺産が実現することを
期待しています。

仕切り直しの発表の直前、長年尊敬している建築家デザイナーの
黒川雅之さんは「デザインとは形だけではない」お叱りをFBで
コメント
されて、私を含めて、多くの方々がシェアしました。

ただ、日本が閉鎖的なスタンスになることにはクギを刺して
いらっしゃいます。

「グローバル化の進む世界の中での日本は違和感を呑み込む
美意識を育てなくてはならない。その意味で僕はザハの建築の
日本での建設を否定してはいない。多様な美意識が衝突しながら
渾沌という動的均衡を保っていくことが好ましい」と。

私が黒川さんから10年ぐらい前に教わったことを思い出しました。
「矛盾が最も美しく、創造性がある」という「日本の美意識」です。

黒川さんのお考えに感化され、それがコモンズ投信という新しい
運用会社を立ち上げようと思った源流にもなりました。

ただ、コモンズのことを芳しく思っていなく、それを胸の中に
留めるのではなく、ネットで広める一部の動きに哀しい思いを
しとこともあります。コモンズが言っていること、やっていることに
矛盾を感じているのが原因であり、そのようなことがあった場合、
建設的な批判は大歓迎です。

ただ、言葉使いから察しすると、何かを創ろうという建設的な
表現じゃないことが残念です。

でも、それは形しか見えていないからでしょうね。黒川さんが
ご指摘されるように、「矛盾」によって問い続けることが、
「創造」であることへの意識が乏しい。

作り手として、「みんな」を満足させることは不可能であるという
ことは理解していて、むしろ、同じ意識を共感してくれる人々の
方が圧倒的に多いことが心強いです。

映画シンデレラの最後のセリフ優しさと勇気を!」が美しい
生きざまであり、黒川さんは、これを「記憶と願望」とおしゃって
います。「優しさと勇気」を忘れない「記憶と願望」に努めます!

July 15, 2015

富山でダブルヘッダー

北日本新聞砺波支社での政経懇話会に招かれて講演させていただきました。
北陸新幹線が開通したので、東京から富山まで二時間ちょっと(途中で、大宮と
長野しか止まりません)。北陸がすごく近くなりました。

講演会を終えて、富山市内へ戻り、いつもお世話になっているよこやまFP事務所の
横山純子さん
のアレンジでセミナーで、長期投資とコモンズについてお話させて
いただきました。

1436970586624.jpg

1436970588489.jpg

同じ地元でも初参加・初対面の方々が多く、長期投資、草食投資隊、
そして、コモンズを通じて、現地でつながりにもお手伝いすることが
できていることが実感できて、とてもうれしかったです。

July 14, 2015

ぱふ~む♪

コモンズ投信のマーケティングチームの三人組のぱふ~む♪!
http://park.commons30.jp/2015/07/blog-post.html

20150714_pafuum
左 福本美帆(みぽりん) 
中 馬越裕子(ゆーこさん) 
右 横山玲子(レイチェル) 

フェイスブックのグループもリリースしたので、ぜひ、末永く応援してください!


July 13, 2015

連想することが不可欠

昨日、日経電子版で掲載された「マネーブログ」。

今回のテーマは、ギリシア財政危機から連想した日本の財政について
書きました。 「連想し」てない・できない国民が多いことが、我が国の
財政の最も深刻な問題かもしれない、というテーマです。

ギリシャ危機、思考停止の日本でいいのか

20150713_zaisei

July 12, 2015

草食投資隊の夏合宿@三陸

草食投資隊の夏合宿の二日目の午前中は陸前高田の視察から始まりました。

20150712_rt_2

この中学校は、屋上まで津波に飲み込まれましたが、86名の学生は全て
訓練通り無事に避難できたようです。

20150712_rt3

また、この看板の上まで津波に飲み込まれました。

20150712_rt7

そして、この施設ですが、

20150712_rt6a

その中に松の木が。。津波の引き潮で入ったようです。

20150712_rt6

町があったところは、大きな砂漠なようになっていますが、

20150712_rt2

この巨大のベルトコンベアの役目は、

20150712_rt5

山から削られた土を運ぶこと。

20150712_rt4

町を高台につくり直すという報道を見たことありましたが、
まさか、これほど大きなスケールのものとは認識しておらず。
びっくりしました。

20150712_rt45

その後、バスで大船渡方面の盛(さかり)という駅へ移動しました。

20150715_o

ここから貸し切りの三陸鉄道の旅が始まります。

20150712_o3

20157012_o2

穏やかな海を眺めながら昼食を取る、のんびりとした旅。

20157012_sanriku

まるで、午前中とは全く別世界ようですが、同じ海です。

20157012_sanriku1

色々と考えさせられた一日でした。

20157012_sanriku2

一緒に過ごせた各地から集まった皆さんに感謝、そして、
特に今回の二日を企画していただいたいわて経済力向上
委員会
の皆さんに心より御礼を申しあげます。

July 11, 2015

草食投資隊の夏合宿@岩手

岩手の花巻温泉で、草食投資隊の夏合宿を開催しました。
現地に入って間もなく、がっちりとセミナーを開催しましたが、地元の
岩手の方々、東京・北関東、中部・東海、関西の方面など日本各地の
方々が集まっていただき、本当にうれしかったです。

これも、現地でのいアレンジを仕切っていただいた、いわて経済向上委員会
皆さまのおかげです!とうもありがとうございました!

20150711_iwate3

いつも、笑顔でお世話になっている、公認会計士の平林亮子さんも
仙台のセミナーから駆けつけていただき、我々のトークセッションを
仕切っていただきました。Thank YOU!
 
20150711_iwate2

セミナーの後は、夕食会へと進み、その後は、、、、

20150711_iwate4

大勢の方々とフェイス・ツウ・フェイスでお話をすることによって、
実は、我々も話をしながら学ぶことが多い。これが、チョクハンの
醍醐味だと思います!

July 09, 2015

久し振りの徳島

地方紙ならばの企画ですね。徳島新聞の講演会に招かれ、待合室で新聞を
めくっていたところ、今月の上旬で満1歳を迎えた赤ちゃんたちの写真が
紹介されていました。 みんな、それぞれの特徴があって可愛いですね! 

20150709_tokushima

ほっこりした気分になりました。個人情報云々でギスギスしている世の中に
なっているので。。

「渋沢栄一明日を生きる知恵 ~原点から問い直す企業経営の有り方」という
題名の講演には100名弱の方々がご来場いただきました。


講演を経て、会場から東京へとんぼ返りの日帰りだけでは寂しいので、
飛行場行きの途中で阿波踊り会館に立ち寄りました。

20150709_tokushima1

20150709_tokushima2

楽しい踊りですねー。いよいよ来月中旬に一年のクライマックスを迎えます。
この祭りが終わると、徳島では一年が終わった気分になる、と地元の方が
おしゃっていました。 (^^)

July 06, 2015

財政問題について考える:宇宙は無限だが。。。

現在、ギリシャの10年国債の利回りは15%ぐらいで、3年国債は30%以上に
推移しています。平均的な金利負担は5年間で6.25%という推計があります。

「先進国」でも財政危機に陥ると、これくらいの金利水準になるという重要な
実例ですね。

現在の日本政府の年間の金利負担は約10兆円です。1000億円の借金に
対して平均的には約1%という計算になます。簡単な頭の体操をしてみましょう。

・借金漬けで首が回らなくなって倒産する企業と異なり、財政危機に陥る国は
長年かけて借金を「延滞」できる。

・ただ、「先進国」でも財政危機に陥ると平均的な金利負担が6.25%に上昇する
という可能性がある。

・日本が財政危機に陥った(と、しましょう)。

・長年かけて債務が延滞した結果、平均的な金利負担が6.25%に上昇した。

・有利子債務の残高が現在の水準から増えてなくても、単純計算で年間の
金利負担が62.5兆円になる。(これは、現在の高齢化社会の年間の社会
福祉費のおよそ倍の金額が、金利支払いだけに必要になるという計算だ。)

いやいや、そんなの机上の空論だという声が上がるでしょう。

これ以上、金利負担が増えないように2020年までにプライマリーバランス
(基礎的財政収入)の黒字化が視野に入っているし、そもそも金利が上昇
するような局面では日本銀行が国債の買い入れを増して、上昇を抑制する。

現状では、その通りだと思います。

ただ、プライマリーバランスの黒字化シナリオの経済成長の前提は3%以上です。
これから5年間、毎年の経済成長が3%以上の場合、適切な長期金利が現在の
0.5%に留まるという経済的根拠は何でしょうか。

私が習った昔の教科書では、長期金利の適切な水準は長期的な経済成長+
アルファであることが常識でした。どうやら、少なくとも新しい教科書が必要に
なりそうですね。

また、日本銀行は無限に国債を買って「お金を刷り」続けることができるのも
確かです。

しかし、どこかの段階で買う国債が足りなくなり、政府が日本銀行の国債購入に
充てるために新たな国債を発行しなければならなくなったとき。このような関係を
「無限」と言うのか、同じところをぐるぐる回っているだけなのか。表現が微妙です。

宇宙は無限です。しかし、所詮、人間ができることには限界がありますから。

July 03, 2015

「少子化対策」だけではなく、バースフレンドリー!

大葉ナナコさんが代表理事として務めていらっしゃるベビー&バース
フレンドリー財団
が主催するバースフレンドリー企業フォーラムで
基調講演の機会を頂戴しました。

20150702_birth

確かに、大場さんがご指摘されるように、「少子化対策」というネガティブな
言葉より、「ベビーフレンドリー」という言葉を日本社会に普及させた方が
良いですね。色々な気づきに恵まれたフォーラムでした。

20150703_birth_5

で、また、「講演禄」が素晴らしかったです! 
しごと総研の山田夏子さんの作品です!

20150703_birth_4


20150703_birth_1


20150703_birth_3


20150703_birth_2


« June 2015 | Main | August 2015 »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave