« Don't miss it ! 絶対に! | Main | こんな放置は許すべきではない »

August 04, 2016

アフリカには、日本人の夢がある

TICAD」ってご存知でしょうか?

1993年以来、主催者でる日本で5年ごとに開催されていた「アフリカ開発会議」です。
前回のTICAD Vでは、「援助から投資へ」と新たな相互関係の道筋が見えて、
3年後に初めてアフリカで開催したいという希望に日本国が応え、8月末にケニアで
TICAD VIが開催されます。安倍首相はじめ政府関係者、経済人、合わせて3000名
といわれる前代未聞の人数の日本人が一挙にナイロビに集まります。
(ホテルが全く取れない状態!)

その同じタイミングで、日本で「アフリカ起業セミナー」を8月27日(土)を有志と共
に開催します。ナイロビとのネット中継も試みながら、アフリカで起業に若手日本人に
スポットライトを当てることに努めます!このようなチャレンジ精神を応援しませんか? 

ぜひ、ご一緒に! < お 申 込 み >

827_seminar_header_fb


 ア フ リ カ 起 業 家 セ ミ ナー

共催:
アフリカ起業支援コンソーシアム   
政策分析ネットワーク

21 世紀において最も人口が増えて高成長の可能性があるアフリカ。少子高齢化で
低成長に悩まされる日本。我々の相互関係の向上は急務ではなかろうか。ただ、
アフリカ社会における日本人の存在感は薄い。そして、日本人にとってアフリカは
地理的にも、意識的にも距離感がある存在だ。

とはいえ、アフリカの未来性に魅了されている若手日本人が、現地での起業
に挑んでいる実態もある。また、アフリカに関心がある国内予備軍も確かであり、
アフリカ事業へ取り組み始めている企業も増えている。

8月27日~28日に初めてアフリカで開催されるTICAD(アフリカ開発会議)と同じ
タイミングに日本で起業セミナーを開催することによって、アフリカの未来性と
日本人の起業家精神による創造性の意気を高める。

============================================================
日時: 8月27日(土)15:00~18:00
場所: 新日本有限責任監査法人 富国生命ビル14階セミナールーム
     東京都千代田区内幸町二丁目2番2号 富国生命ビル
============================================================

15:00     開会   (受付開始 14:30)

<ナイロビからネット中継で、黒川清氏、佐藤芳之氏らがセミナーに参加!>   
*当日の接続状態による 

15:10~15:40 基調講演 
           ベンジャミン・ナナ臨時大使 駐日ブルキナファソ大使館

16:00~17:00 パネルディスカッション
        小森正勝 国際協力機構アフリカ部次長
        吉岡伸太 DMM.com 海外事業部DMM.Africa
        町井理恵 AfriMedico代表理事
        渋澤健 シブサワ・アンド・カンパニー(モデレーター)

17:20~17:50 日本アフリカ起業支援イニシアチブの紹介

18:00 閉会


<プローフィル>


【パネル】


Komori_2
国際協力機構アフリカ部次長
小森正勝

1997年国際協力事業団(当時)に採用。医療協力部、無償資金協力部、セネガル
事務所、エジプト事務所、人間開発部、アフリカ部に勤務。現在はTICADVIを担当。
ABEイニシアティブやアフリカにおける民間連携事業を積極的に推進中。 


Yoshioka
DMM.com 海外事業部DMM.Africa
吉岡伸太
 
海外市場に特化したリサーチを主事業とするSDI(株)において主にアジア、中東、
アフリカ、中南米などの新興国市場を対象とし、幅広い業界の産業調査に従事。
2016年よりDMM.Africaに参画し、業界に捉われずアフリカにおける市場調査や
新規事業開発に取り組む。


Machii
AfriMedico代表理事
町井恵理

青年海外協力隊としてアフリカのニジェール共和国で、2年間、感染症対策の
ボランティア活動に従事。ニジェールでの経験から、どうすればアフリカの医療を
さらに改善できるか考え続け、グロービス経営大学院へ進学。「違いがあるから
こそ共に学ぶものがある。アフリカと日本の両方を良くしたい」という想いから、
AfriMedico設立に至る。

Shibusawa
シブサワ・アンド・カンパニー 代表取締役
渋澤健

グローバルファンド日本委員会の前ディレクターとしてTICAD Vのサイド・イベント
など国際保健の観点からアフリカに関わるようになり、日本との相互関係の向上
の意識が高まる。コモンズ投信会長、経済同友会アフリカ委員会副会長、など
務める。

Entre
日本アフリカ起業支援イニシアチブ

趣旨・目的

アフリカで起業にチャレンジする若手精鋭を日本企業・経済人らで形成する
「アフリカ起業支援コンソーシアム」が支援する独創的なプログラムです。
「アフリカ起業支援コンソーシアム」は、アフリカ現地の起業を通じて社会的
課題の解決に挑む若手日本人の志と匠を支援するコミュニティづくりを促す
ことによりアフリカと日本の相互関係の向上と持続的成長を促進することを
理念としています。ウェブサイト「アントレAFRICA JAPON」にお立ち寄りください。


アフリカ起業支援コンソーシアムとは

日本企業・経済人らで形成する「アフリカ起業支援コンソーシアム」は、アフリカ
現地の起業を通じて社会的課題の解決に挑む若手日本人の志と匠の支援する
コミュニティづくりにより、アフリカと日本の相互関係の向上と持続的成長を促進
することを理念としています。


【コンソーシアム会員】
(2016年7月現在)
日本信号株式会社 住友化学株式会社   丸紅株式会社
キューピー株式会社 日本たばこ産業株式会社   個人2名

【選考運営委員会】

黒川清(委員長)日本医療政策機構代表理事、日本学術会議元会長
佐藤芳之 ケニア・ナッツ・カンパニー創業者、
オーガニック・ソリューションズ ルワンダ/ケニア/ジャパン会長
池亀美枝子 NEPADアフリカ開発新パートナーシップ機構総裁特別顧問
永山妙子 経営コンサルタント、元カリヨン証券日本法人副会長
渋澤健(事務局)シブサワ・アンド・カンパニー代表取締役、コモンズ投信取締役会長

【モニタリング・ボード】
小野傑 西村あさひ法律事務所代表パートナー
大久保和孝 新日本有限責任監査法人経営専務理事


« Don't miss it ! 絶対に! | Main | こんな放置は許すべきではない »

Most Recent Photos

  • 20170625_veritas
  • 20170528_hrw1a
  • 20170528_hrw5
  • 20170528_hrw6
  • 20170528_hrw7
  • 20170528_hrw4
  • 20170528_hrw3
  • 20170528_hrw2
  • 20170528_hrw1
  • 20170514_veritas
  • 20170510_jwave2
  • 20170510_jwave