« ジョクジャカルタ-バティック | Main | バランスある報道を海外へ »

September 21, 2015

ジョグジャカルター公開講演

今回の出張は、渋沢栄一記念財団の「合本主義」プログラムの研究者の会合に
参加するためでした。渋沢栄一が提唱した「合本主義」は、かつての日本の
ような経済途上国に適している思想かもしれないという学説があり、今回は
インドネシアやタイの研究者とCSRや倫理的資本主義という側面からも議論
を交わしました。

初日は公開講演会もあり、そこで「Power of "AND" ー Humanity in Capitalism
for the 21st Century」という題名をつけて、いつも国内で色々なところで話をして
いる内容を披露しました。日本語では、ほぼ自動パイロット的に話せる内容ですが、
英語だと時々適切な単語が出てこない場面もありましたが。。。 (^^;

20150921_public_seminar

パネルで横に座っている茶色のバティックを着ている男性はAPINDO(インドネシア
の経団連みたいな団体)会長のHaryiyadi Sukamdaniさん。ホテルやモールを運営
している経営者で、インドネシアでは名門家のビッグネームのようです。 ただ、
とても気さくで色々と意見交換をすることができました。

20150921_public_seminar2

20150921_public_seminar3_2

今回のプログラムで感じたこと。資本主義や経営に社会的意義を求めるのは物資的な
な成長が限られている先進国が要求するものかなと思っていました。しかし、それは
必ずしも、どうではないようです。 

経済途上国でも特に若い次世代が社会的意義に敏感であることがわかって新鮮でした。
彼らたちの世界観はネットでグローバル社会とつながっていることが常識である21世紀
のリアリティであると実感しました。

« ジョクジャカルタ-バティック | Main | バランスある報道を海外へ »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw1a
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave
  • 20170510_jwave2