« 格差が生んだ米大統領 | Main | 経済同友会「みんなで描く みんなの未来」 »

November 19, 2016

アクティブラーニングの時代

先週の木曜日に初めてお会いした教育ジャーナリストの山内太地さんの
教育改革のお話しがあまりにも面白かったので、会合中に共作の著書を
アマゾンで注文し(同じ夜に配達を受け取り)、本日、福岡からの帰りに
一気に読みました。

20161119_kaikaku

高大接続改革
―変わる入試と教育システム

世界の時代の流れにやっと対応するように
2020年度から大学入試が変革されます。

従来の受動的な教育スタイルから、主体的・
共同的に学ぶアクティブラーニングの導入
が前提とされるのです。

受け身で教わることが学ぶ習慣になってしまうと、
自分で考えて行動するのではなく、指示待ち
モードの人間になってしまう恐れがあります。

これは、仕事があった高度成長時代では適応
できたかもしれませんが、仕事をつくらなければ
ならない現在では役に立たない人材を世に
出してしまうことになります。

それに対して、アクティブラーニングの場合、

「同じ体験をしても、そこで気づくこと、感じることは人それぞれ異なります。
 ですので、自分の感想を仲間と話し合い、お互いに聴き合い、交流し合う
 ことによって、視点の幅を広げ、多様性に対する許容度を高めていくことも
 重要です。 正解は1つに決まっているわけではなく、人の数だけ感じ方、
 受けとめ方は異なるのが当然で、人の数だけ「真実」が存在するのです」

という著者の主張。これは、まさに私が主宰している「論語と算盤」経営塾
が目指すラーニング・スタイルと似ています!結構、先進的なラーニングを
この8~10年ぐらい取り組んでいたんですね。 へへ。(^^)

今までの高度成長時代では「正しい答え」を求める教育で構わなかった
でしょうが、これからの時代では「正しい問い」が必要だと思っていました。

正しい答えの時代であれば、レクチャー形式の学びでも良いかもしれません。
しかし、正しい問いを目指すのであれば、双方的な対話が大事です。

また、教育の改革をいくら語っても、教育の「出口」、つまり日本の大企業の
人事慣習が新卒一括採用、年向上列、終身雇用に留まるようでは、絵に描いた
餅であると思っていました。

著者も同じ結論に至っているようです。

「企業の雇用形態が、多くが終身雇用、年向上列である限り、企業は大学教育
の中身ではなく、大学名のブランド、偏差値、受験までにどれだけ努力してきて
いるか、基礎学力が高いかといったことを重視し、大学の専門性や、大学に
入ってからどう本人が学び、成長したかは、大きくは問いません」

企業が変われば、教育も変わる。
教育が変われば、企業も変わる。

« 格差が生んだ米大統領 | Main | 経済同友会「みんなで描く みんなの未来」 »

Most Recent Photos

  • 20170425_deadly_2
  • 20170419_kyodo
  • 20170419_kyodo3
  • 20170419_kyodo2
  • 20170419_kyodo1
  • 20170411_ronsoro_8
  • 20170402_veritas
  • 20170330_toronto_univerity2_3
  • 20170330_eiichi
  • 20170330_toronto_university_3_2
  • 20170330_hbs_2
  • 20170330_harvard_coop_2